<   2007年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

  川のある風景

     紀ノ川の右岸 (北側) へ回ってみます。 右岸は河川敷が広くこのように畑が作られています。
b0093754_2354315.jpg
b0093754_23544478.jpg
b0093754_23545638.jpg

       テニスコートもありますよ。 ただ川風が強いときは、打つのが難しいコートです。
b0093754_2355710.jpg

    40年前に撮影しました。 工場の煙突が林立し、釣り船が出て、活気の中にものどかさを感じさせます。
    この撮影ポイントを探しましたが、周囲が変化し、見つけることが出来ませんでした。
b0093754_23552178.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-31 00:13 | 川のある風景 | Comments(10)

  川のある風景

   紀の国大橋の隣に 「南海橋」 がありました。 紀の国大橋の完成とともに、取り壊される運命となりました。
   その南海橋を私達は昔から 「一銭橋」 と呼んでいました。
   名前は昭和初期の頃、通行料が一銭であったことからこう呼ばれました。 ちなみに馬は二銭でした。
b0093754_018798.jpg

   もっと昔の明治・大正時代は通行料が一厘だったため 「一厘橋」 と呼ばれていたそうです。
   では、南海橋が解体される前の 「南海橋と紀の国大橋」 を見て下さい。
b0093754_0182158.jpg

     40年前の南海橋の夕景です。 のどかですね。
b0093754_0183527.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-30 00:46 | 川のある風景 | Comments(12)

  川のある風景

   南海電鉄紀ノ川橋梁の上流に、平成15年4月2日に開通した 「紀の国大橋」 があります。 全長 1,030m 。
b0093754_041315.jpg

     この橋は、下流の 「北島橋」 の渋滞緩和を計る目的で造られた橋です。 将来は大阪へと続きます。
b0093754_043316.jpg

      ↑の同じところから、和歌山市街を眺めたところです。
b0093754_045291.jpg

       橋のたもとには、紀州犬、紀州てまり、そして うめ を・・・・・
b0093754_06172.jpg

       対面には、和歌山城、もみじ、葵のご紋 が飾られています。
b0093754_061525.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-29 00:23 | 川のある風景 | Comments(19)

  川のある風景

     電車はトラスのかなり手前から少しずつパンタグラフを折りたたんで行きます。
b0093754_2344452.jpg

     完全にパンタグラフが折りたたんでいますね。 そして吊架線とトロリー線の間も狭くなっています。
b0093754_23451099.jpg

     こうして電車はトラスの中へはいって行きます。 普通、トロリー線の高さはレール面から5mですが、
     このトラスの中は、それよりも低いですね。
b0093754_23452263.jpg

    和歌山市⇔加太間を走る二両編成の電車です。 河西橋破壊後は本線の橋を使用しています。
b0093754_23453347.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-28 00:06 | 川のある風景 | Comments(8)

  川のある風景

   北島橋の上流には、南海電鉄の 「紀ノ川橋梁」 があります。明治36年にこの橋が完成したことによって  
   難波⇔和歌山市間が全線開通しました。 全線開通時は単線で小型の蒸気機関車が牽引していました。
   手前側がその橋です。 この橋はピン結合のプラット・トラスで歴史的有名な橋です。
b0093754_04188.jpg

    右側の下り線はワーレントラス。 大正11年に複線電化に伴って増設された橋です。
    トラスの高さが違うのにお気づきでしょうか。 開通時は汽車ですので架線の必要もなく低い設計でした。
b0093754_04196.jpg

    左のトラスの入り口が低いですね。 この低いトラスの中を電車はどのようにして走るのでしょうか。
b0093754_043442.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-27 00:43 | 川のある風景 | Comments(9)

  川のある風景

                         ピン結合のプラット・トラスのピン結合部

b0093754_15194327.jpg

by youshow882hh | 2007-10-27 00:05 | 川のある風景 | Comments(0)

  川のある風景

      河西橋の上流には、美しい5連のワーレントラスの 「北島橋」 があります。
      紀ノ川大橋が架かるまでは、大阪市ー和歌山市を結ぶ国道26号線でした。
b0093754_0163920.jpg

    紀ノ川河口付近には、いくつかの釣りポイントがありますが、この北島橋周辺もそのひとつで、
    「マハゼ」 釣りで有名です。 私もよく釣りに来ました。
b0093754_0165630.jpg

    マハゼは、今の時期、夏から冬にかけてよく釣れます。 仕掛けは 「投げ釣り」 です。
    10~13cmくらいの大きいのが釣れます。 てんぷらにして食べるのが一番美味しいです。
    (対岸からの写真です)
b0093754_0171248.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-26 00:38 | 川のある風景 | Comments(10)

  川のある風景

     紀ノ川大橋の上流の彼方に、小さく 「河西橋」(かせいばし)を見ることが出来ます。
b0093754_23555581.jpg

     手前の橋が河西橋です。青い五連のトラスが架かる橋は、「北島橋」 です。
b0093754_23561111.jpg

    河西橋は、大正3年に加太軽便鉄道として架けられ、加太ー和歌山口間が開通したのです。
    ところが、昭和28年のジェーン台風の水害で橋梁が破壊し、その後、南海本線の鉄橋を共用しています。
    橋梁を見ますと、橋脚を新設したり、古い傾いた石造り橋脚を補強したりして苦労の跡が伺えます。
b0093754_23562419.jpg

    廃線後、和歌山市が譲り受け今の河西橋があるのです。歩行者と二輪車専用の橋となっています。
b0093754_23563774.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-25 00:46 | 川のある風景 | Comments(13)

  川のある風景

      この2枚の写真は、紀ノ川大橋が昭和42年に開通した直後に撮影したものです。
      今と比べると、車はほとんど走っていませんね。「無用の長物」 と思われたのですが・・・
      遮るものもなく、和歌山城がよく見えますね。(カメラ・アサヒペンタックス、レンズ・35mm、F 3.5)
b0093754_031753.jpg
b0093754_032994.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-24 00:15 | 川のある風景 | Comments(17)

  川のある風景

     紀ノ川大橋を対岸の少し高いところから撮りました。 正面に見える山は、紀三井寺のある名草山です。
b0093754_23563659.jpg

     川に架かるところだけをアップすると、このような感じになります。
b0093754_23564744.jpg

     カメラを少し左に振ると、ビルの間から和歌山城が見えます。
b0093754_23565636.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-10-23 00:11 | 川のある風景 | Comments(17)