紀伊風土記の丘

     旧谷村家住宅の後半です。左側は、奥まで通った土間で天井はなく大きな梁を見せ、大きな空間を作っています。
  紀伊風土記の丘_b0093754_17225967.jpg

     三連のカマドです。昔は、かまどで火をたいて調理をしました。 そのため台所では今では見られない 「火を起こす・     
     火を運ぶ・火を消す」 道具などがありました。手前から 「せいろ」(蒸篭) 「ちゃがま」(茶釜) 「かま」(釜)です。
  紀伊風土記の丘_b0093754_17231411.jpg

     からうす(唐臼)は、玄米をトントン搗いて米を白くするために使う道具です。これは子供の仕事で、毎日1時間くらいは
     唐臼を踏んで米つきをしました。私もよく搗きました。手前の土間は、室内での農作業や夜なべ仕事に使っていました。  
  紀伊風土記の丘_b0093754_17233284.jpg

     昔の木製の脱穀機です。
  紀伊風土記の丘_b0093754_17234976.jpg

     苗運び篭と天秤棒(オーコ)です。 私達はオーコとかオコとか言いますが、皆さんは何と言っているのでしょうか。
  紀伊風土記の丘_b0093754_1724271.jpg
  紀伊風土記の丘_b0093754_17244674.jpg
 
  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-29 17:51 | 紀伊風土記の丘 | Comments(18)
Commented by よっちん at 2014-10-29 19:43 x
「おくどさん」「へっつい」なんて言葉も
すっかり死語ですね。

仕方がないのだけれど…

応援ぽち
Commented by 里山コウ at 2014-10-29 20:26 x
こんばんは。

私の田舎は青森の津軽ですが、小学校に上がる前から
東京に出ていたのであまり記憶はありませんが、今日の
写真の中の2枚目は私の頭の片隅に何とはなく残って
いる、土間にかまどのある風景が、子供の頃の田舎を
思い出します。
Commented by youshow882hh at 2014-10-29 21:31
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
阪急宝塚線にある清荒神清澄寺はかまどの神様でしたね。
初詣に行ったことがあります。
私も昔はへっついさんと言ってましたよ。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-29 21:36
里山さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
そうでしたか。
早くから東京での生活をしていたのですね。
そしたらきのうの角火鉢をご存知ないのも
無理ないですね。
戦前までは街中でも土間に竈が座っていました。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by mokonotabibito at 2014-10-29 21:40
秋空の下の紀伊風土記の丘、良いですね。
今年も楽しませてもらっています。

台所が土間で、へっついさんが地面にあって、五右衛門風呂があって、、、私の祖父の家がそんな形でした。
とても懐かしく拝見しております。
古き日本の文化ですね。
ポチ♪
Commented by kotonoha222 at 2014-10-29 23:00
ゆーしょーさん、こんばんは~
今回は道具ですね^^
竈は懐かしいですね!祖母が火吹き竹を使って
一生懸命火を起していた姿を思い出します。
このように蒸し器を重ねて使っていましたね。
脱穀機は何処かで見たことがあります。
土間とかまどは正に故郷の姿ですね。
いつからか改築して近代的になりましたが・・・。
懐かしく拝見しました♪

ポチ間に合って良かったです(笑)
    しおり


Commented by shuttle at 2014-10-30 08:04 x
youshowさん

「旧谷村家住宅」、懐かしい思いで眺めています。私の育った頃には、田舎では何処でも見られた風景です。草葺の大きな屋根、田の字型の座敷、ご飯を炊くかまどの様子、米搗き臼、籾殻を飛ばす「とうみ」、苗を運ぶ籠、等々。私も、「とうみ」を使って籾を選別しましたよ。ポチポチ☆☆
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2014-10-30 09:29 x
3連のかまどいいですねー

こんな土間の炊事場で料理してみたいです

薪でご飯炊いたりしてみたいです

美味しいだろうなぁ

冬場はとても寒そうですが
Commented by honokanikaorujp at 2014-10-30 16:26
紀伊風土記の丘もすっかり秋模様ですね
茅葺屋根の空の鱗も秋ですね~
天秤棒(オーコ)って呼んでましたか 方言でしょうか?
私は天秤棒としか知りません
木製の脱穀機はむか~~し 見た事が有る様な・・
記憶は定かでは無いです(笑)
   ~P~
Commented by youshow882hh at 2014-10-30 17:29
模糊さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、秋たけなわの紀伊風土記の丘です。
戦前の街中でもそうでしたが、農家は土間に台所セットがありました。
へっついさんは三連が普通で四連のところもありました。
我が家の田舎の風呂は五右衛門風呂でした。
模糊さんは五右衛門風呂へはいったことがありますか?
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-30 17:40
しおりさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、今回は土間に置かれた色んな道具です。
しおりさんも土間に置かれたこのような竈をご存知なのですね。
私も筒っぽをふうふう吹いて火を起こしましたよ。
そして毎年年末になるとこのようにセイロにもち米を入れて蒸し、
お餅を幾臼も搗きました。
この脱穀機は大型で、大きい農家でなければ置いてませんでした。
普通は小型の足ふみの脱穀機でしたね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-30 17:45
シャトル先生、こんばんは。コメントありがとうございました。
仰るように農家ではこのような形式の台所でしたね。
私も田舎で住んでいた時はこのような形でした。
籾殻を飛ばす「とうみ」もありましたよ。
あの作業もしたことがありますよ。
昔の道具は理にかなっていましたね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-30 17:51
森田さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、写真は三連のかまどですね。
私も薪でご飯やオカイサンを炊きましたよ。
小学生~中学生の時でしたが楽しみでしたね。
今では土間での作業は寒いでしょうね。
Commented by youshow882hh at 2014-10-30 18:04
ももねさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、紀伊風土記の丘はすっかり秋模様となりました。
一年中で秋の紀伊風土記の丘が一番好きです。
空気が澄んでますから遠くの景色もきれいです。
和歌山ではカゴを担ぐ棒をオーコと言います。
佐賀地方では天秤棒と標準語なのですね。
和歌山には独特な言葉がたくさんあります。
ももねさんはお若いので木製の脱穀機の記憶はないのですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by タキオンチャン at 2014-10-30 19:49 x
こんばんは…
うわあ…
素晴らしいですよねえ…
素敵なお写真を楽しませて頂いておりますう…
凄く落ち着きますねえ…
田舎風景が大好きですう…
いつもありがとうございますう…
ポチッと応援☆…

Commented by よっちん at 2014-10-30 20:56 x
古民家が保存されるのもいいのですが
最近はいろんな形に
リノベーションされていますよね。

私はそういうのが好きかなぁ…

応援ぽち
Commented by タキオンチャン at 2014-10-31 13:18 x
こんにちは…
うわあ…
素晴らしいですよねえ…
素敵なお写真を楽しませて頂いておりますう…
来ちゃいましたあ…
いつもありがとうございますう…
ポチッと応援☆…
Commented by youshow882hh at 2014-10-31 16:25
タキオンチャンさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
私の写真で楽しんで下さりとても嬉しいです。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   雑賀崎漁港   紀伊風土記の丘 >>