長保寺

   長保寺木造金剛力士立像 像内納入文書断簡
     大門の仁王像が弘安9年(1286年)の造営であるという文書が確認されました。運慶の子息・湛慶の銘も記されています。
     大門(1388年)よりも古いことになります。建立年代がはっきりした鎌倉時代の仁王像は、大変に珍しいのです。    
b0093754_20324046.jpg

     大門に掲げられていた扁額は、妙法院二品堯仁親王の直筆とされ、表には 「慶徳山長保寺」、裏には 「妙法院宮御筆
     応永二十四年六月一日」 の刻銘があります。現在掲げられているのは、紀州徳川頼宣が、李梅渓に命じて模写させた
     扁額です。 当初の扁額は、大門の附指定であり、寺に保管されています。 国宝。
b0093754_17495685.jpg

     運慶の子息・湛慶作の仁王像です。
b0093754_20332376.jpgb0093754_20361217.jpg
b0093754_2038187.jpg

    ↑ 長保寺の正面玄関としての重要な役目を果たしている大門をくぐり抜け、本堂まで中世の長い道を歩きます。

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2015-12-22 00:00 | | Comments(14)
Commented by honokanikaorujp at 2015-12-22 01:09
今晩は~
大門素晴らしいですね~威風堂々としてみえます。
写真の扁額が本物ですか リクエストに応えて下さって有難う御座います。^0^
私はこれだけ歴史が古くなれば模写の扁額も もう本物だわ~って思いますが・・・
仁王様もすっごい古そうですね 御身体の首から下へは真っ二つにヒビが入ってますか?
それとも汚れ? 仁王様 現代で言えば筋肉隆々のマッチョですね~腹筋が割れてますよ(失礼^0^)

応援P


Commented by チップママ at 2015-12-22 06:43 x
おはようございます。

歴史を感じる門ですね♪

Commented by こた母 at 2015-12-22 09:33 x
お~、素晴らしい~!
大門より、仁王像の方が、古いんですね!
百年間、どこで保管されてたのかな??
表情も、筋肉の躍動感も、いいですね。
カッコいい仁王様です。
Commented by c,tatsumi at 2015-12-22 09:49 x
重みのある仁王像てですねぇ・・・
京都の寺めぐりをしていますので・・・
長保寺…・・・ 覚えていないですね??
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2015-12-22 13:44 x
運慶の子息が彫ったのですか

仁王像、歴史を感じますね

なんとも言えない迫力があります
Commented by likebirds at 2015-12-22 21:40
ゆーしょーさん、こんばんは。
本当に歴史を感じる風格のある門ですね。
仁王像はとても強そうで、邪気や鬼も追い払ってくれそうですね。
筋肉粒々でその当時もこんな強そうなモデルになる人がいたのでしょうね。
門から伸びる中世の道。
ロマンがありますね。
ぽち!
(likebirds妻)
Commented by youshow882hh at 2015-12-22 22:50
ももねさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
写真の扁額をじっくり見てくださったのですね。
この扁額は寺に保管されている本物です。
素晴らしい扁額でしょう。
模写の扁額ですが、有名な李梅渓が模写したのですから
仰るように今では本物ですよね。
テレビのお宝鑑定でもいい値段がつくと思います。
仁王様は寄木ですのでおなかのところで割れてますね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-12-22 22:51
チップママさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
歴史を感じる古い大門でしょう!
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-12-22 22:55
こた母さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
はい、大門より、仁王像の方が、古いんですね。
100年もの空間は、5年や10年と違い長いですよね。
その間どこでどうしていたのでしょうね。
「カッコいい仁王様」 とはありがたいです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by よっちん at 2015-12-22 22:58 x
今日は職場の忘年会でした。
さすがにコメントできる状態ではありません。

明日はゆっくり訪問しますね(*^_^*)

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2015-12-22 22:59
tatsumi さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
記憶にないところをみれば、長保寺へは行ってないようですね。
この裏山に紀州徳川家代々の墓があるのです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-12-22 23:01
森田さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
この仁王さん、風格があって素晴らしいでしょう。
運慶の子息・湛慶作とのことです。
Commented by youshow882hh at 2015-12-22 23:10
likebirds の奥様、こんばんは。コメント ありがとうございました。
紀州徳川家代々の墓があるこの長保寺ですが、国宝の建物が3棟もあるのに
あまり知られていないのですよ。
まず国宝の大門ですが、左右に運慶の子息・湛慶作の仁王が睨みを利かせています。
仰るように筋肉粒々ですよね。
門から伸びる中世の道、700年もの昔からあったのですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-12-22 23:13
よっちんさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
昨日に続いての宴会ですね。
和歌山でも夜の街・繁華街はにぎわっています。
大勢の若い人が宴会場から出てきてわいわい言っています。
そういえば明日は祝日ですね。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   長保寺   長保寺 >>