南紀の旅

     17時の閉門に一時間を切ってきました。
  南紀の旅_b0093754_1450966.jpg

     南アメリカ大陸アマゾンの熱帯雨林には、オニオオハシと呼ばれる非常に豪華で美しいクチバシを持った鳥が棲んでいます。
     特徴的な大きな嘴は、体長の約3分の1を占めていますが、嘴の内部は蜂の巣のように中が空洞なため、見掛けの大きさに
     比べて非常に軽く出来ています。この嘴を器用に使い、小さく切った果物をくわえ、上に放り投げて食べています。
  南紀の旅_b0093754_14374820.jpg
  南紀の旅_b0093754_14381173.jpg

     足を頑丈な鉄の輪にはめられた猛禽です。
  南紀の旅_b0093754_14413396.jpg

     そして猛禽で大型のハクトウワシです。頭部が純白のためハクトウワシ (白頭鷲)の名があり、自由と勇気のグローバルな
     シンボルとなっています。アメリカの国鳥です。
  南紀の旅_b0093754_1441521.jpg

     ここで軽く食事をしました。
  南紀の旅_b0093754_14421361.jpg

     おみやげは何を買おうかと迷います。
  南紀の旅_b0093754_14424687.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2015-07-01 15:00 | | Comments(2)
Commented by c.tatsumi at 2015-07-02 08:10 x
オニオオハシのクチバシが、すごく大きい・・・
ハクトウワシ等々・・・・鳥と云っても、国、各環境により・・・
そうなるのかな??・・・面白い動物をたくさん
見せて頂き有難うございました。
Commented by youshow882hh at 2015-07-02 22:26
tatsumi さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。
南北アメリカやオーストラリアには
大きい鳥が多く居るのですね。
その点日本にはスズメなどの小鳥が多いです。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   ティールーム   南紀の旅 >>