お城の見える街かど

       

   紀ノ川の右岸(北岸)に 「粟」 という名の町があります。ここの堤防に立てば、紀ノ川の流れを隔てて
   お城と和歌山市の町並みを眺めることが出来ます。 遠くには今はなき新和歌浦の展望台も見えます。
   丁度この日は紀ノ川右岸で 「ハゼつり大会」 が行われていました。舟から釣る人も大勢います。
   また、和歌山市には多くの 「紀州ネル」 の工場がありました。その工場の煙突も何本か見えています。
  お城の見える街かど_b0093754_23362236.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2011-07-31 00:00 | お城の見える街かど | Comments(9)
Commented by siawasekun at 2011-07-31 02:52 x
ゆーしょーさん
おはようございます♪♪

お城が見える 「粟」 という名の町景色、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいショットを見せていただき、嬉しかったです。
siawase気分です。
見て、心和みでした。
ありがとうございました。

ゆーしょーさん
私の拙いブログのブックマーク(別版)に、ゆーしょーさんのブログをリンクさせていただきました。
ご了承の程、よろしくお願いしますね。

昨日は、コメント&応援ポチに、恐縮です。
応援ポチ♪♪
Commented by risaya-827a at 2011-07-31 08:00
おはようございます^^
ハゼ釣り大会も面白いですね♪
今は水量も少なめな地域が多いけれど、昔は何処でも水が満々だったようです^^
御地の紀ノ川はかなり大きい川だと思うので
こうやって釣り船がいっぱい出て楽しんでいるのですね♪
そう言えば、お城も見えていますねー るんっ☆彡
ポチポチッ☆彡
Commented by c,tatsumi at 2011-07-31 09:56 x
昭和の時代ですね! 釣りをするなら、川釣りで「ハゼ釣り」からしていたのを覚えています。
粟と云えば、市中から大分離れているように思いますが・・・・
まだビルのない時代なのてすね?? 煙突も消えましたねぇ・・ 
Commented by vimalakirti at 2011-07-31 14:41
こんにちは。
「粟」という町名、とても珍しいですね。
植物の粟と関係あるのでしょうか?
粟の産地とか?

水の豊かな川は、水路になるだけでなく、
おいしい川魚も運んでくれたのですね!

こういう方向から見せていただくお城は初めてかも!
Commented by youshow882hh at 2011-07-31 20:29
幸せ君さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
「素敵なショット」 とお褒め下さりありがとうございます。
この写真は、昭和39年11月の撮影です。
ブログのリンクの件、ありがとうございました。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-07-31 20:34
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
「ハゼ釣り大会」 で岸辺でハゼを釣っている写真もあるのですが、
このタイトルに合わないのでいつか載せることにします。
最近ハゼ釣りに行ってませんが、今でも釣れるのかな~。
この地からは川越しにお城がよく見えます。
しかし今は高いビルがあるので、この写真のようにはいきませんが。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-07-31 20:37
tatsumi さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
はいそうです。昭和39年11月の撮影なのです。
和歌山市主催のハゼつり大会ですが、今でもあるのかな~。
この頃は煙突がたくさん立ってましたね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-07-31 20:44
みどりさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
「粟」という名ですが、私たちは呼び慣れていますから珍しくはありませんが、
初めての人にとっては珍しい名だと思います。
この付近は今でこそ多くの民家がありますが、
昔は数十軒の農家ばかりでした。
農家ですので 「粟」 と関係があるのかな~。
私にも分かりません。

ハゼのカラ揚げは美味しいですよ。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by hikobae at 2012-05-17 18:03 x
お初のおじゃまです。紀州を離れて37年。いまは千葉県に住む「ひこばえ」と申します。
この4月から「大人の絵日記講座」なるものを習い始め、この次の課題が「わたしの好きな町」。
これはもう、生まれ育った和歌山しかないやろ、と、和歌山城と紀の川の画像を探し求めてたら、なんとこの画像が・・・。
まさしく、この粟の出身で、子どものころ目にした風景ではありませんか。鳥肌が立つ思いで興奮して見つめました。
まさしくこの光景です。
いつごろの写真でしょうかね? 
夜にはお城の照明がきれいに見えました。
ハゼ釣りにも興じました。畑のゴミ捨て場を掘ればミミズが、紀の川の河原をほじくればゴカイが、で餌にも困りませんでした。竿は置きっぱなしで、シジミを掘ったりで…。
思い出します。でも、ハゼ釣り大会があったのは知りませんでした。


<<   和歌山西國三十三ヶ所観音霊...   お城の見える街かど >>