和歌浦天満宮

           天満宮の手水は牛です。牛の体に水の出る穴があるのがお分かりでしょうか。
b0093754_0514122.jpg

    本殿は、桃山時代独特の華麗な建築方を発揮せるもので、国の重要文化財となっています。
b0093754_0515138.jpg

     現在の社殿は、天正13年(1585)に豊臣秀吉の紀州攻めの際焼失したものを、慶長11年
     (1606)に紀伊藩士浅野幸長が再建させたもので、狩野派・土佐派による極彩色の装飾が
     施されているそうです。
b0093754_052086.jpg

         また、桁行五間、梁間二間、一重入母屋造りとなっています。
b0093754_0521396.jpg

              この牛、面白い顔をしていますね。
b0093754_0522215.jpg

     人気ブログ ランキングに登録しました。
     クリックしていただければうれしいです。
      人気blogランキングへ
      人気ブログランキング・ランブロ
by youshow882hh | 2006-12-05 01:23 | 和歌の浦 | Comments(20)
Commented by nikon_k at 2006-12-05 04:20
今晩は。Nikon∞です。牛の手水というのは珍しいですね。狩野派・土佐派という言葉,懐かしいです。秀吉の紀州攻めというのは知りませんでした。宗教勢力には厳しくあたったようですけどね。どのお写真も,とても味わいのあるものばかりで,感銘を受けました。ありがとうございます。
Commented by yoas23 at 2006-12-05 08:54
神社の手水鉢といえばこちらでは龍と相場が決まっているようなもの、
天満宮ではやはり牛ですか。
他にも何処と無く天満宮には独特の造りがあるようにも思われます。
牛の顔、ちょっとひょうきんですが、よく見ると口に小さな穴が開いています。
ここから水が出るのですか?。
Commented by ikkikurisan at 2006-12-05 09:28
おはようございます。 今日も朝の散策を楽しみました。
牛の顔を見て笑いましたが、和やかな感じもしますね。

ダブルポチ !
Commented by 117k at 2006-12-05 09:43
お早うございます。
牛さんに見守られて・・何人の方がお参りに
来られたんでしょうね。ご利益ありますね。
Commented by 栗梨 at 2006-12-05 10:02 x
おはようございます。
愛きょうがある可愛い牛ですね^^
知らないことばかりで、歴史の勉強になります。
Commented by saito at 2006-12-05 10:52 x
こんにちは、和歌浦天満宮も牛ですか、京都の北野天満宮も牛がありました。
天満宮は牛が多いのでしょうか、何で牛?と思ってしまいます。
Commented by youshow882hh at 2006-12-05 10:59
NIKONさん、おはようございます。コメントありがとうございました。
さすがに天神さんだけに、手水が、牛の体から出てきます。
秀吉の紀州攻めは有名で、根来寺の焼き討ち、太田城の水攻めは特に有名です。
いつも、写真をお褒め頂き、ありがとうございます。
Commented by onsen771-2 at 2006-12-05 17:09
(o^-')oこんにちは
8&1に上がってました。一安心です。
牛さんいい顔をしてますね。しっかり水穴も確認できましたよ。
Commented by youshow882hh at 2006-12-05 22:41
yoas231さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
牛は、天神様のお使い、あるいは守り神と言われています。
道真公の生まれたのが、丑年であったとも言われています。
本家の、大宰府天満宮にも牛がありますね。
さすがyoasさん。牛の胴体に穴があるのよく分かりましたね。
おっしゃる通り、ここから手水が出るようになっています。
Commented by youshow882hh at 2006-12-05 22:44
ikkikurisanさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
今日は、境内の散策ですので疲れませんよ。
牛は、天神様の守り神で、おだやかな顔をしていますね。
ダブル・ポチ。ありがとうございました。
Commented by youshow882hh at 2006-12-05 22:48
117kのきょうちゃん、こんばんは。コメントありがとうございました。
道真公は、学問の神様ですので、2~3月の受験期には、親子で賑わいますよ。
絵馬がその証拠ですね。
Commented by youshow882hh at 2006-12-05 22:50
栗梨 さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
このブログで少しでも勉強になれば幸せです。
私も、勉強になりましたよ。
Commented by youshow882hh at 2006-12-05 22:52
saito さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
↑にも書きましたが、本家の、大宰府天満宮にも牛がありますね。
また、牛は、天神様のお使い、あるいは守り神と言われています。
道真公の生まれたのが、丑年であったとも言われています。
Commented by youshow882hh at 2006-12-05 22:55
かりんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
皆様のお陰で、今日は、8&1に上がりました。ありがとうございます。
牛の胴体に手水の穴があるのがよく分かりましたね。
ポチ・ポチ ありがとうございました。
Commented by risaya-827 at 2006-12-05 23:04
こんばんは^^
牛さんが一役買っているのですね(笑)
背中に手水の穴が・・・? (・・ ))キョロ(( ・・)キョロ
チョット可愛いから実際に見てみたい^^ 
Commented by poopedout at 2006-12-05 23:05 x
う~ん 牛はいい顔だね、珍しい。
他のblog プロもいるんでしょうが、写真負けてませんね^^
大変でしょうが、がんばってください。
Commented by 小池直行 at 2006-12-05 23:42 x
なるほど、牛と天神様は付き物だったんですね、ぽち
Commented by youshow882hh at 2006-12-06 02:23
理彩也さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
手水に牛とは考えたものですね。
可愛い顔をしているでしょう。 ここ天満宮は、楼門からの眺めもよく、いいですよ。
Commented by youshow882hh at 2006-12-06 02:28
poopedoutさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
写真は昔からしているのですが、機動力がなくなります。
やはり、プロにはかないませんが、頑張ります。
Commented by youshow882hh at 2006-12-06 02:29
小池直行さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
牛と天神様の意味、お分かりになりましたね。
ポチ、ありがとうございました。


<<   和歌浦天満宮   和歌浦天満宮 >>