旅 行 記

      登別の地獄は、直径 450m、面積 約12ha の大きな爆裂火口の跡です。
b0093754_2340656.jpg
b0093754_23402262.jpg
b0093754_23403667.jpg

     北海道を代表する登別温泉は、自然湧出量 1日1万トン。 温度は45度~90度です。
     硫黄泉や食塩泉、鉄泉、明礬泉など世界的にも珍しい多種類の温泉が湧出しています。
     そして今宵の宿は、登別温泉の 「旅亭・花ゆら」 です。

b0093754_234135.jpgb0093754_23411644.jpg
b0093754_2341408.jpg
b0093754_2342987.jpg

     早速露天風呂へはいりました。 この露天風呂は、湧出口温度 69.3度、硫黄泉です。
b0093754_23422063.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-07-27 00:02 | | Comments(10)
Commented by yoas23 at 2007-07-27 10:18
温度が69.3度と言えば結構熱いですね。
水で薄めたら成分も薄くなるし、そのまま冷まして使ってるのでしょうか?
ちょっと気になるところです。
昨日も登場していましたが、赤鬼の像はあちこちにあるようですね。
ひょうきんさが好きです。
Commented by youshow882hh at 2007-07-27 12:24
yoas さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
湧出口温度が 69.3度もあれば、風呂の蛇口までの間に45度くらいまで
下がらないでしょうね。
しかしこの露天風呂を見ますと、夏なのにかなり湯気が上がってますね。
かなり温度が高いのかも・・・
鬼は、別府温泉にもありましたね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by usarabis at 2007-07-27 15:19
こんにちは♪
赤鬼って、すごくないですか!!ただでさえ恐いのに、
さらに大魔神になってるし。。。。

こんなすてきな宿で、のんびりしたいです♪
Commented by likebirds at 2007-07-27 16:53
ゆーしょーさん、こんにちは。
温泉が噴き出しているところは、本当に草も生えない地獄のような景色なのですね。
流れるお湯はとても綺麗なブルーなんですね!

緑に囲まれた静かな旅館ですね。
とても素敵な露天風呂!
温泉好きにはたまらないですね!(likebirds妻)
Commented by youshow882hh at 2007-07-27 19:43
usarabis さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
九州の別府温泉もそうでしたが、地獄の鬼は赤鬼と決まってますね。
青い鬼はまだ見たことがありません。 
どこかに居るのですかね。
ここの旅館も入り口からして純和数で落ち着ける宿ですね。
Commented by youshow882hh at 2007-07-27 19:58
likebirdsの奥様、こんばんは。コメント ありがとうございました。
地獄を流れる湯の色と、露天風呂の湯の色は、ほとんど同じ色をしていますね。
登別温泉の自然湧出量は 1日1万トンと言いますから すごい量ですね。
街中にあるほとんどの温泉は循環式なのに、掛け流しの風呂は気持ちがいいですね。
最近は、露天風呂がなければ温泉といえない時代になりましたね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by risaya-827 at 2007-07-27 20:24
こんばんは^^
爆裂火口って 凄いですねー^^
ニオイも凄そうだ!!!

お宿に入ったら、何を置いても露天風呂ですね♪
温泉は本当に素晴らしい~
花ゆら ってネーミングも素敵なお宿ですね^^
ポチポチッっと_〆(・・*)
Commented by youshow882hh at 2007-07-27 22:15
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
疲れた体を癒すには、露天風呂は最高ですね。
ゆったりと足を伸ばして瞑想に耽っていますと、疲れが飛んでしまいます。
宿の名前で 「花ゆら」 というのも珍しいですね。
私もいい名前だと思いますよ。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by 小池 at 2007-07-27 22:18 x
地獄の鬼は、なんとなく愛嬌があります、ぽち
Commented by youshow882hh at 2007-07-27 22:24
小池さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
別府温泉の鬼もこれ以上に愛嬌がありましたね。
一種の目印ですので、愛嬌よく作ってあるのでしょう。
ぽち! ありがとうございます。


<<   旅 行 記   旅 行 記 >>