蓬莱岩の付近を歩く

     蓬莱岩から見るホテル萬波(まんぱ)の建物と、今は廃墟になった水族館跡です。 (下のレンガのところ)
     大正時代から昭和初期にかけての水族館とのことです。
b0093754_20293865.jpg

          50数年前の正月(昭和38年)に撮影しました。 この写真は10年ほど前にも載せています。
b0093754_20325197.jpg
b0093754_20343565.jpg

     新和歌浦から雑賀崎に続く県道です。 昔は欄干の歩道沿いに露天の店が並び、大勢の人で賑わっていました。
b0093754_20352626.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2017-02-03 00:00 | 和歌の浦 | Comments(18)
Commented by チップママ at 2017-02-03 06:54 x
おはようございます。

水族館、廃墟になったんですね。
昔は賑やかだったんでしょうね~♪
淋しいですね✩
Commented by 里山コウ at 2017-02-03 09:32 x
おはようございます。

大正時代の建造物の一部分が残っているのですね、
2枚目の写真五十数年前の写真をきちんと整理して
分かるようになっているのですね。
これは、奥様ですか、モデルさんですか、
とても美人の方です。
Commented by こた母 at 2017-02-03 10:17 x
そんな時代から、水族館があったんですね!
レンガの色褪せに、時代を感じます。
綺麗な女性は、どなたかな?
いいお写真ですね♪

Commented by 阪南市テクノ森田 at 2017-02-03 10:19 x
ホテル萬波のテラスで景色を見ながらコーヒーを飲みました
絶景でした
でも寂しげでしたね
陛下がお泊りになられたホテルも廃業されているようで
ロープウェイもあったそうですね
Commented by c.tatsumi at 2017-02-03 11:06 x
レンガ作りのトンネル??・・・水族館跡だったのですねえ・・・・
知らなかつたで~す。お正月には、奥さんと一緒に出かけたのですねぇ…
 雑賀崎に行く県道・・通った記憶・・・
が、ないので~ す。
Commented by 故郷の廃家 at 2017-02-03 11:11 x
新和歌浦の水族館は、youshowさんの最後の写真にある欄干の歩道の左、トンネルの手前を下に下りたところにあり、小学校のころ(昭和30年代中頃)行ったことがあります。
『きのくに風景讃歌』の「昭和35年頃の和歌浦」の絵葉書に写っている水族館で、新和歌浦の水族館はこれ以外にないと思っていました。

萬波の下に水族館があったとは、…。貴重な情報有難うございました。
Commented by youshow882hh at 2017-02-03 20:20
チップママさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、この水族館は、開館しないままに終わってしまいました。
その名残が未だに残っています。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-02-03 20:26
里山さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、大正時代から昭和にかけて工事をしたそうですが、
結局、開館せずに終わってしまったそうです。
2枚目の写真は、昭和38年の正月に、家内と
新和歌浦へ遊びに行った時の写真です。
この頃は、正月といえば着物を来ていました。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-02-03 20:30
こた母さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、大正時代から工事にかかったそうですが、
結局、日の目を見ずに終わってしまいました。
そしてそのままに、未だに残っています。
2枚目の写真は、昭和38年の正月に、家内と
新和歌浦へ遊びに行った時の写真です。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-02-03 20:35
森田さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
そうでしたね。
ホテル萬波のテラスで、景色を眺めながらコーヒーを飲んだのですね。
昭和天皇がお泊りのホテル、新和歌浦観光ホテルですが、
今は廃業しています。
しかに、この日に前を通ったら、女性が掃除をしていました。
ロープウエーに何回も乗っています。
Commented by youshow882hh at 2017-02-03 20:41
tatsumi さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
このレンガの建物は、見たことがあるでしょう。
結婚したころ、正月には日前宮、紀三井寺、和歌の浦などへ
よく行ったものです。
新和歌浦から雑賀崎までの県道は、くねくねした道で
危険です。
昔、プロ野球の南海の選手が、ハンドルを切り間違えて
道から転落し、死亡したことがあります。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-02-03 20:48
故郷の廃家さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
故郷の廃家さんが仰る水族館とは、昭和35年ころに建てられた
平屋建ての新和歌浦水族館ですね。
その水族館は、私には余り思い出がないのです。
この写真のホテル萬波の下の水族館跡は、大正時代から
昭和はじめにかけて工事をしたそうですが、結局
開館せずに終わったしまったそうです。
Commented by likebirds at 2017-02-03 21:13
ゆーしょーさん、こんばんは。
ホテル萬波は、現在も営業しているんでしょうか?
海を望む眺望のよいホテルですね。
赤いレンガの建物は、水族館跡ですか!
レトロな雰囲気で、ちょっと物寂しさを感じます。

50年前のお写真、美しい奥様の後ろの建物が水族館ですね。
小窓がたくさんあって素敵な建物だったのですね。

懐かしい風景なのですね。
ぽち!
(likebirds妻)
Commented by ☆あこ☆ at 2017-02-03 22:22 x
そんな昔に水族館があったのも愕きです!
昔の貴重なお写真を見せていただきありがとうございました。
着物美人の女性は、ゆーしょーさんのご家族ですか?
Commented by よっちん at 2017-02-03 23:21 x
賑やかだった時代の
和歌の浦を知りません。

働くようになって職場の旅行で
新和歌の浦に行ったのが30年近く前でしたが
もうかなりのホテルが閉館でしたね。
大阪からだと一泊旅行で
美味しい魚を食べるには手ごろな距離なんですが…

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2017-02-04 11:36
likebirdsの奥様、こんにちは。コメントありがとうございました。
新和歌浦の旅館は、ほとんど閉鎖してしまいましたが、
ホテル萬波だけは今でも営業しています。
上にコメントをしている 「 阪南市テクノ森田」 さんが、
去年、ホテル萬波でコーヒーを飲んだと言ってました。
窓から見る和歌浦湾の景色が素晴らしかったとも。
赤いレンガの建物は水族館跡なのですね。
ここへ来ると、50年前に家内と来たのを思い出しました。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-02-04 11:39
あこさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
大正時代から水族館を造っていたのですね。
当時はすごく賑わってましたから、そのような
発想もあったのでしょう。
着物の女性は愚妻なのです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2017-02-04 11:46
よっちんさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
そうですね。
よっちんさんの年齢なら賑わっていたころの
新和歌浦を知らないでしょうね。
大阪から一泊旅行のお客さんが多かったです。
息子が小学生の時、新和歌浦の岡徳楼で、
将棋のタイトル戦があり二人で見に行った時は
まだ賑わってました。
新和歌浦に天然温泉があれば、今ほども
衰退してなかったと思います。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   おっとっと広場   蓬莱岩の周辺を歩く >>