南紀の旅

     丁度お昼の時刻となったので、千畳敷を見下ろす絶好の場所に建つ 「千畳茶屋」 で昼食をすることにしました。
  南紀の旅_b0093754_16123667.jpg

     「千畳茶屋」は1階がみやげ売り場、2階がレストランとなっています。
  南紀の旅_b0093754_16125076.jpg

     トンカツ定食のように見えているのはマグロカツ定食なのです。私はその下のさしみ定食を注文しました。
  南紀の旅_b0093754_16131156.jpg

     1階みやげ物売り場です。
  南紀の旅_b0093754_1618361.jpg

     2階レストランの吹き抜けから見下ろす1階みやげ物売り場です。
  南紀の旅_b0093754_16181850.jpg

     2階レストランからは、千畳敷は勿論のこと、その北側に広がる景色も見ることが出来ます。
  南紀の旅_b0093754_16183846.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2015-06-12 15:00 | | Comments(9)
Commented by 里山コウ at 2015-06-12 20:51 x
こんばんは。
このレストランは、立地からて、眺めがとても良さそうなのが、わかります。
まずは、とんかつに見えるマグロかつ定食にはびっくり、新鮮なマグロに衣をつけて揚げたかつはどんな味だろう。
レストランから眺めた、千畳敷きの風景は車でなければビールを飲みながらゆっくりしたい風景です。
Commented by よっちん at 2015-06-12 22:31 x
マグロは火を通すと美味しいので
カツもなかなかの美味しさでしょうね。

そういえば近大のマグロ養殖場って
このあたりじゃなかったですか?

応援ぽち

Commented by youshow882hh at 2015-06-13 01:36
里山さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
このレストランからの眺めは最高でしたね。
勿論はいったのは初めてです。
私は刺身定食を食べましたが、孫はマグロかつ定食を注文したので
一切れだけ貰いました。
柔らかくてとても美味しかったです。
私は助手席に乗っていたのでビールは飲めるのですが、
写真を撮らなければならないので飲みませんでした。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-06-13 01:43
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
一切れ貰ったマグロかつは柔らかくて美味しかったです。
近大のマグロ実験場は大島と白浜にあるのです。
20数年前に白浜のマグロ実験場へ見学に行ったことがあります。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by c.tatsumi at 2015-06-13 09:51 x
近年は、車で出かけることが、多く寄りたいお店ですねぇ・・・
まぐろのかつですか?・・・ 美味しそう・・・
Commented by youshow882hh at 2015-06-13 11:03
tatsumi さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。
孫がマグロのカツを注文したので
一切れ食べました。
初めてですが美味しかったですよ。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by risaya-827b at 2015-06-13 12:15
youshow882hhさん、こんにちは^^
おお、思い出の千畳敷だ!!!
ここの景観には圧倒されましたよ♪
しかも風が強かったので、飛ばされて落ちないか・・・ひやひやしましたが
やっぱり、興味の方が勝って前の方で o[◎]o-) バシャッ☆ (笑)
マグロのカツってあるのですね♪
食べたかったぁ~  ( ̄¬ ̄) ジュル・・・
ポチ☆彡
Commented by youshow882hh at 2015-06-14 01:15
理彩也さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
そうでしたね。
理彩也さんは以前紀伊半島一周の旅へ行かれましたね。
その時に白浜温泉へも寄ったのですね。
熊野では平安衣装を着て記念写真を撮ったとか。
マグロのカツ、一切れですが孫から貰い食べました。
柔らかくて美味しかったです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2015-06-14 11:22 x
白浜で食べるお刺身はやっぱり美味しかったですか?
とれとれ市場で食べた時は美味しかったですが、そんな感動はなかったかな??


<<   南紀の旅   南紀の旅 >>