長保寺 (ちょうほうじ)

     「小畑川に架かる長保寺橋を渡ると大門が迎えてくれます」 と、昨日書きましたね。 
b0093754_23422482.jpg

   国宝の大門です。 大門、本堂、塔、とそろって国宝である寺は、長保寺と奈良の法隆寺だけです。
b0093754_23423786.jpg

     目の前には緑鮮やかな桜に守られるかのようにして、風格のある大きな山門が建っています。
b0093754_23425038.jpg

     南北朝の代表的な大門です。 大門は、3間1戸楼門、入母屋造り、本瓦葺きで、
     1、2階とも組物は3手先、2階のみ尾垂木と支輪を入れ、軒を深く出しています。
b0093754_2343084.jpg

     大門に掲げられていた扁額は、妙法院二品堯仁親王の直筆とされ、表には 「慶徳山長保寺」、
     裏には 「妙法院宮御筆応永二十四年六月一日」 の刻銘があります。
     現在掲げられているのは、紀州徳川頼宣が、李梅渓に命じて模写させた扁額です。
     当初の扁額は、大門の附指定であり、寺に保管されています。
b0093754_23431156.jpg

       横から見た大門です。 右側が表です。 軒を深く出しているのがよく分かります。
b0093754_23432140.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


どちらもクリックして頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2007-06-15 00:02 | | Comments(15)
Commented by youshow882hh at 2007-06-15 02:54
こんばんは。 今, yoasさんのブログで、↓のように書いたコメントを送信しましたが、
三回とも拒否されてしまいました。何故でしょうかね。

「こんばんは。 ゆーしょーです。
そちらも梅雨にはいりましたか。
和歌山は、昨日14日は、一日中雨でしたが、今日15日は天気が回復するとか。
さて、しばらくの間、乗鞍が見えないのは寂しいですね。
もう、雪もほとんどなくなっているのでしょう?
田の稲の苗もかなり大きくなっていますね。
梅雨明けしての乗鞍が楽しみです。

余談ですが、ここへ入るのに2分ばかり掛かりました。
Comments をクリックして、書けるようになるまで30秒です。
この写真と同じサイズの人でも、すぐに入ることが出来ましたが、
yoas さんのところだけが重いのは何故でしょうか。
では、「送信」 をクリックします。」
                            以上です。
Commented by yoas23 at 2007-06-15 06:09
ゆーしょーさん、おはようございます。
私も昨夜同じようなことがありました。
午前0時過ぎに皆様の所にお邪魔したのですが、
表示の速度は色々で、なかなか入れないところもありました。
入ることが出来た所だけコメントを残しましたが、残りはこれからです。
まだまだ治ってはいませんね。

何時もの風景は先日雲が湧いたのを紹介しましたが、
梅雨明けになるともっと大きな入道雲がかかります、
これぞ「夏!」という一枚を載せたいです(^^♪
Commented by ikkikurisan at 2007-06-15 07:26
おはようございます。 今日も青空で散策と勉強です。(今日は雨かな?)

今日はさらさらと画像が現れて、見る事が出来ました。
きっとサーバーも増強したのでしょうね。 ストレスを感じません。^^
ポチも早いですよ(笑)      ダブルポチ!!
Commented by 117k at 2007-06-15 11:10 x
ご無沙汰してます。
今度は長保寺にかわってますね。今日はゆっくり見学して
帰ります。和歌山は奥がふかいですね。
Commented by likebirds at 2007-06-15 15:34
長保寺というお寺は知りませんでした。でも法隆寺と長保寺だけが大門本堂、塔がそろって国宝に指定されてる、とても由緒あるお寺なのですね。

