知られざる からくり  2

  天守閣の敷地は、岩盤が複雑に入り込み、石垣はゆがんだ菱形になってしまったため、
  角が直角になりませんでした。
  そのため、石垣上に建つ天守や櫓の一階部分は方形にならず、二階部分を方形に組み上げるため、
  様々な工夫が施されました。
  知られざる からくり  2_b0093754_1450223.jpg

   
  知られざる からくり  3

  大・小天守の一階の巨大な石落 (いしおとし) は、外にふくらませた独特なカーブを描いています。
  石落を隅に設け、天守全体の姿を安定させているのです。
  知られざる からくり  2_b0093754_15183644.jpg

   人気ブログ ランキングに登録しました。
   クリックしていただければうれしいです。
   人気blogランキングへ
   人気ブログランキング・ランブロ
# by youshow882hh | 2006-06-25 15:10 | 和歌山城 | Comments(14)

  知られざる からくり  1

  私たち子供のころは、「この抜け穴は、遠く 1里 (4km) も離れた南の山中まで繋がっている」と
  まことしやかに 聞かされていました。
  戦前・戦中は 照明もなく、覗くだけで 不気味な感じがしたものです。

  実は、天守閣は複雑に入り込んだ岩盤上に建ててあり、城内には井戸が掘れないのです。
  そこで、以前紹介した「金明水」や「銀明水」に水を汲みに行くための抜け道でした。
  戦時には、内部に土砂を入れ、絶対に開かない埋門(うずみもん)としました。

      前回 「ただ、1ヶ所、展示物でない あるもの を撮影しました」 のは、これです。↓
  知られざる からくり  1_b0093754_15533419.jpg
  知られざる からくり  1_b0093754_15534381.jpg

  外から見た 埋門 です。(城の北側です)
  知られざる からくり  1_b0093754_15535372.jpg

  知られざる からくり  1_b0093754_1554425.jpg  知られざる からくり  1_b0093754_15541796.jpg


  知られざる からくり  1_b0093754_15542796.jpg
  この坂を下り (写真 左上) 井戸で水を汲み、
  (写真 上) また、坂を上って行く (写真 左)
  遥か昔を偲ぶことが出来ます。
   

   人気ブログ ランキングに登録しました。
   クリックしていただければうれしいです。
   人気blogランキングへ
   人気ブログランキング・ランブロ
# by youshow882hh | 2006-06-23 16:34 | 和歌山城 | Comments(8)