日帰りの旅

     本堂の西側に 「護摩堂」 が建てられています。 弘化4年(1848年)の建築といわれ、意匠を凝らした幕末期の
     意欲作として評価されています。
b0093754_20505467.jpg
b0093754_20511012.jpg

     「護摩堂」の南側に植えられている 「入相桜(いりあいざくら)」 です。現在の「入相桜」は二代目で、初代が折れた後、
     その根元から自生した桜です。初代は樹齢数百年といわれていた桜であり、昭和の初期に台風で倒れるまでは天然記
     念物に指定されていました。
b0093754_20513039.jpg
b0093754_20514799.jpg

     千年前、清姫が安珍を追いかけてきて安珍が隠れていた鐘楼ごと焼き尽くしたという伝説がありますが、鐘楼がこの場所に
     あったことが発掘調査により知られています。 焼けた土もこの桜の周りで出土しているようです。
b0093754_2052247.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2016-01-20 00:00 | | Comments(17)
Commented by 鉄砲玉 at 2016-01-20 06:21 x
焼けた土の発見により安珍と清姫の物語が現実化して来ましたね。
火の無い所に煙は立たぬの諺通りでしょうか・・・
若しも単に焚火の後であれば枯葉を集めて焼いたのでしょう。
いずれにしても焼かれた物が何であるかは調べれば判ると思いますが、
判らない方が夢があって良いでしょうね。
Commented by チップママ at 2016-01-20 06:34 x
おはようございます。

樹齢数百年の天然記念物が折れてしまって残念でしたね♪

Commented by c.tatsumi at 2016-01-20 09:55 x
入相桜の木の大きさにびっくりで~す。
花の咲いている時は、見事でしょうねぇ・・・
七不思議を辿って行くのも 面白そう??・・・
Commented by kuni at 2016-01-20 09:56 x
由緒あるいい風景です。
居ながらにして、いい思いをさせてもらいました。
Commented by こた母 at 2016-01-20 10:02 x
意匠を凝らした幕末期の意欲作!
うんうん、まさにそんな感じ!
屋根も美しいですが、下の部分にも特徴がありますね♪
観光客の方、半袖ですね~。
暖かい日だったのかしら?
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2016-01-20 10:52 x
ここに鐘楼があったのですね

安珍を追いかける大蛇の化け物になった清姫

火を噴きながらでしたね

絵解き説法の絵を思い出しました
Commented by shuttle at 2016-01-20 16:59 x
youshowさん

2代目と言う「桜の老木」、立派な枝振りです。「安珍清姫」の話は有名ですが、まさか実話では無いでしょう。
この老木の場所にあった焼け土は、単なる何かを燃やした跡でしょうね。
Commented by よっちん at 2016-01-20 20:38 x
正月頃の暖かさが
まるで嘘のように冷え込みましたねぇ。

最近の気候はとにかく極端で
「ホドホド」が無いような気がします。

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 20:41
yoasさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
仰るとおりです。
科学が発達した今の時代ですから、出土された灰を調べれば
釣鐘か落ち葉かそのくらいのことは分かるでしょうね。
ロマンある安珍・清姫の物語の夢を壊さないためにも
そっとしておいたほうが良いと思います。
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 20:59
チップママさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
昭和の初期の台風といいますから、昭和9年の室戸台風だと思います。
室戸台風は大きい台風だったそうです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 21:03
tatsumiさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
仰るように入相桜の木は大きいですね。
桜の頃は見事だと思います。
七不思議は昔はなかったですが、いつの間に作ったのでしょうかね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 21:05
kuni さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
ブログというものはほんとにいいですね。
居ながらにして、知らないところを見ることが出来るのですから。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 21:10
こた母さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
護摩堂の回り廊下の下があまり見られない造りになってますね。
このような造りは珍しいです。
私が撮影に行ったのは12月末で、暖冬でその頃はまだまだ
暖かかったですね。
ここ三日前から急激に寒くなりました。
次の土日は、今冬一番の寒さとのことです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 21:14
森田さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
森田さんは、安珍・清姫の物語のあらましを知ってますよね。
大蛇に化身した清姫が日高川を渡るところなどすごいです。
釣鐘ごと焼いてしまう、まさに女の一念ですね。
恐ろしいです。
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 21:20
シャトル先生、こんばんは。コメントありがとうございました。
「安珍・清姫」の話は有名ですね。
千年前の物語りです。
女性の一念とは恐ろしいですね。
怪談で出てくる幽霊は皆女性です。
男性の幽霊はあまり聞きませんね。
老木の場所にあった焼け土にはロマンがあり、
釣鐘の焼けた土にしておきましょう。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2016-01-20 21:25
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
よっちんさんのブログにも、こう毎日が暖かいと気持ちが悪いです。
何か起こる前兆ではないですかね。
と書いていましたが、このような寒さになる前兆だったのでしょうか。
次の土日は、最高気温が0度とかの今冬一番の寒さとのことです。
そのようなことがないように願いますね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by likebirds at 2016-01-20 22:46
ゆーしょーさん、こんばんは。
護摩堂は、美しく反った屋根と、格子模様の壁がとても素敵ですね。
芸術作品のような姿に見とれます。

清姫と安珍のお話、姫様の執念と怨念が恐ろしいほどですね。
そして、焼けた跡がしっかりと残っているなんて、すごいです。

入相桜が満開に咲き誇ると、美しさと不思議さが漂ってきそうですね。

不思議がいっぱいの道成寺ですね、
ぽち!
(likebirds妻)


<<   日帰りの旅   日帰りの旅 >>