風雪に耐えた太い柱の大門は、門でなくて建物のように大きくて立派ですね。
軒の下の木は、幾重にも組み上げていて、まるで木細工のようですね。
青い空と、緑の木々に囲まれてとても美しいですね。(likebirds妻)
Commented by onsen771-2 at 2007-06-15 18:14
σ(・・*)の感じじゃ~まだ100%直っていないエキサイトです。
゙(*・・)σ【】ランキングにぽちっとな♪
Commented by jiiyasan at 2007-06-15 20:55 x
こんばんは  ゆーしょーさんへ  
はじめてコメントします 明日香の先生からjiiyasanの名前をいただき、いろいろ教えてもらっています。  私にとって長保寺は、思い出深いところです。 若いときに下津に勤務したことがあり、何度も訪れたところ。  
桜の頃には毎年のようにグループで花見酒を飲みに行っていました。
 それにしても立派な道路が出来ているのですね。時代の移り替わりを痛感しました。
Commented by risaya-827 at 2007-06-15 21:33
こんばんは^^
緑の綺麗な桜に目隠しされた感じの大門は風格があって素晴らしい☆
横から見ても緑に囲まれた感じですね?
ゆーしょさんの画像から落ち着きもある素晴らしさが良く伝わってきますよ♪
ポチポチッっと_〆(・・*)
Commented by youshow882hh at 2007-06-15 23:15
yoas さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
昼はサクサク入りやすかったのですが、この時間帯は、開く、ログイン、コメント、
みんな重いです。
今日は、2台のパソコンを、またまたメモリー増設して、512MB×2 にしました。
1GBにしたら昼は本当にサクサクでしたが・・・
エキサイト、まだまだ直っていませんね。

さて、乗鞍に大入道雲ですか。素晴らしい絵になるでしょうね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2007-06-15 23:25
ikkikurisan さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
↑にも書きましたが、今日は、午前中も昼からもサクサクでしたが、
今の時間帯はとても重いです。
やはり、まだ完全に直ってませんね。
こちらは今日、天気が回復して、暑くなりました。
ブログの長保寺は、快晴です。 ゆっくり散策して下さい。
ダブル・ポチ! ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2007-06-15 23:34
きょうちゃん、こんばんは。コメントありがとうございました。
昨日から、長保寺の連載になっています。
粉河寺もよかったですが、この長保寺は、見所が満載しています。
何せ、大門、本堂、多宝塔が皆国宝なのですから。
時々見に来て下さいね。
Commented by youshow882hh at 2007-06-16 20:06
likebirds の奥様、こんばんは。コメントありがとうございました。
昨夜は、コメントのお返事を苦労しながら書いていましたが、
とうとう動かなくなってしまいました。それで、途中まで書いて打ち切ってしまいました。
今夜もなりはしないかと、今、書いています。

長保寺の歴史は古く、徳川時代になってから、紀州の徳川藩の菩提寺になりました。
初代の徳川頼宣公は、和歌山から15kmも離れているのに、三方が山に囲まれている
ここ長保寺を菩提寺にしたのです。
万一の時は、天然の要塞になりますからね。
大門は、さすが国宝になるくらいですので、立派な建物ですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2007-06-16 20:12
かりんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
エキサイトの調子が、朝とか昼はいいのですが、私がゆっくり落ち着く深夜になると
ほとんど動かなくなってしまいます。
今夜もなりはしないかと、今から心配しています。 更新が出来ないからね。
ぽちっとな♪ ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2007-06-16 20:23
jiiyasan さん、こんばんは。初めてのコメントありがとうございました。
jiiyasan さんのニックネイムは、asukaの先生が付けたのですか。
いいニックネイムだと思いますよ。 さすがに先生ですね。
じいやさんは若い頃、下津にお勤めしていたのですか。
下津には、有名な石油会社がありますからね。
国道から、長保寺まで、立派な道路が付きましたね。
私もこれで3回目の長保寺訪問ですが、前に行った時は、細い道だったように思います。
Commented by youshow882hh at 2007-06-16 20:36
理彩也さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
昨夜は悪戦苦闘、コメントのお返事を途中で諦めてしまいました。
困ったものです。 今夜も深夜になればトラブル発生しないかと今から心配です。
桜の緑に覆われて、大門はほとんど隠れてしまいました。
しかし、みどりに覆われた大門も、またいいものですね。
理彩也さんから、写真をお褒め頂き、うれしいです。 ありがとう。
毎日のポチポチッっとも、ありがとうございます。


<<   長保寺 (ちょうほうじ)   長保寺 (ちょうほうじ) >>