カテゴリ:寺( 253 )

  真宗高田派 崇賢寺

     一昨日の慈光円福院の隣に崇賢寺があります。 この寺は代々筆頭家老として紀州藩に仕えた安藤家の
     菩提寺です。 現在、墓地全体に傷みが進行して落石の危険があるので、立ち入りはできません。
     10年前に撮影した写真を3枚目以降に載せることにします。
b0093754_2316365.jpg
b0093754_23161394.jpg

     家康の側近として大阪の陣にも従軍し、策を献じた安藤帯刀直次 (あんどうたてわきなおつぐ)は、元和5年、
     徳川頼宣が紀州に転封と同時に、紀州藩の付家老として頼宣を補佐し、藩体制確立のために貢献しました。
     寛永12年 (1635) 5月13日に直次が没。のちに頼宣が、和歌山城の北東に鬼門鎮護として建立したのが
     崇賢寺です。
b0093754_23173649.jpg
b0093754_231756100.jpg
b0093754_23185847.jpg
b0093754_23181862.jpg
b0093754_23182830.jpg
b0093754_23184543.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-09-11 00:00 | | Comments(16)

  清涼山 慈光圓福院

     和歌山市北新金屋丁31番地にある 清涼山 慈光圓福院は、「二寺合一」 のお寺です。 昭和27年、戦災焼失の
     圓福院と、維持困難の慈光寺とが合併しまし 慈光圓福院となりました。 御本尊は十一面観世音菩薩(重文)。
     脇仏に毘沙門天、不動明王等。 予約すれば拝観することが出来ます。 近くに圓福院という地名があります。
b0093754_2356686.jpg
b0093754_23561534.jpg
b0093754_23562622.jpg
b0093754_23564898.jpg
b0093754_23565683.jpg
b0093754_235768.jpg
b0093754_23571969.jpg
b0093754_23573047.jpg
b0093754_23573970.jpg
b0093754_23575471.jpg
b0093754_23581426.jpg
b0093754_23582498.jpg

     本堂の裏には、古い瓦が置いていました。
b0093754_23583667.jpg
b0093754_23584666.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-09-09 00:00 | | Comments(18)

  慈尊院にて

     紅梅が咲く慈尊院境内です。
b0093754_21291261.jpg

     西側から見る慈尊院拝堂です。
b0093754_21302779.jpg

     東側から見る慈尊院拝堂です。
b0093754_21304466.jpg
b0093754_2131516.jpg
b0093754_21311960.jpg
b0093754_21312975.jpg

     110段ほどの上には 「丹生官省符神社」 があります。 石段の中ほど右には 「高野山町石」 があります。
b0093754_21343678.jpg
b0093754_21352992.jpg
b0093754_2135435.jpg

   「高野山町石」 です。 高野山町石道は、慈尊院から高野山へ通じる高野山の表参道です。 1町(約109m)おきに
   石柱が建っています。 慈尊院から壇上伽藍の大塔まで約22kmの道のりに180基あり、それぞれの町石には密教
   の諸尊を表す梵字が刻まれています。 私の母が女学生の時に、この町石道を歩いて高野山へ登ったそうです。
b0093754_21412337.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-03-26 00:00 | | Comments(18)

  慈尊院 多宝塔

     慈尊院の境内には、創建当時から多宝塔がありましたが、たびたび火災で焼失し、現在の塔は江戸時代寛永元年
     (1624年)に再建されたものです。近年傷みがひどくなったため解体修理が行われ、平成24年7月に完成しました。
     (総費用 3億5千万円) ご本尊は大日如来、近世初期の大型の多宝塔として貴重な建造物です。
b0093754_2112512.jpg
b0093754_21131255.jpg
b0093754_21132998.jpg
b0093754_21161176.jpg

     こちらは 「弘法大師堂(大師堂・護摩堂)」 です。このお堂には弘法大師が本尊として祀られています。
b0093754_21183162.jpg
b0093754_21185236.jpg
b0093754_2119144.jpg
b0093754_211998.jpg
b0093754_21191893.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-03-25 00:00 | | Comments(15)

  1、桜開花宣言  2、女人高野慈尊院

    1、 和歌山地方気象台は22日午後、近畿で最も早く和歌山市でサクラが開花したと発表しました。
       写真は、私が標本木としているサクラで、23日午前11時の撮影です。
b0093754_20382476.jpg

