カテゴリ:旅( 322 )

  和歌山市加太(かだ)散策4 休暇村 紀州加太 2019-02-02 00:00   

b0093754_22381621.jpg

b0093754_22382705.jpg

b0093754_22384118.jpg

b0093754_22385435.jpg

b0093754_22390646.jpg

b0093754_22391529.jpg

b0093754_22393524.jpg

b0093754_22394594.jpg

b0093754_22395770.jpg

b0093754_22400828.jpg

b0093754_22401879.jpg

b0093754_22402787.jpg

b0093754_22405469.jpg

b0093754_22410629.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。 
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。 



人気ブログランキング

by youshow882hh | 2019-02-02 00:00 | | Comments(20)

  和歌山市 加太(かだ)散策3 淡嶋神社 2019-01-31 00:00   

        淡島神社の本殿です。本殿は天正13年(1585年)、豊臣秀吉の紀州征伐で全焼した後、浅野幸長が再建、
        紀州徳川家初代・徳川頼宣が修復、江戸時代末期に第十代・徳川治宝が造営したものです。
        昭和54年(1979年)には傷みが目立つようになった社殿を覆うような形で新社殿が造営されました。
b0093754_21083694.jpg

b0093754_21085022.jpg

b0093754_21090048.jpg

b0093754_21091402.jpg

b0093754_21092514.jpg

     歴史ある淡島神社には、長い時代を静かに生き抜いてきた見事な雛人形が、数多く残っています。 その多くは、
     紀州徳川家から奉納されたものです。 姫君誕生のおりに、その初節句には必ず一対の雛人形が奉納されました。
b0093754_21093813.jpg

b0093754_21095196.jpg

b0093754_21100225.jpg

  加太・淡島神社は人形供養の神社としても有名で、境内には供養のために納められた無数の雛人形や市松人形、はてはフランス人形まで
  所狭しと並べられています。 また、淡島神は、婦人病にかかったため淡島に流されたという伝承から、婦人病を始めとして安産・子授けなど
  女性のあらゆる下の病を快癒してくれる神社とされています。
b0093754_21101345.jpg

b0093754_21102308.jpg

b0093754_21103306.jpg

b0093754_21104446.jpg

          加太・淡島神社には人形ばかりでなく、さまざまなお面も奉納されていました。
b0093754_21105476.jpg

b0093754_21110526.jpg

b0093754_21113354.jpg

b0093754_21114606.jpg

b0093754_21120132.jpg

b0093754_21121673.jpg

          加太・淡島神社の境内を回り、標高200mの山頂に建つ 「休暇村 紀州加太」 まで食事に行きました。
b0093754_21123056.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。 
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。 



人気ブログランキング

by youshow882hh | 2019-01-31 00:00 | | Comments(22)

和歌山市 加太(かだ)散策 2  2019-01-29 00:00   

     大和(奈良県)の人々が、淡路島や四国へ渡るときに通ったという重要な 「淡島街道」 には道しるべが今も残っています。 
     私は、「左 あわしま道」 を歩きました。 
b0093754_17394932.jpg

b0093754_17283091.jpg

     淡島街道をしばらく歩くと、街道に沿って加太春日神社があります。 加太春日神社は、安産祈願、初宮詣り、地鎮祭、家内安全、
     交通安全、合格祈願、厄除祈願、病気平癒など御利益があり、特に春日三神(武神)が祀られているので必勝祈願をされるプロ
     アスリートなどがお参りします。
b0093754_17290061.jpg

b0093754_17291418.jpg

     称念寺です。 称念寺は西山浄土宗の寺院で1795(寛政7)年の建築と伝わる木造の建物です。
b0093754_17292663.jpg

b0093754_17293647.jpg

          阿弥陀寺です。
b0093754_17294708.jpg

b0093754_17295920.jpg

     加太駅から1.6km、歩くこと20分で淡島神社に到着です。
b0093754_17301042.jpg

b0093754_17303568.jpg

b0093754_17304855.jpg

b0093754_17310041.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。 
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。 



人気ブログランキング

by youshow882hh | 2019-01-29 00:00 | | Comments(16)

  南紀の旅 潮岬  2018-06-28 00:00   

        この日、本州の南端にある潮岬灯台へも行ってきました。
b0093754_23291376.jpg

        潮岬灯台は、紀伊半島の南端に位置し、太平洋に突き出た30メートルに及ぶ断崖に建つ高さ22.51メートルの
        白亜の灯台です。
b0093754_23293384.jpg

