和歌の浦

     和歌の浦の風景です。左からあしべ橋、新和歌浦旅館街、観海閣と海禅院多宝塔、展望台がある高津子山です。
b0093754_2038419.jpg
b0093754_20385742.jpg

     紀州初代藩主・徳川頼宣公が慶安年間に、木造の水上楼閣として妹背山の海辺に建立しました。
     昭和36年の第二室戸台風で流出した後、昭和38年にコンクリートの建物として復元されました。
b0093754_20395752.jpg

     和歌山市の名勝和歌浦にある 「あしべ屋妹背別荘」 です。
b0093754_20412229.jpg

     約35ヘクタール、県内最大級の規模を誇る片男波干潟です。
b0093754_20414011.jpg
b0093754_2041484.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-02-26 00:00 | 和歌の浦 | Comments(14)
Commented at 2016-02-26 07:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こた母 at 2016-02-26 09:22 x
映り込みが、綺麗ですね♪
水上楼閣は、第二室戸台風で、流出しちゃった
んですね~。
コンクリなら、大丈夫かな?
ラストのお写真は、水墨画のようです♪

Commented by c.tatsumi at 2016-02-26 09:57 x
和歌浦へ行った時、この水上桜園に寄りますねぇ・・・
ここに入るとホッとするので~す。 和歌山は、海あり
山あり・・・祖母が、使っていた「○○のし」の言葉などから・・・
のんびり??さを 感じま~す。昨日の朝・・バソコンの調子が悪く
そちらに移っていると思っていなかった。   
Commented by youshow882hh at 2016-02-26 10:14
チップママさん、おはようございます。コメントありがとうございました。
来月、どこかへ旅行でもされるのですか?
時間があれば応援にだけでも来て下さいね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-02-26 10:22
こた母さん、おはようございます。コメントありがとうございました。
はい、干潟への映り込みがきれいでしょう?
観海閣は、私が結婚した昭和36年の第二室戸台風で倒壊しました。
この時は不老橋も遣られましたね。
とにかくこの台風は大きかったです。
頑丈なコンクリートは良いのですが、趣がありませんね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-02-26 10:25
tatsumi さん、おはようございます。コメントありがとうございました。
観海閣へははいったことがあるのですね。
中はだだっ広いコンクリートの床でしょう。
昨日は2回もコメントがありました。
2回とも反映してましたよ。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by 里山コウ at 2016-02-26 11:06 x
おはようございます。
美しい和歌の浦の風景。
この美しい風景を望む水上楼閣、徳川の時代を
想像してしまいます。
美しい風景を保存されてきたのですね。
Commented by よっちん at 2016-02-26 21:05 x
大相撲に「片男波部屋」という
名門部屋がありますが
ここの片男波と
何か関係があるのですかねぇ…

応援ぽち
Commented by likebirds at 2016-02-26 21:34
ゆーしょーさん、こんばんは。
和歌の浦の風景は本当に美しいですね。
由緒ある建物が水面に映って、別世界のように浮き出て見えます。
あしべ橋は遠くから見てもとても素敵ですね。
本当に素晴らしい景色に見とれます。ぽち!
(likebirds妻)
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2016-02-26 21:39 x
私がケーブルカーのようなものと言うのは残骸でしょうか

何か建物のようなものでした

すいませんよく分かってないですね

萬波の駐車場付近から見上げた辺りです
Commented by youshow882hh at 2016-02-26 21:49
里山さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
和歌の浦は和歌山市の南部にあり、わが家から車で20分ほどの
ところですが、いつ行ってもその美しい景色にほれぼれします。
紀州初代藩主・徳川頼宣公が、慶安年間に木造の水上楼閣を建てたのですが、
それがまたよく和歌の浦とマッチするのですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-02-26 21:55
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
片男波部屋ですが、初代・片男波が四股名として名乗っていたもので、
その由来は定かではないそうです。
和歌の浦の片男波とは関係ないでしょうね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-02-26 22:18
likebirdsの奥様、こんばんは。コメントありがとうございました。
実は午前中のこの位置からの撮影は初めてなのです。
この場所へ来たのも初めてなら、何時もは午後からしか
撮影に行かない和歌の浦へ、午前中に行くのも滅多にないのです。
だから私も今日の写真は新鮮に写ります。
あしべ橋ですが、明日はそのあしべ橋を載せる予定です。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-02-26 22:23
森田さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
萬波の駐車場から眺めたというのなら、もしかしたら
山頂までついていたケーブルカーの上りの駅跡かも知れませんね。
私はそれには気付きませんでしたが、次に行った時に見てみます。
ありがとうございました。


<<   和歌の浦   和歌山便り >>