カテゴリ:和歌の浦( 170 )

  和歌の浦散策

     和歌山市は二日続きのさわやかな良い天気となりました。家でいるのが勿体なくて和歌の浦まで車で走りました。
b0093754_1961680.jpg

     和歌の浦といえば何と言っても不老橋です。今まで何十回となく不老橋を撮りましたが、今回も撮らずにいられません。
b0093754_1964064.jpg
b0093754_1973085.jpg

     不老橋と対峙して安産の神を祀る塩竈神社があり、その背後が鏡山です。久しぶりに鏡山へ登ることにしました。
b0093754_198816.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2015-05-22 19:30 | 和歌の浦 | Comments(12)

  和歌の浦散策

     和歌の浦の万葉館です。竹燈夜などでのびのびになっていた万葉館の最終回です。
b0093754_1938088.jpg

     「万葉集の形成と研究」 コーナーです。今に残る万葉集の写本や研究書を展示しています。
b0093754_19382650.jpg
b0093754_19384399.jpg
b0093754_19385988.jpg
b0093754_19391490.jpg

     その昔 使用した墨や筆そして小刀です。
b0093754_19393490.jpg
b0093754_19395192.jpg
b0093754_19401712.jpg

     万葉人に見送られて片男波公園・万葉館を後にしました。
b0093754_1941737.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-11-02 19:59 | 和歌の浦 | Comments(20)

  雑賀崎漁港

     和歌山市 「雑賀崎漁港」 です。 和歌山県でも風光明媚で有名な和歌浦に位置します。 港種 第2種、 登録漁船 81隻、
     陸揚量 228t 。底引き網漁が盛んな雑賀崎漁港で、獲れたての魚介類を接岸した船上で直接買うことができます。新鮮
     な魚介類が揃うことで人気を呼び、多くの買い物客で賑わいます。
b0093754_21103276.jpg
b0093754_21105124.jpg
b0093754_21112857.jpg
b0093754_21115424.jpg
b0093754_2112846.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-30 21:22 | 和歌の浦 | Comments(16)

  和歌の浦散策

     万葉の時代から和歌に詠まれた美しい片男波海岸(海水浴場)です。
b0093754_21121313.jpg
b0093754_21125160.jpg

     造成された片男波堤防の中央には広い道が付いています。
b0093754_2113597.jpg

           前にも載せましたが、50数年前はこのような堤防でした。
b0093754_2114516.jpg

     今は片男波公園となり、日本庭園や(写真)万葉の小路など造られています。
b0093754_21143092.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-27 21:39 | 和歌の浦 | Comments(12)

  和歌の浦散策

     和歌の浦の中心 「不老橋」 です。そして正面の小高い山は 「鏡山」 です。
b0093754_15565655.jpg

     不老橋の正面には安産の神様 「塩竃神社」 があります。
b0093754_15571465.jpg
b0093754_15573067.jpg

     バス停和歌浦から権現前までの通りを 「あしべ通り」 と言い、あしべ通りの欄干には30枚ほどの短歌と
     万葉の絵を描いた額が飾られています
b0093754_1558260.jpg
b0093754_15581819.jpg
b0093754_15583169.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-18 16:16 | 和歌の浦 | Comments(14)

  和歌の浦散策

     万葉館の続きです。館内には日本の伝統工芸品である和歌山の手まり(紀州てまり)が飾られていました。
b0093754_15395475.jpg

      「鞠と殿さま」 ♪ てんてんてんまり てん手まり てんてん手まりの 手がそれて どこからどこまで とんでった
      垣根をこえて 屋根こえて 表の通りへとんでった とんでった   
b0093754_1540122.jpg
b0093754_15402510.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-13 16:01 | 和歌の浦 | Comments(22)