     入口で入場料200円を支払い、狭い階段を登りました。 そこには素晴らしい景色が展開していました。
b0093754_23294485.jpg

b0093754_23295580.jpg

b0093754_23301922.jpg

b0093754_23303230.jpg
 
b0093754_23304477.jpg

     大正4年9月13日に、潮岬灯台に設置された 「第2等不動レンズ」 です。 現在は、昭和59年に取り付けられた
     120センチの回転式灯器が設置されています。
b0093754_23310987.jpg

b0093754_23312284.jpg

b0093754_23313486.jpg

     朝、8時に出発して帰宅が夕7時。 11時間の旅。5月の空はまだ明るかったです。 終わります。
b0093754_23314509.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

人気ブログランキング 

by youshow882hh | 2018-06-28 00:00 | | Comments(21)

  南紀の旅 那智の滝  2018-06-26 00:00   

        那智滝は、和歌山県の智勝浦町の那智川中流にかかる滝です。石英斑岩からなり、ほとんど垂直の断崖に沿って落下し, 
        落ち口の幅13メートル、滝壺までの落差は133メートルに達し、その姿は熊野灘からも望見することができます。 総合落
        差では日本12位ですが、一段の滝としては落差日本1位。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられています。
b0093754_23231496.jpg

b0093754_23233722.jpg

     飛瀧(ひろう)神社の社務所の横には那智御滝拝所への入口があります。折角ここまできたのですから、入場料300円を支払い
     拝所へ行くことにしました。 
b0093754_23234821.jpg

     入るとすぐに延命長寿のお瀧水を頂けるところがあります。初穂料は100円です。 隣に盃がありその盃は記念に頂くことができます。
b0093754_23240185.jpg

b0093754_23241402.jpg

b0093754_23243902.jpg

      かつてはこの岩壁に千手観音の磨崖仏が彫られていたそうです。 そういえば、「飛」 の字らしきが見えます。
b0093754_23250132.jpg

b0093754_23251201.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

人気ブログランキング 

by youshow882hh | 2018-06-26 00:00 | | Comments(27)

  南紀の旅 那智の滝へ  2018-06-24 00:00   

     串本の橋杭岩を見て、まだまだ時間があったので、那智の滝へ行くことにしました。5月は日が長いのでありがたいです。
b0093754_23193893.jpg

        古座川に架かる古座大橋です。橋長 87メートル。
b0093754_23194970.jpg

        国道42号線から別れ、那智の滝まで長い坂道を走ります。
b0093754_23200179.jpg

        右手に那智の滝が見えてきました。
b0093754_23215562.jpg

        那智大滝の入口の駐車場に車を置き、那智の滝までの長い坂道を降りて行きます。
b0093754_23222085.jpg

b0093754_23220721.jpg

b0093754_23223132.jpg

b0093754_23234150.jpg

b0093754_23240058.jpg

            杉の木の間から那智の滝が見えてきました。
b0093754_23241362.jpg

        平成30年5月21日(月)、午後3時頃です。
b0093754_23242573.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

人気ブログランキング 

by youshow882hh | 2018-06-24 00:00 | | Comments(23)

  南紀の旅 橋杭岩  2018-06-22 00:00   

   橋杭岩は串本町にある奇岩群です。串本から紀伊大島に向かい 約 850mもの間に大小40の奇岩がそそり立ち、訪れる人を圧倒します。
b0093754_23344428.jpg

     直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから 「橋杭岩」 と呼ばれました。
b0093754_23351214.jpg

     弘法大師と天の邪鬼とが一晩で大島まで橋を架ける競争をしましたが、負けそうになった天邪鬼が鶏の鳴くまねをして夜が
     明けたと思わせたため、弘法大師が作業を止め、橋を完成させることなく杭だけで終わったという伝説を生み出しました。
b0093754_23352529.jpg

        橋杭岩は吉野熊野国立公園に属しており、国の名勝や国の天然記念物の指定も受け観光名所となっています。
        また橋杭岩を通して見る朝日はとても美しいと評判で、日本の朝日百選の認定も受けています。
b0093754_23354052.jpg

