長保寺 (ちょうほうじ)

    多宝塔の脇の小径を登って行くと 「鎮守八幡宮」と呼ばれた長保寺鎮守堂へ行くことが出来ます。
b0093754_083673.jpg
b0093754_09399.jpg
b0093754_091757.jpg

    重要文化財の長保寺鎮守堂です。 永仁3年(1295年)の建築で、一間社流造、桧皮葺、
    間口 1.34m、奥行き 2.4mの小さな社殿です。
b0093754_092944.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-06-23 00:26 | | Comments(10)
Commented by yoas23 at 2007-06-23 02:58
瓦葺の建物の中にあって桧皮葺はかえって目立ちますね。
小さいけど存在感があります。

緑の中、蝉の声が聞こえてきそうです。
Commented by youshow882hh at 2007-06-23 11:25
yoas さん、おはようございます。コメントありがとうございました。
この長保寺鎮守堂は、まさに 「山椒は小粒でもぴりりと辛い」 的な存在ですね。
この山では、まだうぐいすが ホーホケキョ と鳴いていましたよ。

ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by onsen771-2 at 2007-06-23 15:07
(o´・ω・`o)ノ゙ こんにちは
小さな社殿ですが存在感はしっかりありますね。


長保寺の釣鐘は60年過ぎた今ではさび付き昔のような音色は期待できないですよ。いまある吊り鐘で我慢すしかないですね。
゙(*・・)σ【】ランキングにぽちっとな♪
Commented by 葉山葉子 at 2007-06-23 16:56 x
夏でも涼しそうで、写真を見ているだけでも、気持ちが落ち着きそうです^^。
Commented by risaya-827 at 2007-06-23 21:35
こんばんは^^
ここだけ屋根が違うのは意味があることですか?
緑がいっぱいで涼しいだろうなー^^
ジッと蝉の声と風の音を聞いていたい感じがします。
ポチポチッっと_〆(・・*)
Commented by youshow882hh at 2007-06-24 01:03
かりんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
↑にも書きましたが、この社は、「小粒でもぴりりと辛い」 ですね。
さて、釣鐘の件ですが、今の釣鐘で辛抱するとしましょうか。
それで、めでたし めでたし ですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2007-06-24 01:07
葉山葉子さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
緑は目に優しくていいと言いますからね。
「フィトンチッド」 で、心がやすまりますね。
Commented by youshow882hh at 2007-06-24 01:14
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
鎮守堂はお社ですので、屋根が本瓦でなく、桧皮葺きになっているのですね。
この山道を歩いて、肺いっぱいに葉から発散するフィトンチッドを吸い込めば、
心が休まり穏やかな気持ちになるのですね。
本当に、風の音が聞こえて来そうです。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by みす at 2007-06-24 23:06 x
ごぶさたしています^^こんばんわ
私事ですが、最近結婚をし、大好きな和歌山を離れ大阪の平野に住んでいます。これまで以上に楽しく拝見させていただきたいなと思っています^^ 久しぶりにみせていただき、長保寺の記事だったのでうれしくなりました。母の実家が42号線を左折してから寺までの間にあり、祖父母のお墓が長保寺にあります^^最近、母とお参りにいきました。あじさいが綺麗に咲き、緑と青空、お墓からみえる海南市の景色はすばらしかったです。これからもたくさんの記事を楽しみにしています^^長保寺、いいですよね〜
Commented by likebirds at 2007-06-25 12:38
緑が茂る中に、ひっそりと佇む姿。
静かに手を合わせると、心が穏やかになりそうです。
とても小さい建物ですが、印象深いですね。(likebirds妻)


<<   長保寺 (ちょうほうじ)   長保寺 (ちょうほうじ) >>