養 翠 園 (ようすいえん) 11

   平成3年より平成6年にわたり 養翠亭解体修理 が行われました。修理費2億円をかけたこの修理で
   色々な発見がありました。 天井裏などの撮影不可能な所を除き、2~3 紹介いたします。

   分かりづらいですが、園内 中ノ島稲荷社前の東側の石灯篭の竿部に、天保四癸巳年二月吉辰
   書かれています。
  養 翠 園 (ようすいえん) 11_b0093754_23423587.jpg

      西御座敷大棟西鬼瓦には・・・・・
      文政四年 巳五月 瓦屋久八 と書かれています。
  養 翠 園 (ようすいえん) 11_b0093754_2343796.jpg

      御座の間の東南瓦です。
  養 翠 園 (ようすいえん) 11_b0093754_23432352.jpg

      この御座の間の隅棟東南鬼瓦には・・・・・
  養 翠 園 (ようすいえん) 11_b0093754_23433984.jpg

      瓦屋 久八 と書かれています。
  養 翠 園 (ようすいえん) 11_b0093754_2344175.jpg

  養 翠 園 (ようすいえん) 11_b0093754_1194899.gif  養 翠 園 (ようすいえん) 11_b0093754_1195941.gif人気ブログ ランキングに登録しました。
クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ                                            
by youshow882hh | 2006-08-29 00:41 | 養翠園 | Comments(18)
Commented by shiroamuchiyako at 2006-08-29 00:50
すごいですね
とてつもない昔の物が現存しているんですね。
修理費に2億円かかっても、それだけの価値は十分にありますね。
ランキング3位……ジャジャじゃジャ~ン♪
おめでとうございます。
Commented by youshow882hh at 2006-08-29 01:01
シロアムチャコ さんこんばんは。コメント ありがとうございました。
養翠園のシンボル的存在である 養翠亭が、かなり傷んで来たので、
㈱養翠園の社長が、県へ修理申請を出したところ、認可が下り、
解体工事に踏み切ったとの事です。
天井裏にも、数々の年号や名前が書かれていたと言います。
ランキング クリック、ありがとうございました。
Commented at 2006-08-29 02:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoas23 at 2006-08-29 07:48
細かいところのご紹介、有難うございます。
灯篭にしても鬼瓦にしても製造年月日や製造者などが記されていて、
歴史があることが再認識させられますね。
手の届かない所の「瓦屋久八」・・・望遠で撮られたのですね。
Commented by ikkikurisan at 2006-08-29 10:40
石灯篭、西御座敷大棟西鬼瓦、どれも歴史を感じます。
修理費2億円をかけても保存すべきですね。

ダブルポチ!
Commented by macci at 2006-08-29 11:20 x
こんにちは♪
養翠亭解体修理 ですか、
このような歴史的価値のあるものはこれから先もずっと受け継がれて保存をしていって欲しいですものね。
社長さんの決断がなかったら実現しなかったかも知れないので良かったですね。
昨日の「かねざし」のお話ですが、多分見た事があると思いますよ。
ワタクシも古い人間ですので(笑)
もひとつ、昨日の新聞に紀州東照宮の大祭、「和歌祭」の事が載っていました。
行列の羽織袴の神妙な面持ちの男性が突然突然木のなぎなたを頭上でくるくる回し観客から拍手喝采だったとありました。紀州徳川家の伝統にほのぼのです。
Commented by macci at 2006-08-29 11:22 x
又、入力ミスです^^:
おっちょこちょいしてしまいました。読みづらいですがお許しを!
Commented by youshow882hh at 2006-08-29 11:23
yoas23 さん、おはようございます。コメント ありがとうございました。
昔の人は、天井裏や、このような瓦まで銘を入れていたのですね。
屋根瓦の撮影レンズは、タムロンの、18~200ミリですので、
最望遠にしても、最後から2枚目です。最後の写真は、最後から2枚目の写真を
トリーミングしまして、巾を571ピクセルにしています。
この屋根瓦の写真に限り、三脚を使用しました。
Commented by youshow882hh at 2006-08-29 12:19
ikkikurisan さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
養翠亭は、しろあり にやられ、柱は傾いて来るは、そのまま放っておけば
大変なことになると言うことで、解体作業に踏み切ったらしいです。
これで、また、何十年ももとの姿でいてられるでしょう。
いつもながら、ポッチリ・ポン、ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2006-08-29 14:14
まっちーさん こんにちは。コメント ありがとうございました。
養翠亭解体修理は、社長さんの決断があってこそ実現出来たのですね。
「かねざし」 知ってましたか。今でも日曜大工店(コーンナン)などで売っています。
さて、和歌祭りの件ですが、和歌祭りは、毎年 5月に行われています。
遥か昔は、東照宮から、神輿を担ぎ、110段の急な石段を降りて
それは勇壮な和歌祭りでしたが、(東照宮のあるところ一帯を和歌浦といいます)
戦後から、和歌山城付近で行われるようになりました。
その頃はよく見に行ったものです。5月なのに、暑かったですね。
しばらく中止の年もありましたが、最近になって再び本場、東照宮で
するようになりました。
110段の石段は紀三井寺よりも急峻ですので、神輿を担いで降りる人、
それを撮影する人は、皆、必死でした。
今頃になって、何故新聞に載ったのでしょう。
Commented at 2006-08-29 17:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2006-08-29 18:35 x
鬼瓦・・葵でなく梅ですね・・クリックして行きます・・
Commented at 2006-08-29 18:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2006-08-29 21:57
風さん、こんばんは、コメント ありがとうございました。
私も、何故 葵ではないのかと、思っていました。社長が居たのに聞けばよかった。
クリック ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2006-08-29 21:58
onsen771-2 さん、こんばんは。
いえいえ、それが一番嬉しいのです。
ありがとうございました。
Commented at 2006-08-29 22:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by りせ at 2006-08-30 00:49 x
ゆーしょーさん 昨日おめでとうって書き込みに来ようと思ってたのに忙し過ぎてついつい来られなくて御免なさい。
今さっきまたまたビックリしました。私のもビックリですがそれは言わないことに。
旅行から帰ってからなにやらてんてこ舞いです。
Commented by youshow882hh at 2006-08-30 02:16
りせさん、ありがとうございました。
私もりせさんのを見て、ビックリしましたよ。


<<   養 翠 園 (ようすいえん...   養 翠 園 (ようすいえん... >>