2017年 07月 17日 ( 1 )

  旧大村家住宅長屋門

     江戸時代末期に建築され、和歌山市堀止東にあった武家屋敷の「旧大村家住宅長屋門」が
     岡山丁の岡公園内に移築され、7月8日から内部が一般公開されました。
b0093754_22582682.jpg
b0093754_22583791.jpg

     長屋門は、紀州藩の家臣らの居宅として建てられ、長屋と屋敷の門が一体となっているのが特徴です。  
     間口約23メートル、奥行き約5メートル。瓦を壁に張り付けて継ぎ目をしっくいで塗り固めた「なまこ壁」
     が施されています。
b0093754_22584855.jpg

     7月15日(土)午後3時から、現地見学会が開かれました。
b0093754_22585934.jpg

     家紋の桔梗紋です。 大村家は、江戸後期には800石ほどの中級藩士だったことが知られています。
b0093754_232126.jpg
b0093754_2321190.jpg
b0093754_2322154.jpg

     昔の施錠のカンヌキです。
b0093754_233710.jpg

     畳の部屋は全部で6室あります。
b0093754_2331973.jpg
b0093754_2333099.jpg
b0093754_234034.jpg

     床は高く、70センチほどあります。    
b0093754_2341792.jpg
b0093754_2343194.jpg
b0093754_2344593.jpg

     和歌山城の忍者も応援に来て、参加者に冷茶をふるまっていました。
b0093754_2352346.jpg

     和歌山大学の一年生で、和歌山に来てまだ四ヶ月ほどと言ってました。
b0093754_2362954.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。


     7月16日(日)、狂犬病の予防接種を受けました。
b0093754_2348480.jpg

 
by youshow882hh | 2017-07-17 00:00 | 和歌山便り | Comments(14)