     2、女人高野慈尊院の本堂前にある受付所です。 また、ご朱印もここで頂きます。
b0093754_22595582.jpg
b0093754_230528.jpg
b0093754_2303130.jpg
b0093754_230434.jpg
b0093754_2305325.jpg
b0093754_2311027.jpg
b0093754_2312099.jpg
b0093754_2310210.jpg

     山門前の駐車場へバスが着き、大勢の参拝客がはいってきました。
b0093754_23102792.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-03-24 00:00 | | Comments(16)

  慈尊院

     「慈尊院弥勒堂(本堂)」 です。 山門を入って左側にあります。重要文化財(建造物)。 鎌倉時代後期の建築。
     桁行三間・梁間三間、一重、宝形造・檜皮葺。 2004年7月、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」
     の一部として登録されました。 ご本尊の木造弥勒仏坐像は国宝(美術工芸品)に指定されています。
b0093754_22511653.jpg

     空海の母がこの弥勒菩薩を熱心に信仰していたため、入滅(死去)して本尊に化身したという信仰が盛んになり、
     慈尊院は女人結縁の寺として知られるようになり、女人の高野山参りはここということで 「女人高野」 とも呼ばれ
     ています。
b0093754_22512734.jpg

     乳房型絵馬が奉納されています。 この絵馬奉納は、安産だけでなく、子宝に恵まれ、乳がんを完治し、
     心癒されるなど、女性の気持ちがこもっています。
b0093754_22322799.jpg
b0093754_22514439.jpg

     ご開扉は、空海(弘法大師)の命日にちなんで21年に一度とされています。
b0093754_22521131.jpg
b0093754_22522534.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-03-23 00:00 | | Comments(16)

  慈尊院

     和歌山県伊都郡九度山町にある慈尊院へ行ってきました。 わが家から国道と京奈和自動車道(無料)を走り
     丁度1時間の行程です。
b0093754_23162999.jpg

     写真の北門と、左右に広がる長さ116m、棟高2.9mの室町期の築地塀(西門を含む)は、1993年(平成5年)
     4月13日に和歌山県指定有形文化財(建造物)になりました。
b0093754_23164826.jpg
b0093754_23172442.jpg
b0093754_23182793.jpg

     西門です。
b0093754_23562892.jpg
b0093754_23191534.jpg

b0093754_23195961.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-03-22 00:00 | | Comments(16)

  日帰りの旅

     道成寺にある樹齢600年の槇柏(しんぱく:カイヅカイブキ)です。        
b0093754_19343447.jpg
b0093754_19345293.jpg
b0093754_1938228.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-01-22 00:00 | | Comments(12)

  日帰りの旅

     「本堂」 の北側です。通常は閉鎖されていますが、正面(南面)と同様に北面も正面になっている珍しい構造で、
     両正面裏なし堂といわれています。北正面は奈良に向かうように建てられているといいます。
b0093754_21184774.jpg
b0093754_21194523.jpg
b0093754_2120643.jpg
b0093754_21202069.jpg
b0093754_21204326.jpg

     「宝仏殿」は昭和57年(1982年)に建てられ、中には二十数体の仏像が収蔵、祀られています。
     その中に、国宝3点、重要文化財11点、県指定文化財4点などが含まれ、年中参拝が可能です。
b0093754_2121149.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-01-21 00:00 | | Comments(14)

  日帰りの旅

     本堂の西側に 「護摩堂」 が建てられています。 弘化4年(1848年)の建築といわれ、意匠を凝らした幕末期の
     意欲作として評価されています。
b0093754_20505467.jpg
b0093754_20511012.jpg

     「護摩堂」の南側に植えられている 「入相桜(いりあいざくら)」 です。現在の「入相桜」は二代目で、初代が折れた後、
     その根元から自生した桜です。初代は樹齢数百年といわれていた桜であり、昭和の初期に台風で倒れるまでは天然記
     念物に指定されていました。
b0093754_20513039.jpg
b0093754_20514799.jpg

     千年前、清姫が安珍を追いかけてきて安珍が隠れていた鐘楼ごと焼き尽くしたという伝説がありますが、鐘楼がこの場所に
     あったことが発掘調査により知られています。 焼けた土もこの桜の周りで出土しているようです。
b0093754_2052247.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-01-20 00:00 | | Comments(17)