カテゴリ:岡山の時鐘堂( 3 )

  和歌山便り

     和歌山県指定史跡・岡山の時鐘堂です。江戸時代中頃、五代藩主・徳川吉宗のとき、紀州藩によって設置されました。
     鐘楼は約6メートル四方の二階建てで、二階の大梁に梵鐘が吊り下げられています。 この鐘は藩士の登城や城下に
     時刻を知らせるためのもので、二人の番人によって管理され刻限ごとに鳴らされました。
b0093754_1755246.jpg
b0093754_1761113.jpg
b0093754_1764933.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

  
by youshow882hh | 2015-02-09 17:24 | 岡山の時鐘堂 | Comments(18)

  和歌山城公園散策

     1712年(正徳2年)、和歌山城の南側に隣接する小高い丘の上に、時の藩主・徳川吉宗の命により設置された鐘楼は、
     約6m四方2階建て。 建物の高さは8メートルを超え、2階の大梁に梵鐘が吊り下げられていて、藩政時代には時刻や
     非常事態を城下に知らせていました。
b0093754_22381459.jpg

     終戦3周年にあたる1948年(昭和23年)8月15日に現和歌山ユネスコ協会により「平和の鐘」打鐘会が開始されました。
     現在も毎年8月15日には平和への願いを心にこめて鐘を突く催しが行われています。
b0093754_223836100.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2012-11-29 23:00 | 岡山の時鐘堂 | Comments(8)

  岡山の時鐘堂(県指定文化財)と 「禁殺生」 の碑

  三年坂の南、小高い岡にある 「岡山の時鐘堂」 は、徳川吉宗が、第五代紀州藩主であった時代、
  正徳二年(1712年) に建立されたものです。
  本堂は、藩士の登城時や、刻限を城下に知らせるほか、出火などの非常事態を知らせる重要な施設で
  ありました。
  本堂は、約6メートル四方の二階建ての鐘楼で、二階の大梁に梵鐘がつり下げられています。
  12月31日の大晦日には、その年の年男が鐘を突いて来ました。
b0093754_046247.jpg
b0093754_0461455.jpg

  紀州初代藩主 徳川頼宣は、藩の儒学者 李 梅渓 (り ばいけい) に 領民を戒めるため
   「父母状」 を書かせました。
  右の写真の 「禁殺生」 の石碑も、鳥獣等の殺生を戒めるため、藩主が 李 梅渓に命じて書かせたと
  伝えられています。
b0093754_046302.jpgb0093754_0464040.jpg

    帰りには、素晴らしいお城が見ることが出来ます。        「禁殺生」の碑
b0093754_0465147.jpg

     人気ブログ ランキングに登録しました。
     クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ
by youshow882hh | 2006-07-11 01:16 | 岡山の時鐘堂 | Comments(16)