県外へ

      倉敷美観地区

      「倉紡記念館」 です。倉敷紡績の明治時代からの資料を展示しています。建物は昔の原綿倉庫です。
  県外へ_b0093754_23411631.jpg
  県外へ_b0093754_23412398.jpg
  県外へ_b0093754_23413143.jpg
  県外へ_b0093754_23414089.jpg
  県外へ_b0093754_23414923.jpg
  県外へ_b0093754_23415787.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2010-11-21 00:00 | | Comments(11)
Commented by hal0828 at 2010-11-21 00:16 x
こんばんは。
旧い機械は趣きがあって良いです。
そんなものの展示も楽しめそうなところですね。
近代的なものは便利ではありますが、
味わいみたいなものがどんどん欠落してゆくような気がします。
pp!

Commented by yoas23 at 2010-11-21 00:44
私には倉敷レイヨンの方が馴染みがありますが同じ会社でしたよね。
展示物はアナログ的な温か味がありますね。
Commented by mokonotabibito at 2010-11-21 08:40
おはようございます。
倉紡記念館ですか。
ここは知りませんでした。
貴重な展示ですね。
かつて日本の経済発展を支えた紡績の歴史を感じることができるようですね。
本当に倉敷は見どころが多いです。
ポチ♪
ポチ♪
Commented by vimalakirti at 2010-11-21 13:30
こんにちは。
日本人の繊維生活を支えてくれた倉紡ですね。
ここで、その歴史を辿ることができるのですね。
ポチポチ~♪
Commented by 117k at 2010-11-21 14:55
記念館は資料が満載ですね。
私はいつも解らない時は記念館で勉強してます。
紡績の賑わった良き時代ですね。
Commented by youshow882hh at 2010-11-21 21:45
hal さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
この展示している古い機械は黒光りして蒸気機関車のようです。
蒸気機関車で思い出しましたが、私が戦後働いた会社の動力は
モーターでなく蒸気の力で回転する動力でした。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-11-21 21:45
yoas さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
倉敷紡績株式会社(略称クラボウ)と、倉敷レイヨン(現、株式会社クラレ)
とは会社が違いますね。
創設者は、大原孫三郎や大原孝四郎の親子ですので、兄弟会社のようなものでしょうか。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-11-21 21:47
糢糊さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
倉敷紡績の創設時代の色んなものを展示しているのでしょうね。
戦前から戦後にかけて紡績会社はわが国の産業を支えてきました。
当地にも規模は小さいですが紡績会社や染工会社が多くありました。
大阪・泉州の羽倉崎駅周辺に広大な工場の阪本紡績がありましたね。
「サカボウ」 といって親しまれていました。
歌手・小畑実の親戚でした。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-11-21 21:47
みどりさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
老舗の紡績会社を並べますと、東洋紡、ユニチカ、富士紡、日清紡、
クラボウ、ダイワボウ、シキボウ、日東紡、などそうそうたる会社があります。
女性の方なら一度は名前を聞いたことがあると思います。
当時のわが国の産業を支えてきた会社ですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-11-21 21:48
きょうちゃん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
きょうちゃんは勉強家なのですね。
記念館で勉強しているのですね。
戦前、戦後、紡績会社は賑わいましたね。
Commented by テレビ電話の誘いについて at 2011-12-06 05:45 x
2nu8$-Vs, www.vipcall.biz/sp, テレビ電話の誘いについて, http://www.vipcall.biz/sp/?p=53


<<   県外へ   県外へ >>