和歌山便り

     串柿製造には10工程があると前に書きましたが、写真は8番目の工程、「手入れ」 をしているところです。昔はこのように
     一串ずつオコで柿に荷重を加えて、厚みと形を整えていました。現在は、最初だけ人手で棒押し作業を行いますが、その
     後はプレスローラーで均一に押していきます。それを干しては押して形を整え、干しては押して形を整え6回繰り返します。
  和歌山便り_b0093754_16442350.jpg
  和歌山便り_b0093754_16443890.jpg
  和歌山便り_b0093754_16445366.jpg
  和歌山便り_b0093754_1645742.jpg
  和歌山便り_b0093754_16452328.jpg
  和歌山便り_b0093754_16453824.jpg
  和歌山便り_b0093754_16455388.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-11-30 17:13 | 和歌山便り | Comments(12)
Commented by 里山コウ at 2014-11-30 20:48 x
こんばんは。
昭和41年も、現在も基本は変わらないですね。
干場の屋根がプラスチックになったり、
形を整えるのに、手作業でやるか、機械を使うか
ですね。昨日と今日の写真は、串柿づくりの
貴重な資料だと思います。
Commented by youshow882hh at 2014-11-30 22:50
里山さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
はい、仰るとおり400年続いた串柿作りの基本は変わりませんね。
この50年の間、全てが急速に変化してしまったのですね。
モノクロ写真は貴重な資料と仰ってくださり嬉しいです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by kotonoha222 at 2014-11-30 23:09
ゆーしょーさん、こんばんは~
昭和41年の写真と今の写真を見比べられて凄く
分かりやすいですね!
手作業でやっていたものが器械を使って大量生産
出来るようになり効率も上がりましたね。
腰を屈めてやっていてかなり重労働だったものが楽
にできるようになり携わっている人達の負担が
無くなりますよね。
何でも日進月歩なんですね。
貴重な写真に感銘しました♪
  応援ポチ♪
     しおり

Commented by honokanikaorujp at 2014-11-30 23:34
沢山の工程を経て市場に出てるのですね~
こういうの考えると1個食べるのにアッと言う間には
食べられません しっかり味噛みしめて
人の手で棒押し作業して 何度も何度も繰り返して
これって自宅で干し柿作る時に何度も何度も揉みますが
あれの工程と同じ意味でしょうね
白黒写真って良いですよね~ ~P~
Commented by 鉄砲玉 at 2014-12-01 08:47 x
今回のモノクロの干し柿風景は以前に拝見したのではないかと思います。
今ではこんな風に中腰での作業は無いかと思いますが、
長い時間続けていると腰に来るでしょうね。
昔の人は歳を取ると腰の曲がった人が多かったですが、
過激な作業が原因だったのでしょうね。
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2014-12-01 09:33 x
8工程もあるんですか??驚きました

昔は全て手作業。

今も最初は手作業なんですねすごい

ありがたやーと感謝しながら頂かなくていけませんね

Commented by youshow882hh at 2014-12-01 13:05
しおりさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
初めて四郷へ行った50年ばかり前は、まだまだ古い伝統が引き継がれて、
このように全てが手作業でした。
今は柿をむくのも機械で1分間に20個も剥けます。
しかしカミソリの刃で剥いていた頃はそれよりも早かったです。
オコ棒で押すのも腰に負担がかかりますよね。
最初の一回だけは人手によって押しますが、あとは機械で
押すのです。
ここ数十年の間に機械化されてしまいましたね。
古い写真をよく残しておいて良かったです。
ポチ♪ ありがとうございます。


Commented by youshow882hh at 2014-12-01 13:17
ももねさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
第1の工程は、ひと冬冷水でさらしてアクを抜いた竹を割り、串を作ります。
それから順々に作業をし、出荷するまで10工程もあるのですね。
そのようなことを思うと簡単に食べられませんよね。
昔は最高級の串柿1本、4,000円もしました。
今は半値の2,000円になっています。
しかも需要が段々少なくなり、最盛期の頃に比べると
7割になっているのです。
400年続いた伝統の串柿はいつかは消える運命にあるかも知れませんね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-12-01 13:29
yoasさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
このモノクロ写真は数年前に載せたことがあります。
今回、四郷へ撮影に行ったとき、このような手押しの写真を
撮れなかったので昔の写真を使いました。
昔はこのような重作業をしていたのですね。
首・肩・腕・腰と負担がかかったことと思います。
思えば田植えをするのも田の草取りをするのも
このような姿勢でしたね。
百姓のおばあさんに腰の曲がった人が多かったですね。
Commented by youshow882hh at 2014-12-01 13:33
森田さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。
串柿作りの工程は全部で10工程あるのです。
12月も末になるとスーパーでは串柿が並びますが
仰るように感謝をしながら食べなければなりませんね。
Commented by よっちん at 2014-12-01 19:56 x
四郷には毎年のように行きますが
私が行くようになったのは
10年ほど前からです。

昔の写真に心を打たれます。

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2014-12-02 21:10
よっちんさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
四郷へは毎年のように行っているのですね。
来年はトンネルが貫通していると思いますので、
平へにも簡単に行けますね。
モノクロの写真は懐かしいです。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   和歌山便り   和歌山便り >>