紀伊風土記の丘  終

     「紀伊大王」 と名づけられた古墳時代の 「クスノキの巨木」 です。この巨木(周囲12m、直径4m)は、平成23年9月
     に紀伊半島に甚大な被害をもたらした台風12号の通過後、紀ノ川(和歌山市六十谷橋付近)で発見されました。
     放射性炭素年代測定法による年代測定で、西暦700年前後まで生育していたものと判明し、古墳時代から奈良代に
     かけてのクスノキと考えられます。
  紀伊風土記の丘  終_b0093754_19444327.jpg
  紀伊風土記の丘  終_b0093754_19445682.jpg
  紀伊風土記の丘  終_b0093754_1945731.jpg
  紀伊風土記の丘  終_b0093754_19451952.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2017-10-12 00:00 | 紀伊風土記の丘 | Comments(12)
Commented by チップママ at 2017-10-12 07:29 x
おはようございます。

西暦700前後と立派な巨木ですね。
台風で被害にあったんですね。
残念です✩
Commented by ちごゆり嘉子 at 2017-10-12 08:56 x
ランキング応援に来て
素晴らしいもの 見せてもらいました。
台風の贈り物でしたか・・
凄いもんですね。
有難うございました。
Commented by こた母 at 2017-10-12 10:36 x
古墳時代の木ですか!
台風の通過で、発見できたんですね!
元々は、違う場所で炭素化してたのかしら??
それが、台風の豪雨で流れてきた?
想像が膨らみますね!
Commented by c.tatsumi at 2017-10-12 12:25 x
西暦700年の樹齢・・なんてすごぉ~い
最近の学会で・・は、調べることが出来るのも凄いナ・・・・   
 風土記の丘へ出かけた事もありますが・・覚えていない・・・
 
Commented by よっちん at 2017-10-12 20:06 x
あの時の台風の被害は
今も記憶に新しいですね。

今年はもう台風が来ないことを
願うばかりです。

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 21:34
チップママさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
平成23年9月に紀伊半島に甚大な被害をもたらした台風12号の通過後、
紀ノ川(和歌山市六十谷橋付近)で発見されました。
クレーンで吊り上げ、大型トラックで紀伊風土記まで運ばれました。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 21:37
嘉子さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、言うなれば台風の贈りものです。
大きい株でしょう。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 21:48
こた母さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、古墳時代の木ですね。
この大きい木の株は、上流から流れてきたものと思います。
こんな大きい株をどのようにして流れてきたのでしょうかね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by likebirds at 2017-10-12 21:56
ゆーしょーさん、こんばんは。
「紀伊大王」の名前に相応しい巨木ですね。
神代の時代からの贈り物ですね。
鎮座する大王のようで凄いですね。

土器の模様のような素敵な橋は、古代ロマン橋と言うんですね。
ぽち!
(likebirds妻)
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 22:00
tatsumiさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
今は科学の進歩で、放射性炭素年代測定法による
年代測定で、外部から木の中のことまで調べることが
できるのですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 23:02
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
平成23年9月のときの台風のことを覚えているのですね。
今年は1回、やきもきする台風がありましたが、仰るように
もう台風はいらないですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by ☆あこ☆ at 2017-10-12 23:42 x
クスノキ、すごいですね!!
人間何人で周囲を囲めるかしら・・・
本物が見てみたいです。


<<   和歌山便り ムクドリ   紀伊風土記の丘  >>