     橋杭岩の周辺には、大きさ1メートル以上の岩が1000個以上散らばっていて、過去の大津波で
     流されきたと考えられています。
b0093754_23360458.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

人気ブログランキング 

by youshow882hh | 2018-06-22 00:00 | | Comments(24)

  紀伊大島の東端断崖に建つ樫野埼灯台  2018-06-20 00:00   

     樫野崎灯台は「日本の灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンが日本で最初に設計し、明治3年(1870)年6月10日に
     初点灯した日本最初の石造灯台です。現在は自動点灯の無人灯台で内部は非公開ですが、ラセン階段を登り、遠くは太地町の梶取 
     崎まで見通せます。 (高さ10.20m、光度53万カンデラ、光達距離18.5海里) 
b0093754_21454630.jpg

b0093754_21461155.jpg

b0093754_21462246.jpg

b0093754_21463356.jpg

b0093754_21470981.jpg

b0093754_21472334.jpg

b0093754_21473793.jpg
 
人気ブログ ランキングに登録しました。
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

人気ブログランキング 

by youshow882hh | 2018-06-20 00:00 | | Comments(26)

  南紀の旅 紀伊大島  2018-06-15 00:00   

     「水門まつり」 でお昼ご飯を食べ紀伊大島へ行くことにしました。平成11年9月8日に開通した 「くしもと大橋」 です。 串本本土と
     大島をつなぐ架橋で、290mのアーチ橋と、苗我島に架かる386mのループ橋からなります。 総延長 3,814m。
b0093754_21591768.jpg

b0093754_21593220.jpg

     トルコ記念館です。 トルコの軍艦エルトゥールル号が、明治23年9月16日夜半、樫野埼灯台近くで座礁して587名の死者を出すという大惨事 
     がありました。島民は献身的な救助活動を繰り広げ69名を救助しました。その後、日本とトルコの友好が始まり、トルコ記念館が建てられました。
b0093754_21595590.jpg

b0093754_22000966.jpg

b0093754_22002272.jpg

b0093754_22004653.jpg

b0093754_22005967.jpg

b0093754_22021673.jpg

b0093754_22024524.jpg

     世界随一の親日国家トルコの産みの親、ムスタファ・ケマル・アタテュルクの騎馬像です。
b0093754_22025819.jpg

b0093754_22034820.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

人気ブログランキング 

by youshow882hh | 2018-06-15 00:00 | | Comments(26)

  南紀すさみ町の日本童謡の園  2018-06-08 00:00   

     生憎の曇り空でしたが、和歌山県すさみ町 「日本童謡の園」 へ行ってきました。日本童謡の園はすさみ町の海岸沿いにあり、昭和
     62年10月にできた、日本で初めての童謡公園です。紀州ゆかりの 「まりと殿様」 「鳩ポッポ」 をはじめ、心に残る 10曲の童謡を
     集めています。園内には「紀州の童謡ゾーン」と「童謡の散歩道」があり、なつかしいメロディーを聞きながら散策することができます。
b0093754_21261392.jpg

b0093754_21262556.jpg

     毬と殿様  てんてんてんまりてん手 てんてん手毬の手がそれて どこからどこまで跳んでった
             垣根を越えて屋根越えて 表の通りへ跳んでった跳んでった   作詞 西条八  作曲 中山晋平
b0093754_21263818.jpg

        鳩ぽっぽ
        鳩ぽっぽ 鳩ぽっぽ ぽっぽぽっぽと飛んで来い お寺の屋根から下りて来い 豆をやるから みなたべよ
        たべてもすぐに帰らずに ぽっぽぽっぽと鳴いて遊べ   作詞 東くめ 作曲 瀧廉太郎
b0093754_21264877.jpg

b0093754_21270018.jpg

b0093754_21271293.jpg

       みかんの花咲く丘 
       みかんの花が咲いている 思い出の道 丘の道 はるかに見える青い海 お船が遠くかすんでる  作詞 加藤 省吾 作曲 海沼 実
b0093754_21272516.jpg

        うみ うみはひろいな大きいな 月がのぼるし日がしずむ   作詞 林柳波 作曲 井上武士
b0093754_21282010.jpg

b0093754_21290455.jpg

b0093754_21294619.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
     ↓ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

人気ブログランキング 


by youshow882hh | 2018-06-08 00:00 | | Comments(33)