知られざる からくり  1

  私たち子供のころは、「この抜け穴は、遠く 1里 (4km) も離れた南の山中まで繋がっている」と
  まことしやかに 聞かされていました。
  戦前・戦中は 照明もなく、覗くだけで 不気味な感じがしたものです。

  実は、天守閣は複雑に入り込んだ岩盤上に建ててあり、城内には井戸が掘れないのです。
  そこで、以前紹介した「金明水」や「銀明水」に水を汲みに行くための抜け道でした。
  戦時には、内部に土砂を入れ、絶対に開かない埋門(うずみもん)としました。

      前回 「ただ、1ヶ所、展示物でない あるもの を撮影しました」 のは、これです。↓
  知られざる からくり  1_b0093754_15533419.jpg
  知られざる からくり  1_b0093754_15534381.jpg

  外から見た 埋門 です。(城の北側です)
  知られざる からくり  1_b0093754_15535372.jpg

  知られざる からくり  1_b0093754_1554425.jpg  知られざる からくり  1_b0093754_15541796.jpg


  知られざる からくり  1_b0093754_15542796.jpg
  この坂を下り (写真 左上) 井戸で水を汲み、
  (写真 上) また、坂を上って行く (写真 左)
  遥か昔を偲ぶことが出来ます。
   

   人気ブログ ランキングに登録しました。
   クリックしていただければうれしいです。
   人気blogランキングへ
   人気ブログランキング・ランブロ
by youshow882hh | 2006-06-23 16:34 | 和歌山城 | Comments(8)
Commented by ikkikurisan at 2006-06-23 19:15
今晩は~ 「 知られざる からくり 」 これは凄いですね~
なるほど、水を汲みに行くための抜け道でしたか。
しかし、現在は絶対に開かない埋門ですね。
貴重な情報ありがとうございます。


ランキング ⇒ ⑭
ランプロ ⇒ ①

Commented by youshow882hh at 2006-06-23 21:23
ikkikurisan さん、コメントありがとうございました。
タイトルは 「 知られざる からくり 」 と、ちょっと大袈裟ですが、
戦国時代の知恵と申しましょうか。
敵に追われた時の、逃げ道とも言われています。
この城には、色々な知恵が、まだまだあるのですよ。
Commented by saito at 2006-06-23 22:49 x
昔の人はよく考えてますね~隠れ扉や隠し門、ワクワクしますね。
ピラミッドもそうですが、お城もよく大きな石をよく積み上げたな~とお城見る度にいつも思います。
Commented by youshow882hh at 2006-06-23 23:59
saito さん、こんばんは。すてきなコメントありがとうございました。
本当に、これだけの多くの石を、どこから何に積んで 何人の人で
築き上げたのか、考えるだけでも、ワクワクしますね。
Commented by 117k at 2006-06-24 09:49
お早うございます。
すごいですね・・・私は、この様な隠し通路だとか、部屋を見るのが
好きですね。興味ありです。昔の人はよくここまで出来るな~~と
感心致します。有難うございました。
Commented by youshow882hh at 2006-06-24 12:54
117k さん、こんにちは。
すてきなコメントありがとうございます。
昔の人は、築城に当たり、色々身の安全に考慮しているのですね。
Commented by shiroamuchiyako at 2006-06-25 12:00
貴重なお写真を有り難うございます。
いつも感心させられるのは、昔は今みたいにコンピューターもなかったのにすご~い頭脳!
又機械もなかったのに、どのようにしてこのような建造物が立てられたか
あらゆることを考えると昔の人は偉い!凄い!の一言に尽きますね。
Commented by youshow882hh at 2006-06-25 13:47
shiroamuchiyako さん、すてきなコメントありがとうございました。
昔の人は、どのようにして、こんな大きい石を綺麗に積み上げたのでしょうね。
シャッターを切れること自体、ありがたく、勿体ない気持ちになってしまいます。


<<   知られざる からくり  2   天守閣へ登ります >>