長保寺 (ちょうほうじ)

      九代紀州徳川家藩主、徳川治貞(はるさだ)公の墓です。
b0093754_0174954.jpg

    名君の誉れ高い熊本藩の第六代藩主・細川重賢と並び、「紀州の麒麟、肥後の鳳凰」と
    賞された名君です。
b0093754_018134.jpg
b0093754_0181250.jpg

     最後は、紀州藩最後の藩主、第十四代徳川茂承公の墓へ行くことにします。
b0093754_0182311.jpg

     看板には、「慶応2年8月20日没す」 と書いていますが、これは誤りで、明治39年8月20日、
     江戸で逝去。享年63歳です。  明治2年に初代和歌山藩の知事になっています。
b0093754_0183736.jpg

     「武士たる者は、政府の援助など当てにしてはならない。自らの力で自立するものだ」 と
     10万円を供し 「徳義社」 を設立して窮乏の士族の援助育成に努めました。
     石段の向こうに見えているのが、第十四代徳川茂承公の墓の墓です。
b0093754_0185070.jpg

    足早で長保寺を一周し、大門へ戻り、帰りました。
    尚、第十三代藩主慶福公も、第十四代将軍・徳川家茂となり、東京の増上寺に祀られています。
b0093754_019128.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-06-30 01:06 | | Comments(9)
Commented by yoas23 at 2007-06-30 04:52
慶応2年 と明治39年では相当な開きがありますが、どういった間違いなのでしょうね。
2~3年の違いが普通かと思いますが・・・
生まれた年でも無いようですし・・・。

参道に転がっている木は風倒木ですかね?もう枯れているようですが・・・。
Commented by 栗梨 at 2007-06-30 08:28 x
おはようございます
今日は娘の中体連でいまから応援にいってきます。
「紀州の麒麟、肥後の鳳凰」すごい譬えですね始めて聞きました。
少し調べたんですがお二人とも立派な方だったみたいですね。
勉強になります。
Commented by youshow882hh at 2007-06-30 13:09
yoas さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
明治に入って初代の知事になっているのに、慶応2年死亡とはおかしいですね。
間違っているのに気づいて、ガムテープで貼った跡が残っていますが。
もう一度ガムテ-プを貼るか、書き直して欲しいですね。
4枚目は、朽ちた木が倒れたので、切ったのですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2007-06-30 13:27
栗梨さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
今日は休みなのですね。
それから、「熊本藩の第八代藩主・細川重賢」 と書きましたが、
ネットで調べましたら、第六代藩主・細川重賢 なのですね。
早速、訂正して置きました。
「鳳凰」 は分かりますが、「麒麟」 はどういう意味なのでしょう。
当時は、麒麟も偉い人の代名詞だったのでしょうか。
「紀麟公」 といわれ親しまれていたらしいです。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented at 2007-06-30 16:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by risaya-827 at 2007-06-30 20:02
こんばんは^^
なかなか名前が覚えられませんが
明治が出てきて少しずつ現代に近づきつつありますね^^
その当時の10万円という額は凄いのでしょうね?
ポチポチッっと_〆(・・*)
Commented by youshow882hh at 2007-06-30 23:20
2007-06-30 16:00 さん、こんばんは。
ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2007-06-30 23:25
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
私も歴史に弱いので、なかなか名前は覚えらrませんでした。
10万円ですが、私も思いました。
当時の10万円と言えば、今の10億円くらいかと。
いやいや、まだまだその上の価値がありそうです。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented at 2014-10-27 02:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<<   橘本神社 (きつもと じんじゃ)   長保寺 (ちょうほうじ) >>