カテゴリ:和歌の浦( 175 )

  和歌の浦散策

     万葉館の続きです。館内には日本の伝統工芸品である和歌山の手まり(紀州てまり)が飾られていました。
b0093754_15395475.jpg

      「鞠と殿さま」 ♪ てんてんてんまり てん手まり てんてん手まりの 手がそれて どこからどこまで とんでった
      垣根をこえて 屋根こえて 表の通りへとんでった とんでった   
b0093754_1540122.jpg
b0093754_15402510.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-13 16:01 | 和歌の浦 | Comments(22)

  和歌の浦散策

     和歌の浦の名勝・不老橋です。不老橋は第10代紀州藩主徳川治寶の命によって架けられました。
b0093754_16414241.jpg

     橋台のアーチ部分は肥後熊本の石工集団の施工であり、勾欄部分については和歌山・湯浅の石屋忠兵衛の施工と
     推定されています。勾欄部分は雲を文様化したものが見られます。江戸時代のアーチ型石橋は、九州地方以外では
     大変珍しく、特に勾欄部分の彫刻が優れています。
b0093754_16434868.jpg
b0093754_1644371.jpg

       大型の台風18号は現在九州の南を北上しています。1961年(昭和36年)9月16日に襲った第2室戸台風は、
       室戸岬に上陸し、和歌山をはじめ大阪湾岸に大きな被害をもたらしました。和歌浦の観海閣は倒壊、不老橋の
       勾欄部分も倒れました。写真は第2室戸台風直後の不老橋です。
b0093754_16463486.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-05 17:27 | 和歌の浦 | Comments(14)

  和歌の浦散策

     和歌の浦・片男波・万葉館の続きです。 埴輪スタイルの庶民の衣装です。貴族は制服も私服も唐風(とうふう)でしたが、
     庶民は古墳時代以来のスタイルが普通でした。男性は衣袴(きぬはかま)、女性は衣裳(きぬも)で、どちらも衣(上着)は
     袖口の小さなデザイン、袴は埴輪の衣装と同じ膝下でヒモを結ぶものでした。 裳はスカート。
b0093754_16191626.jpg
b0093754_16192957.jpg

     庶民の食生活は貧しいものでした。作った米は税として徴収されるので、普段の主食はアワ、ヒエ、ムギなどの雑穀入り
     でした。酒も濁り酒や雑穀酒のほか、酒粕を湯で溶いた糟湯酒が多かったようです。写真は、塩、青菜汁、玄米のごはん。
b0093754_16194224.jpg
b0093754_16195782.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-04 16:50 | 和歌の浦 | Comments(20)

  和歌の浦散策

     片男波海水浴場です。万葉集に詠まれた景勝地である和歌の浦にあり、砂浜の長さは1,200mと和歌山県随一の
     規模です。 浜の奥行き:100m 深さ:1~5m  営業期間 7月1日から8月31日まで
b0093754_19221675.jpg
b0093754_19224827.jpg
b0093754_19231021.jpg

     無数の鳥(ユリカモメでしょうか)がテトラポットの上にとまっています。
b0093754_19232734.jpg
b0093754_19235577.jpg

     片男波(かたおなみ)の名前の由来は、万葉集の,「若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る」
     の「潟を無み」にちなんでいると言われています。
b0093754_1924886.jpg
b0093754_19242616.jpg
b0093754_19454977.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-03 20:00 | 和歌の浦 | Comments(18)

  和歌の浦散策

     和歌の浦・片男波・万葉館の続きです。 「斑鳩の春」 です。 うららかな春の日、咲き匂う紅梅を手折って、青年の髪に
     かざす乙女、いにしえの奈良、斑鳩(いかるが)の王宮の庭で、若い二人が繰り広げるほほえましい一場面です。
b0093754_17581356.jpg
b0093754_17582613.jpg

     長屋王の食膳・漆器の食事です。一番手前に栗ご飯もあります。
b0093754_1758412.jpg
b0093754_17585433.jpg

     こちらも長屋王の食膳・金属器の食事です。
b0093754_1759785.jpg
b0093754_17592224.jpg

     この 「斑鳩の春」 は、半世紀余りの歴史を誇る 「博多人形新作人形展」 で、人形作家最高の名誉である
     「内閣総理大臣賞」 を受賞した作品です。 作家・三宅隆氏は総理大臣賞5回受賞という前人未踏の快挙を
     成し遂げた人形作家です。国指定の伝統工芸士として、名実共に博多人形界を代表する第一人者です。
b0093754_17593931.jpg
b0093754_180319.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-02 18:32 | 和歌の浦 | Comments(20)

