南紀の旅

     「勝浦漁港」
 
   和歌山県那智勝浦町の 「勝浦漁港」 はJR紀伊勝浦駅から徒歩3分、勝浦温泉の中心地に位置する
   日本有数のマグロ基地であり、延縄漁法による生鮮マグロの水揚げは日本一です。 (写真提供 Y 氏)
  南紀の旅_b0093754_2338659.jpg

      この日は 「まぐろ祭り」 が行われました。
  南紀の旅_b0093754_23381454.jpg

      水揚げを終えた漁船が並んでいます。
  南紀の旅_b0093754_23382570.jpg

   2月9日のM新聞に 「今年一番の大物」 の見出しで、213キロ のクロマグロ が水揚げされたと
   報じていました。 何と今年最高値となる 325万8,900円 で競り落とされたそうです。  
  南紀の旅_b0093754_23383243.jpg
  南紀の旅_b0093754_2338401.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2011-03-10 00:01 | | Comments(10)
Commented by hal0828 at 2011-03-10 02:24 x
こんばんは。
マグロもいつまで美味しく食べられるのか心配ですね。
最近は大トロよりも中トロか赤身や好きになってしまいました(笑
pp!
Commented by ikkikurisan at 2011-03-10 10:00
おはようございます。
213キロ のクロマグロ が、 325万8,900円 !!!
凄いですね~
ダブルポチ!!
Commented by vimalakirti at 2011-03-10 10:55
おはようございます、先ポチポチ~♪
港町・函館で育ったわたしには、こういう風景はとてもなつかしいです。
マグロって、いつのまにこんな高級魚になっちゃったのでしょう!
なかには家一軒建つほどのマグロもあるそうですね~!
Commented by 周坊 at 2011-03-10 14:02 x
ゆーしょーさん こんにちは。
マグロ水揚げNO1が勝浦だとは知りませんでした。
みなさん、並んで何を買っているのでしょうね。
Commented by youshow882hh at 2011-03-10 20:48
hal さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
魚の内でマグロの刺身は一番美味しいです。
3日前にスーパーでマグロの解体をしているのに出合い
1ブロック買って来ました。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-03-10 20:51
ikkikurisan さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
この日は、100キロ級のマグロが2本も揚がり、東京方面へ出荷されました。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-03-10 20:55
みどりさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
家一軒建つほどのマグロってほんとうにすごいですね。
魚も色々美味しいのがありますが、やはりマグロは一番美味しいです。
鯛は魚の王様といわれますが、味の方はマグロの方がいいです。
漁港や漁村の風景は私も大好きです。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-03-10 21:01
周坊さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
生鮮マグロの水揚高は日本一を誇る勝浦漁港ですが、
陸揚量は焼津漁港(静岡県)、三崎漁港(神奈川県)に次いで全国第3位です。
並んで買い物をしているのは、マグロの切り身を買うためです。
Commented by mokonotabibito at 2011-03-10 23:35
勝浦漁港ですね。
なるほど、「生鮮マグロ」の水揚げ高が日本一なのですね。
陸揚量というのは、冷凍マグロを入れるということでしょうか?
マグロ祭りっていいなあ。
とても雰囲気がありますね。
私は、最近は中トロが一番美味しく感じます(笑)
ポチ♪
ポチ♪
Commented by youshow882hh at 2011-03-11 00:43
模糊さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
水揚げは魚など漁業が対象とする水産資源を得ることです。
陸揚げも同義ですが、陸揚げは船で運搬された貨物に対しても
使用される言葉です。
ややこしいですね。
模糊さんは、中トロが好きなのですね。
ポチ ポチ ♪ ありがとうございました。


<<   南紀の旅   郊外のお寺 >>