紀三井寺

     室町時代・永正6年(1509年)建立の楼門です(国指定重要文化財)。
  紀三井寺_b0093754_20351277.jpg

            松尾芭蕉は、せっかく花見を期待して来たのに、咲き終わった桜を仰いで
            「みあぐれば 桜しもうて 紀三井寺」 と詠みました。お疲れさま。
  紀三井寺_b0093754_20352931.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-04-10 21:01 | 紀三井寺 | Comments(8)
Commented by risaya-827a at 2014-04-11 09:57
youshow882hhさん、おはようございます^^
朱塗りの楼門はインパクト大ですねー♪
さすがは有名な紀三井寺だ・・・と思わせる風格があります^^
あの芭蕉も桜を見ながら、一句を詠まずにはいられなかったのかも?
しかし、その前に階段がいっぱい^^;
芭蕉の時代は歩け、歩けの時代だから、難なく上ったでしょうけれど
車社会の現代は大変だ!!!
御地は何処へ行っても昇り坂や階段がいっぱいですね!!!
ポチポチ☆彡
Commented by セラ吉 at 2014-04-11 10:48 x
ゆーしょーさん、こんにちは。
私も最近よく案内をします。
桜が終わり、紀三井寺の由来を説明した後、
多宝塔に上り、隣にひっそりと祀られている
”春子稲荷”を説明します。
結構受けるのですよ・・・。
案内まではしませんが、その上にある
”佐々木只三郎(たださぶろう)”の墓の話は
五分五分です。
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2014-04-11 11:30 x
それだけ楽しみにしていたということですね

昔は今のように桜情報がありませんからね

開花のタイミングは微妙に毎年違うしねぇ
Commented by piko4438 at 2014-04-11 16:20
開けた途端深紅の楼門が目に入りびっくり
綺麗ですね これに白い桜が掛かったら本当に
絵の様でしょうね
youshow様のお陰で紀伊地方少し見えるように成りました
有り難うございます pp
Commented by youshow882hh at 2014-04-11 17:02
理彩也さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
朱塗りの楼門、塗り替えられて一段ときれいになりました。
この楼門、1509年の建立と言いますから、500年以上
風雪に耐えてきたのですね。
旅人芭蕉も満開の桜を期待して紀三井寺まで来たのに遅かったとは
泣くに泣けませんね。
紀三井寺へ着く前に和歌の浦に行っているのですが、そこでは
「行く春を 和歌の浦にて 追いついたり」 と詠んでいます。

紀三井寺には231段の石段があります。
私はその石段を一直線に登りました。
この石段、戦後アメリカ軍のジープが登ったという話を聞いたことがあります。
その記事はネットでも出ていました。
今は迂回してタクシーで本堂前まで行けるようになっています。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-04-11 17:22
セラ吉さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
語り部のセラ吉さん、ほんとうにご苦労さまです。
和歌山城のみならず、紀三井寺も案内しているのですね。
私は 「春子稲荷」 というのを知りませんでした。
多宝塔に上った時その隣にお堂がありましたが
それが春子稲荷だったのですね。
その春子稲荷と多宝塔の間の小路を上って墓の間を歩いて行ったのですが、
佐々木只三郎の墓は見つけられませんでした。
で、名草山へ登ろうと思ったのですが小路は行きつまりになっており
名草山頂上まで登れなかったです。
聞くところによれば、名草小学校の横から登れるとのことです。
頂上からの写真が撮れず残念でした。
Commented by youshow882hh at 2014-04-11 17:32
森田さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
芭蕉は和歌の浦でやっと春に追いついたと思い桜見しようと喜び勇んで紀三井寺に来たら、
もう桜は無かった…。旅人の落胆する気持ちが素直に出た句だと思われます。
仰るように昔は何も情報がなかったですから、紀三井寺に着いたときは
既に桜が散り始めていたのですね。
それでなくても早咲きの桜として有名な紀三井寺なのにその情報はなかったのでしょうか。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-04-11 17:39
ピコさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
この朱塗りの楼門の左には満開の桜があったのですが、
楼門を近くから撮ったので画面に桜がはいらなかったです。
仰るように桜の花を入れたらよかったですね。
私の写真を見て、少しでも和歌山のことを知っていただければ
この上なく嬉しいです。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   紀三井寺   紀三井寺 >>