新和歌浦から雑賀崎へ

     番所の鼻から紀伊水道を望み、北側の風景を眺めながら帰りました。この岩も紀州青石ですね。
b0093754_013756.jpg

       万葉時代に大和の都から天皇がお供の宮廷人公家たちと和歌浦に行幸された折、
       藤原卿がこの番所庭園の北側に広がる海 「雑賀の浦」 の漁火を見て詠まれたと
       言われる次の歌はあまりにも有名です。
b0093754_0132845.jpg

   紀の国の 狭日鹿(さひか)の浦に 出で見れば 海人(あま)の燈火(ともしび) 波の間ゆ見ゆ
b0093754_0134167.jpg
b0093754_0135565.jpg
b0093754_01471.jpg

     人気ブログ ランキングに登録しました。
     クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ
by youshow882hh | 2006-12-15 00:40 | 和歌の浦 | Comments(10)
Commented by 理彩也 at 2006-12-15 09:06 x
おはようございます^^
しかし、何回見ても雄大な景色がいっぱいですねー♪
それに理彩也も知っている歌が詠まれている場所なんです^^
これは嬉しいかも?
って、有名な歌だものね^^; (笑)
ポチポチ☆
Commented by 117k at 2006-12-15 09:54
百人一首にあったでしょうか・・何時も下の句しか頭に入らなかったのですが・・頭に残っているのですが・・・
Commented by ikkikurisan at 2006-12-15 11:58
今日も素敵な景色を眺めています。

ダブルポチ !
Commented by youshow882hh at 2006-12-15 12:14
理彩也さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
ここ番所の鼻は長く突き出ていますので、左、前方、右、と180度以上の
雄大な海の景色を眺められます。
この有名な歌ですが、理彩也は知ってられたのですね。嬉しいです。
ポチ・ポチ、ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2006-12-15 12:26
117kのきょうちゃん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
百人一首には、この歌はないようですね。ただ、下の句によく似たのがありますね。
上の句は、紀の国だけしか通用しませんが、下の句はどこへ持っていっても通用しますね。
Commented by youshow882hh at 2006-12-15 12:32
ikkikurisanさん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
素敵な景色を眺めて頂き、私も嬉しいです。ブログを続ける意欲が湧いてきます。
番所の鼻は今日でお終いです。
明日からは、自動車道を通って帰ります。
いつものダブル・ポチ、ありがとうございました。
Commented by onsen771-2 at 2006-12-15 17:38
こんばんは o(^-^ o )
有名な歌~この海を見れば確かに読みたくなりますね。

6&1でしたよ。
今日は癒し気分で景色を見させていただきました。
再度、詳しい撮影の仕方をありがとうございます。分かりやすくて助かります。実行してみますね。
Commented by yoas23 at 2006-12-15 19:39
こうして色々紀州の名所を見せて頂いていますが、
何と言っても海があるのが良いですね。
飛騨は海が無いので憧れです。
それに凪いだ風景が余計に羨ましく感じられます。
裏日本が吹雪いている時もポカポカ陽気なのでしょうね。
Commented by youshow882hh at 2006-12-15 21:52
かりんさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
万葉の昔は、このような家やエントツが無かったので素晴らしい景色に見えたのでしょうね。
かりんさんの住んでいる所にも、立派な山や海がありますが、この番所は、
鼻のように突き出ていますので、海を見張るのに最適な場所ですね。
この海を眺めて少しでも癒しになれば私も嬉しいです。
ポチ・ポチ、ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2006-12-15 22:04
yoasさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
岐阜、長野、群馬、山梨、埼玉、栃木など、日本列島の幅が広くなっているところは
海に面していないので、海をあこがれますね。
昔の、大和朝廷も海がなかったので、紀州の海にあこがれたと言います。
日本海の海の色と、太平洋の海の色はかなり違いますね。
日本海を見ていますと、寒々した感じを抱くのは、私だけではないでしょうね。


<<   新和歌浦から雑賀崎へ   新和歌浦から雑賀崎へ >>