紀伊風土記の丘 

     旧谷村家住宅は、和歌山県の中部の山間部である有田郡有田川町粟生に建てられていた農家で昭和45年
     (1970)にここへ移されました。
b0093754_14115313.jpg

     谷村家は約250年前に建てられた古い住宅で、正面9m、奥行き8mの中規模の住宅です。 
     屋根はとても急で大きく、茅(かや)という植物で葺いています。
b0093754_14121141.jpg
b0093754_14124852.jpg
b0093754_14134163.jpg

     室内の右側は3つの部屋からなるため 「三間取平面」(みまどり) という形式になっています。手前は、中心となる
     「オモテ」 で、10畳の大きな部屋に、仏壇や神棚など設けられています。奥は 「ナンド」 とし、3枚の畳と板床から
     なり、生活の部屋としています。
b0093754_14143052.jpg
b0093754_14144513.jpg
b0093754_1415099.jpg

     三連のカマドです。昔は、かまどで火をたいて調理をしました。 そのため台所では今では見られない 「火を起こす・     
     火を運ぶ・火を消す」 道具などがありました。右から 「せいろ」(蒸篭) 「ちゃがま」(茶釜) 「かま」(釜)です。
b0093754_14151567.jpg
b0093754_1415465.jpg
b0093754_14161622.jpg



人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。
     
by youshow882hh | 2017-10-11 00:00 | 紀伊風土記の丘 | Comments(16)
Commented by honokanikaorujp at 2017-10-11 00:18
こんばんは~
ずっと多忙な毎日でブログ更新もままならず状態です
訪問もちょっと失礼している間に
ワコちゃんが出なくなっていたので心配しました。
元気に成長しているならそれで良いのです。
旧谷村家住宅は有田郡ってところに在るんですね
我が家の隣町にも有田町って名の町があります
そう 有田焼の町ですよ 同じ名前で親近感が持てますね
お道具も昔のものが揃っていますね 貴重な物です。
★P

Commented by youshow882hh at 2017-10-11 00:51
ももねさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
ワコは元気に育っています。
先月の27日には、生まれて6ヶ月を迎えました。
体重も2.5kgになっています。
旧谷村家住宅は、和歌山県有田郡にありました。
紀州ミカンの有名な有田です。
ももねさんところの有田は、焼き物が有名なところですね。
柿右衛門と言う名を学校で学びました。
わが家にも有田焼きのお茶のセットがあります。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by チップママ at 2017-10-11 07:07 x
おはようございます。

このような台所は子供の頃祖母に連れて行かれた田舎にありました。
懐かしい✩
Commented by こた母 at 2017-10-11 10:00 x
興味深く拝見しました~。
昔の人の暮らしぶりが分かります。
カマドが三つも~。
蒸籠では、味噌を作るための大豆なんかも
蒸してたんですかね~。
ラストのお写真は、お風呂ですか??
Commented by likebirds at 2017-10-11 10:05
ゆーしょーさん、こんにちは。
旧谷村家住宅は、頑丈なかやぶき屋根のおうちだったのですね。
建っていた当時のお写真を見ると、日本の原風景のような素敵なところだったのですね。

当時使われていた家財や道具なども全部残っていて、当時の温もりが伝わって参ります。

茶釜は、ぶんぶく茶釜の昔話では知っていますが、実際に使われていたのですね。
当たり前ですが、不思議な感じです^^.

ぽち!
(likebirds妻)
Commented by risaya-827b at 2017-10-11 11:25
おはようございます^^
今は洋風の建築が主流の中で、こうした建物は特に貴重になりますね♪
せめて、風土の合う土地に移築して、物珍しいだけに終わらせない事が肝心^^
そのための努力や費用は大変だと思うけれど、それだけの価値がありますしね♪
女性的には、あの三連の竈を使いこなした当時の女主人が素晴らしい^^
ポチッ☆彡
Commented by c.tatsumi at 2017-10-11 11:31 x
250年前の日本の建築・・・ 一般人の家かな??
一部屋毎に閉め切ってないので・・ひろ~く見えま~す。
カマドは、・・色んなもの・・味噌づくりや~~を作ったのでしょう???
Commented by よっちん at 2017-10-11 21:42 x
ここ数日は暖かいというか
暑い晴天が続きましたが
これから急に冷え込んで
雨の日が続くようですね。

週末の雨の予報が悲しいです(+o+)

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2017-10-11 21:43
チップママさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
チップママさんのお祖母さんの里のお家と似たところがあるのですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-11 21:44
こた母さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
興味深く拝見しましたとのこと、ありがとうございまします。
茶釜と聞いて、童話の 「分福茶釜」 を思い出しました。
童話の本にもこのような茶釜を描いていました。
最後の写真は、仰るように風呂ですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by ☆あこ☆ at 2017-10-11 23:45 x
立派な農家ですね~
移築されてきれいに保存されているし
道具もそろっているので、まるで今でも人が住んでいるみたい!

Commented by youshow882hh at 2017-10-12 00:43
likebirdsの奥様、こんばんは。コメントありがとうございました。
谷村家は約250年前に建てられた古い住宅で、正面9m、
奥行き8mの中規模の住宅です。 
屋根はとても急で大きく、茅葺ですね。
どっさり茅を使用しているのが3枚目の写真でわかります。
奥様も童話の 「分福茶釜」 を思い出したのですね。
私も一番に思い出しました。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 00:48
理彩也さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
この紀伊風土記の丘は和歌山県が管理しているのです。
ここで働いている人は10人ほど居ますね。
そしてそれぞれの持ち場を管理しているのです。
仰るように三連のへっついは立派ですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 00:50
tatsumi さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、この谷村家は一般の民家です。
古い建物ですが中規模の立派な建物ですね。
へっついさんも立派ですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 00:54
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
この異常高温はどうやら明日で終わりとのことです。
寒冷前線が南下して急激に寒くなるそうです。
仰るように今週末の天気はいい天気とは言えませんね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-10-12 00:58
あこさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
和歌山県の職員が毎日管理をしているのですね。
行き届いたところまで手入れをしています。
道具も紛失しないように管理しているのですね。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   紀伊風土記の丘  終   和歌山便り >>