県外へ

       一乗谷朝倉氏遺跡

      朝倉氏の祖先は、兵庫県養父郡の豪族で、南北朝時代に朝倉広景が主家の斯波高経に従って
      越前に入国しました。
  県外へ_b0093754_23424069.jpg

       朝倉孝景の代、1467年の応仁の乱での活躍をきっかけに一乗谷に本拠を移し、斯波氏、甲斐氏を
       追放して越前を平定しました。
  県外へ_b0093754_2342478.jpg

      以後、孝景、氏景、貞景、孝景、義景と5代103年間にわたって越前を中心として繁栄しましたが
      天下統一の戦いの中で1573年織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び、城下町も焼討ちに遭い灰燼に
      帰しました。
  県外へ_b0093754_23425720.jpg

      一乗谷は、福井市街の東南約10kmにあり、戦国時代朝倉氏の城下町の跡がそっくり埋もれて
      いました。
  県外へ_b0093754_2343726.jpg

      遺跡の発掘調査は、昭和42年から進められ、昭和46年には一乗谷城を含む278haが国の特別
      史跡に指定されました。
  県外へ_b0093754_23432646.jpg

       「一乗谷朝倉氏遺跡」 の見学を済まし、バス待つターミナルへ戻りました。
  県外へ_b0093754_23433360.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2010-10-29 00:00 | | Comments(10)
Commented by hal0828 at 2010-10-29 01:27 x
こんばんは。
甲冑を着ることができるのですね。
かなり重いと聞きますが、一度くらいは着てみたいものです。
いい景色です!
p,p
Commented by mokonotabibito at 2010-10-29 08:20
おはようございます。
詳しい歴史と、写真をありがとうございました。
いやあ越前の国も奥が深いですね!

余談ながら、私のブログの旅の記事も、今日ようやく越前の国に入りました。
よろしく御願いします。
ポチ♪
ポチ♪
Commented by shuttle at 2010-10-29 08:42 x
youshowさん

私は、こういう遺跡に立って、いつも思うことは「栄枯盛衰」「つわものどもの夢の跡」と言う感慨です。朝倉氏を実際に攻めた織田の武将「柴田勝家」は、後に秀吉に滅ぼされ、秀吉もまた死後、徳川に乗っ取られます。戦国時代は、後から眺めると不毛の争いに見えます。そう言う時代に生まれなくて良かった、と思います。
「夏草や つわものどもの 夢の跡」  ポチポチ☆☆
Commented by vimalakirti at 2010-10-29 11:21
おはようございます。
この衣装で、この町並みを闊歩したら、即、タイムスリップできますね!
やってみたいな。私は甲冑とはいかないから、お女中かな? ポチポチ~♪
Commented by likebirds at 2010-10-29 13:04
こんにちは。
朝倉氏はとても広大な領地を持っていたのですね!
復元されたつちかべの先に本当に当時の家並みが現れるような気持ちになります^^。
甲冑も復元された者なのでしょうか?
重そうですが、滅多に着ることが出来ないので着ている方も嬉しそうですね^^。(likebirds妻)
Commented by youshow882hh at 2010-10-29 13:41
hal さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
私もまだ甲冑を着たことがないので分かりませんが、
兜だけでも相当な重みがありそうですね。
一度着てみたいです。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-10-29 13:50
模糊さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
いえいえ私は歴史に弱いので写真とともにお借りしたパンフレットなどを
丸写ししたようなもので、お恥ずかしい限りです。
畿内からは、越前、越中、越後、と名前の通り奥が深いですね。
朝から模糊さんの記事を読ませていただきましたよ。
素晴らしい写真ですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-10-29 14:08
シャトル先生、こんにちは。コメント ありがとうございました。
ごもっともなお話です。
私も戦国の世に生まれなくてよかったと思います。
NHKの大河ドラマには戦国時代の物語が割りと多いですよね。
徳川の世は長く続きましたが、ほかは一代限りとか三代とかが多いです。
この一乗谷朝倉氏遺跡の夢の跡に立って歴史の勉強をすれば
教室で学ぶよりも頭に入ることと思います。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-10-29 14:16
みどりさん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
和歌山でも、何かのお祭りの時には、雑賀衆に変する数人が
甲冑姿に鉄砲やのぼりを持って歩きます。
また、子ども等の記念撮影にも応じています。
昔の武士はあの重い甲冑姿で戦ったのですから大変だったでしょう。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-10-29 14:48
likebirds の奥様、こんにちは。コメント ありがとうございました。
1枚目の写真を見ますと、この甲冑はきれいですね。
新しく作ったものでしょう。
戦国時代のものであれば、どこかの展示場に飾っているでしょう。
和歌山城の天守閣の中に、数々の江戸時代のものが展示されていますが、
その全てが撮影禁止なのです。


<<   県外へ   県外へ >>