  和歌の浦散策

     和歌の浦の名勝・不老橋です。不老橋は第10代紀州藩主徳川治寶の命によって架けられました。
b0093754_16414241.jpg

     橋台のアーチ部分は肥後熊本の石工集団の施工であり、勾欄部分については和歌山・湯浅の石屋忠兵衛の施工と
     推定されています。勾欄部分は雲を文様化したものが見られます。江戸時代のアーチ型石橋は、九州地方以外では
     大変珍しく、特に勾欄部分の彫刻が優れています。
b0093754_16434868.jpg
b0093754_1644371.jpg

       大型の台風18号は現在九州の南を北上しています。1961年(昭和36年)9月16日に襲った第2室戸台風は、
       室戸岬に上陸し、和歌山をはじめ大阪湾岸に大きな被害をもたらしました。和歌浦の観海閣は倒壊、不老橋の
       勾欄部分も倒れました。写真は第2室戸台風直後の不老橋です。
b0093754_16463486.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-05 17:27 | 和歌の浦 | Comments(14)

  和歌の浦散策

     和歌の浦・片男波・万葉館の続きです。 埴輪スタイルの庶民の衣装です。貴族は制服も私服も唐風(とうふう)でしたが、
     庶民は古墳時代以来のスタイルが普通でした。男性は衣袴(きぬはかま)、女性は衣裳(きぬも)で、どちらも衣(上着)は
     袖口の小さなデザイン、袴は埴輪の衣装と同じ膝下でヒモを結ぶものでした。 裳はスカート。
b0093754_16191626.jpg
b0093754_16192957.jpg

     庶民の食生活は貧しいものでした。作った米は税として徴収されるので、普段の主食はアワ、ヒエ、ムギなどの雑穀入り
     でした。酒も濁り酒や雑穀酒のほか、酒粕を湯で溶いた糟湯酒が多かったようです。写真は、塩、青菜汁、玄米のごはん。
b0093754_16194224.jpg
b0093754_16195782.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-04 16:50 | 和歌の浦 | Comments(20)

  和歌の浦散策

     片男波海水浴場です。万葉集に詠まれた景勝地である和歌の浦にあり、砂浜の長さは1,200mと和歌山県随一の
     規模です。 浜の奥行き:100m 深さ:1~5m  営業期間 7月1日から8月31日まで
b0093754_19221675.jpg
b0093754_19224827.jpg
b0093754_19231021.jpg

     無数の鳥(ユリカモメでしょうか)がテトラポットの上にとまっています。
b0093754_19232734.jpg
b0093754_19235577.jpg

     片男波(かたおなみ)の名前の由来は、万葉集の,「若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る」
     の「潟を無み」にちなんでいると言われています。
b0093754_1924886.jpg
b0093754_19242616.jpg
b0093754_19454977.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-03 20:00 | 和歌の浦 | Comments(18)

  和歌の浦散策

     和歌の浦・片男波・万葉館の続きです。 「斑鳩の春」 です。 うららかな春の日、咲き匂う紅梅を手折って、青年の髪に
     かざす乙女、いにしえの奈良、斑鳩(いかるが)の王宮の庭で、若い二人が繰り広げるほほえましい一場面です。
b0093754_17581356.jpg
b0093754_17582613.jpg

     長屋王の食膳・漆器の食事です。一番手前に栗ご飯もあります。
b0093754_1758412.jpg
b0093754_17585433.jpg

     こちらも長屋王の食膳・金属器の食事です。
b0093754_1759785.jpg
b0093754_17592224.jpg

     この 「斑鳩の春」 は、半世紀余りの歴史を誇る 「博多人形新作人形展」 で、人形作家最高の名誉である
     「内閣総理大臣賞」 を受賞した作品です。 作家・三宅隆氏は総理大臣賞5回受賞という前人未踏の快挙を
     成し遂げた人形作家です。国指定の伝統工芸士として、名実共に博多人形界を代表する第一人者です。
b0093754_17593931.jpg
b0093754_180319.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-02 18:32 | 和歌の浦 | Comments(20)