  和歌の浦

     今日、9月29日(月)、8年ぶりに和歌の浦・片男波公園の万葉館へ行って来ました。1994年7月にオープンした万葉館は
     紀伊万葉とふれあい、その当時の背景や地勢・風土に触れ、万葉の世界を体験することができます。
b0093754_20434734.jpg

     入り口には和歌山に関係する万葉集が書かれています。右肩には山部赤人が詠んだ有名な「若の浦に 潮満ち来れば潟
     を無み 葦辺を指して 鶴鳴き渡る」(和歌の浦に潮が満ちてくると、干潟が無くなるので、葦のほとりを目指して鶴が鳴き渡
     ることよ)。この歌は名勝・和歌の浦を全国に知らしめる元となり、都に住む多くの人々にとって憧れの地となった歌です。
b0093754_20443471.jpg

     館内にはいると、万葉の武官が迎えてくれます。
b0093754_2045050.jpg
b0093754_20451651.jpg
b0093754_20453229.jpg

     万葉集の時代の人々の暮らしぶりや出土品を実物や複製で展示しています。   後日へ続きます。
b0093754_20454756.jpg
b0093754_2046346.jpg
b0093754_20461519.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-09-29 21:30 | 和歌の浦 | Comments(14)

  高津子山

     8月19日(火)に高津子山へ登った時の写真です。風がおさまったので手すりにもたれて撮りました。
     和歌山南港とその向こうは新日鐵住金和歌山製鐵所です。
b0093754_16182644.jpg

     美しい松原と水軒川です。
b0093754_16193998.jpg

     和歌山市の中心部です。手前に松下体育館があります。
b0093754_16201017.jpg

     東方の眺めです。遠く竜門山(756m)が見えています。
b0093754_16203097.jpg

     名草山と手前が和歌浦漁港です。
b0093754_16204542.jpg

     西方には紀淡海峡、そして遠くに淡路島が霞んで見えます。
b0093754_1621279.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-09-05 16:35 | 和歌の浦 | Comments(16)

  和歌の浦

     「浪早ビーチ」 の俯瞰撮影です。目の前に和歌浦湾がひろがる美しい景色の波早ビーチは 「快水浴場百選」 にも
     選ばれた美しい海水浴場。コンパクトなビーチでは磯遊びも出来、バーベキューも楽しめます。ビーチの長さ 200m。
b0093754_16404857.jpg
b0093754_16425334.jpg
b0093754_16442865.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-08-29 17:15 | 和歌の浦 | Comments(12)

  和歌の浦

     独特の形で奇岩とも言われる和歌浦の観光名所の一つ「蓬莱岩」と、それに続く砂浜です。 ここも小さな海水浴場と
     なっていますが、お盆が過ぎるとクラゲが出るのでひっそりしています。
b0093754_19463488.jpg
b0093754_19513789.jpg

     このモノクロ写真の蓬莱岩は以前にも載せましたが、昭和30年代は、大阪からの団体客や、京阪神からの新婚旅行の
     人たちで賑わったものです。
b0093754_19515456.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-08-28 20:31 | 和歌の浦 | Comments(15)

  高津子山

     高津子山から和歌浦湾にかけてトビの姿をよく見かけます。ほとんど羽ばたかずに尾羽で巧みに舵をとり、上昇気流に
     乗って輪を描きながら上空へ舞い上がるトビはもっとも身近な猛禽類です。 トビの視力は非常に優れていると言われ、
     上空を飛翔しながら餌を探し、餌を見つけるとその場所に急降下して捕らえます。
b0093754_1712547.jpg
b0093754_17123137.jpg

     そのトビの下には 「和歌浦漁港」 があります。和歌浦漁港では朝市シラスまつりが春と秋の年2回開催されます。
     目玉は鮮魚販売。地元でとれた新鮮な魚介類を求めて長蛇の列をができます。また、この季節の和歌浦湾の特産
     「わかしらす」 は絶品!わかしらす直売はもちろん、まぐろの解体即売、露店、もちまきなど盛り沢山です。
b0093754_17132615.jpg

     高津子山の眼下にある「和歌浦温泉萬波」です。ホテル萬波では宿泊は勿論昼食・夕食付きの日帰りプランもあります。
     風光明媚な和歌浦湾を一望できる温泉露天風呂が人気です。     
b0093754_1712316.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-08-27 17:51 | 和歌の浦 | Comments(12)