川のある風景

   雄橋のひとつ下流に 「材木橋」 と言う橋があります。その橋の西詰に 「水天宮」 というお社があります。
  川のある風景_b0093754_071425.jpg

   この水天宮の境内に 「二宮尊徳」 の石像があります。 戦災に遭って廃校となった、南方熊楠も通った
   雄小学校 (おの しょうがっこう) からこの地に移されて来たと言われています。
  川のある風景_b0093754_072866.jpg

    二宮尊徳こと金次郎が好んで使った 「積小為大」(せきしょういだい) ・・・(小を積み重ねて大を為す。 
    小さいことを積み重ねないと、大きな事業は成し遂げられない) 現在でも重要な考え方ですね。
  川のある風景_b0093754_07409.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-09-25 00:37 | 川のある風景 | Comments(14)
Commented by yoas23 at 2007-09-25 00:44
二宮金次郎の石像は懐かしいですね。
昔は何処の小学校にもあったように記憶しています。
それに尊徳で思い出すのは1円札・・・たまに小遣いとして貰いました。
今の子供たちにも二宮金次郎の教えは大切と思いますが、
忘れ去られているのではないでしょうか?
Commented by youshow882hh at 2007-09-25 01:33
yoas さん、こんばんは。早速のコメントありがとうございました。
昔はどこの小学校にも、校門の入ったところに、二宮金次郎の像がありましたね。
銅で出来ている像は、戦時中、軍に供出してしまいました。
この像は石で作った像ですので、免れましたね。
飛騨は山深いところですから、今でも小学校に残っているのではないでしょうか。
1円札!。懐かしいですね。福々しいお顔の1円札。今の500円玉以上の価値がありましたね。
今の子供たちは、二宮金次郎を知っているでしょうか。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by 117k at 2007-09-25 06:38 x
お早うございます。
ほとんど見かけなくなりましたが、二宮尊徳(金次郎)・・近くにもあります。水天宮さんに置かれているのは初めて見ます。
最近の教育の方向が少しおかしいですね・・・原点に戻ってほしいです。
Commented by youshow882hh at 2007-09-25 08:45
きょうちゃん、おはようございます。コメントありがとうございました。
そちらにも二宮尊徳の像があるのですね。
それは学校にですか? 是非一度見たいものです。
Commented by ikkikurisan at 2007-09-25 10:53
二宮尊徳こと金次郎は、とても懐かしい響きですね。
「積小為大」(せきしょういだい) ⇒ 現在でも重要な考え方、
その通りです。     ダブルポチ!!
Commented by jiiyasan at 2007-09-25 11:49 x
私は最近までこの像の残ってあるのを知りませんでした。
私たちの年代には懐かしい像ですが、残念ながら最近の若い人にはこの知識すらないようですね。
 現在、何でも子供たちが金次郎さんの真似をすると、事故の原因になると困るというような意見もあるとのこと。時代ですね。
Commented by risaya-827 at 2007-09-25 14:14
理彩也の時代にも見たことがあります二宮金次郎像。
今では本を読みながら歩くのは危ないって事で撤去されたそうです^^;
にゃんだかにゃ~~~^^;
そう言えば、水車公園のある上今市へ行ったときに街を歩いていたら
二宮金次郎の成長した像がありましたよ?
チョンマゲの、もうおじさん像でした(笑)
ポチポチッっと_〆(・・*)
Commented by onsen771-2 at 2007-09-25 19:04
小さいことを積み重ねないと、大きな事業は成し遂げられない
>二宮金次郎像本でしか見たことがありません。
 いまの子供達ってこの存在も意味もわからない子が多いかもしれませんね。
゙(*・・)σ【】ランキングにぽちっとな♪

Commented by youshow882hh at 2007-09-25 20:31
ikkikurisan さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
私も二宮金次郎像を見るのは本当に久しぶりです。
小学校6年生の時に、皆で二宮金次郎像前で記念撮影をしてもらい
卒業後見ていませんので、60年ぶりに見ました。
今、改めて記念写真を見ますと、金次郎の左手には大きい本を持っています。
ダブル・ポチ! ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2007-09-25 20:48
じいやさん、こんばんは。 コメントありがとうございました。
私もじいやさんのブログと、「和歌山市の歴史的街並みめぐり」 で知りました。
実際、今では、本を読みながら歩くということは交通事故につながりかねませんので
お勧めは出来ませんが、携帯電話片手にメールを読みながら歩いたり
自転車に乗ったりしている若い人をよく見かけますが、その方が危険ですね。
Commented by youshow882hh at 2007-09-25 21:02
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
↑にも書きましたが、本を読みながら歩くのと、メールを打ったり読んだりしながら
自転車で走っているのと、どちらが危険でしょうか?
今の若い人は歩きながらカチカチ。 見ていてもはらはらします。
「二宮金次郎の成長した像」。初めて知りました。
顔がふっくらしていたでしょう。 戦後に発売された 1円札は、尊徳のふっくらしたお顔です。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2007-09-25 21:07
かりんさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
かりんさんはまだ若いですから、二宮金次郎像を見たことがないでしょうね。
私たちの小学生の頃は、校門を入ったところに必ずりましたので、
知らない人はいなかったでしょう。
時代も変わりましたね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by likebirds at 2007-09-25 22:45
ゆーしょーさん、こんばんは。
材木橋、というとこの近くは材木商があったのでしょうか?
橋の名前からかつての町の様子がわかるのは楽しいですね。

水天宮と言うのは東京にもあります。子宝のお宮と記憶していますが、行ったことはありません。

二宮金次郎の銅像は、私も見たことがあります。
片時も本を離さず勉強に励んだ立派な人と教えられました。
勤勉なだけでなく、とても徳のある方だったのですね。(likebirds妻)
Commented by youshow882hh at 2007-09-25 23:57
likebirds の奥様、こんばんは。コメント ありがとうございました。
そうですね。この橋の両側には材木商が並んでいたのでしょうね。
水天宮と言うのは東京の日本橋にあるらしいですね。
安産・子授けの神様ですね。
二宮金次郎の銅像を見たことがあるのですか。
私の卒業した小学校にもありまして、大きい本を左手に持っていました。
卒業記念に皆でその前で写した写真をアルバムに貼っています。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。


<<   川のある風景   川のある風景 >>