新和歌浦から雑賀崎へ

     新和歌浦のシンボル、蓬莱岩へご案内します。
     天満宮や東照宮前からバスに乗り、5分ほど行った所のバス停「蓬莱岩」で下車。
b0093754_093574.jpg

       海岸まで降りて行くと磯があり、名草山を望むことが出来ます。
b0093754_095843.jpg

       その名草山の左に見えるのが、新和歌浦のシンボル、蓬莱岩です。
b0093754_010978.jpg

       この蓬莱岩は奇岩と言われ、観光案内には必ず紹介されています。
b0093754_0101974.jpg

     人気ブログ ランキングに登録しました。
     クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ
by youshow882hh | 2006-12-07 00:38 | 和歌の浦 | Comments(18)
Commented by 栗梨 at 2006-12-07 07:26 x
おはようございます。
海の写真を見ると、なんか落ち着きます^^
蓬莱岩もすごい形してますが、なぜか岩の先端で、釣り糸をたらしたくなりますね^^。
Commented by yoas23 at 2006-12-07 07:48
二つの岩が重なったのか、一つの岩に穴が開いたのか・・・。
いずれにしても珍しいですね。
よく、眼鏡岩とか言うのもありますが、能登には窓岩と言うのがあります。
このあたりも潜ればウニとかサザエとかいるのでしょうか?
Commented by youshow882hh at 2006-12-07 10:14
栗梨さん、おはようございます。コメント ありがとうございました。
蓬莱岩付近は、磯といいながらもまだ水深が浅いので、これからご紹介して行きます タイトルの
「新和歌浦から雑賀崎へ」 の雑賀崎へ向かって行くとたくさんの釣り場があります。
Commented by 117k at 2006-12-07 10:19
お早うございます。
蓬莱岩ですね。波の力はすごいですね。
芸術を感じます。
Commented by youshow882hh at 2006-12-07 10:29
yoas23さん、おはようございます。コメント ありがとうございました。
蓬莱岩は一つの岩に穴が開いているのですね。
明日は、近くからの写真を載せますから分かると思います。
「眼鏡岩」 は、あちこちの海岸でよく見かけますね。
「眼鏡岩」の中を観光船がくぐり抜けたりしますね。
この蓬莱岩付近は、水深が浅いのでウニとかサザエはありません。
もう少し西の方へ行きますと、段々と水深がふかくなりますので、
そこにはアワビやガンガラがたくさんあります。
私も20歳代の頃、よく父とアワビを採りに行きました。
Commented by youshow882hh at 2006-12-07 10:33
117kのきょうちゃんおはようございます。コメント ありがとうございました。
蓬莱岩は、長い年月をかけて、風や波でこのような形になったのでしょうね。
この岩は、新和歌浦のシンボル的な存在です。
Commented by saito at 2006-12-07 11:30 x
海のある町並み落ち着いていていいですね~
蓬莱岩なんともいい形ですね、昔大きな水槽で熱帯魚を飼っていて水槽に入れる岩や流木などいい形の物を探し回っていたので今でも木や岩などいい形のを見ると眺めてしまいます。
最後の絵青空の雲の流れと蓬莱岩綺麗です。
Commented by youshow882hh at 2006-12-07 12:02
saito さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
私も長い間金魚を飼っていました。中へ入れる石を3つで鳥居の形にしたり、
金魚店で出来合いの岩を買ったりしました。岩の上に赤い鳥居もありましたね。
最後の写真をお褒め頂き、ありがとうございました。
流れるような雲は、飛行機雲ですね。
Commented by onsen771-2 at 2006-12-07 16:05
(o^-')oこんにちは
和歌浦の見所を楽しみ訪問~

新和歌浦のシンボル、蓬莱岩は何か伝説はないでしょうか?
ここまで立派な向こう景色がみえているので・・
「大昔、弁慶と●が戦った際に反れた剣が岩をささなど・・・
または、この穴を夫婦で通れば子宝に恵まれるなど・・何かありそうですね。」
北海道では直ぐにこのような伝説が生まれます。

8&1でしたよ。
Commented by youshow882hh at 2006-12-07 16:41
かりんさん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
残念ながら新和歌浦の蓬莱岩には伝説はないですね。聞いたことがありません。
北海道では まことしやかな伝説が生まれるのですね。
いろいろなことを想像するだけでも楽しいですね。
ポチ! ありがとうございました。
Commented by likebirds at 2006-12-07 18:39
不思議な形の岩ですね。左上の松ノ木がアクセントですね。
海水と波に侵食されたのでしょうか?
青い空をバックにすると、穴の向こうに素敵な世界があるように見えてきますね。
ずっと見ていても飽きない不思議な魅力がありますね。(likebirds妻)
Commented by risaya-827 at 2006-12-07 18:49
こんばんは^^
不思議な形=奇岩なのでしょうね^^;
何か伝説がありそうな感じですが ないのですか?
それも珍しいかなー?
岩と岩が支え合って居るようにも見えますね?
ポチポチっと☆ (^^)
Commented by NIKON∞ at 2006-12-07 20:34 x
今晩は。3枚目のお写真がいいなあと思います。蓬莱岩っていうんですか?海面のやんわりした波がいいですね。
Commented by ikkikurisan at 2006-12-07 22:37
今晩は~ 蓬莱岩は確かに珍しいですよ。 
風、波、自然の力は凄いですね。

ダブルポチ !
Commented by youshow882hh at 2006-12-08 01:36
likebirds奥様 こんばんは。コメント ありがとうございました。
この左上の松ノ木は私の若い頃からあります。
岩ばかりの所で、枯れないものだと感心しています。
「蓬莱」。中国では仙人の住む山ですね。それにちなんで蓬莱岩と呼ぶようになったのでしょうか。
私の好きな撮影場所のひとつです。
Commented by youshow882hh at 2006-12-08 01:44
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
新和歌浦一の奇岩なのにこれといった伝説は聞いたことがないですね。
遠くから見れば、岩と岩が支え合って居るようにも見えますね。
明日の写真で一枚岩であるところをお見せします。
中に穴が明いているのが不思議ですね。
ポチ!、ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2006-12-08 01:48
NIKONさん こんばんは。コメント ありがとうございました。
3枚目の写真を気に入って頂きありがとうございます。
撮影に行ったときは、波も無く海は穏やかでしたよ。
Commented by youshow882hh at 2006-12-08 01:51
ikkikurisanさん こんばんは。コメント ありがとうございました。
自然の力でこれだけのものが出来るのはすごいの一言ですね。
ダブル・ポチ、ありがとうございました。


<<   新和歌浦から雑賀崎へ   和歌浦天満宮 >>