新和歌浦から雑賀崎へ

     新和歌浦のシンボル、蓬莱岩へご案内します。
     天満宮や東照宮前からバスに乗り、5分ほど行った所のバス停「蓬莱岩」で下車。
b0093754_093574.jpg

       海岸まで降りて行くと磯があり、名草山を望むことが出来ます。
b0093754_095843.jpg

       その名草山の左に見えるのが、新和歌浦のシンボル、蓬莱岩です。
b0093754_010978.jpg

       この蓬莱岩は奇岩と言われ、観光案内には必ず紹介されています。
b0093754_0101974.jpg

     人気ブログ ランキングに登録しました。
     クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ
# by youshow882hh | 2006-12-07 00:38 | 和歌の浦 | Comments(18)

  和歌浦天満宮

       一間一戸、入母屋造り、本瓦葺の楼門は、一間楼門としては、全国でも最大規模を誇る
       雄大なものです。
b0093754_23542494.jpg
b0093754_23543752.jpg

       庇が深く、伝統様式の内にも工匠の斬新な創意があふれています。
b0093754_23545034.jpg

       楼門から見る和歌の浦は絶景です。
b0093754_2355386.jpg

       帰りは急勾配の表階段を、ゆっくりと降りました。
b0093754_2355258.jpg

       和歌浦天満宮を後に、次の目的地、新和歌浦のシンボル 蓬莱岩 へ向かいました。
b0093754_23554083.jpg

     人気ブログ ランキングに登録しました。
     クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ
     
# by youshow882hh | 2006-12-06 00:13 | 和歌の浦 | Comments(16)

  和歌浦天満宮

           天満宮の手水は牛です。牛の体に水の出る穴があるのがお分かりでしょうか。
b0093754_0514122.jpg

    本殿は、桃山時代独特の華麗な建築方を発揮せるもので、国の重要文化財となっています。
b0093754_0515138.jpg

     現在の社殿は、天正13年(1585)に豊臣秀吉の紀州攻めの際焼失したものを、慶長11年
     (1606)に紀伊藩士浅野幸長が再建させたもので、狩野派・土佐派による極彩色の装飾が
     施されているそうです。
b0093754_052086.jpg

         また、桁行五間、梁間二間、一重入母屋造りとなっています。
b0093754_0521396.jpg

              この牛、面白い顔をしていますね。
b0093754_0522215.jpg

     人気ブログ ランキングに登録しました。
     クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ
# by youshow882hh | 2006-12-05 01:23 | 和歌の浦 | Comments(20)