和歌山城

     和歌山城の木々も色づいてきました。 右方下には陽干煉瓦(ひぼしれんが)積みの 「土塀狭間(さま)」 が見えています。
b0093754_18153615.jpg
b0093754_1881279.jpg

     敵から身を隠しながら鉄砲や矢を放つ小さな窓のことを狭間(さま)といい、櫓(やぐら)や塀の壁に設けられています。
b0093754_1885080.jpg
b0093754_1893656.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2015-10-16 15:00 | 和歌山城 | Comments(16)
Commented by 里山コウ at 2015-10-16 17:08 x
こんにちは。
風景の美しい和歌山城もやはり、昔の戦争の
準備の跡があるんですね。
最後の写真は、塀の内側から見た写真ですか。
お堀の向こう岸らしいのが見えますね。
白い塀の上の黒い屋根に小鳥さんが1羽見えます。
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2015-10-16 18:21 x
徳川御三家のお城であっても、イザという時の為に万全ですね

当時のお堀は相当大きかったのでしょうね

真田堀は知ってます
Commented by youshow882hh at 2015-10-16 20:21
里山さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
和歌山城の築城の時に、戦争に備えてこのような土塀狭間を
作ってますが、実際には一度も使わなかったそうです。
姫路城には色んな形をした狭間があります。
和歌山城にある四角い形ばかりでなく、三角や丸い狭間があるのですね。
後の2枚は城内からの撮影です。
土塀の上に止まっているのはスズメです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-10-16 20:26
森田さん、こんばんは。コメントありがとうございました。
そうですね。築城の時にこのような土塀狭間をつくったのですね。
この土塀狭間は重要文化財になっています。
真田堀を知っているのですね。
「和歌山ブルース」 の一番に出てきます。
Commented by likebirds at 2015-10-16 20:34
ゆーしょーさん、こんばんは。
和歌山城はお堀で周囲を囲んでいるのでしょうか?
それでも、せめて来る敵を狭間から迎え撃ったのですね。
外から見ても内側から見ても、白壁の美しい造りで、お城の美しさを損なわない美意識は素晴らしいですね。
緑が多くて手入れされたお城は、鳥たちもきっと居心地がいいのでしょうね。
ぽち!
(likebirds妻)
Commented by よっちん at 2015-10-16 23:05 x
徳川御三家の居城ですから
さすがに立派ですね。

私は大河ドラマで
もう一度「吉宗」を
取り上げてほしいなぁ。

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2015-10-17 00:24
likebirdsさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
和歌山城は東、北と、西の半分が掘りで、残りの西の半分と南が、高石垣で囲まれています。
結局、最後まで戦争はなかったのですが、備えだけはしていたのですね。
掘りや石垣で囲まれた和歌山城は結構広く、掘りを除く広さは、400メートル×450メートルあります。
そしてその中に居る鳥たちは季節にもよりますが、30種くらいあります。
「和歌山城の鳥たち」 と題した看板が2ヶ所あり、以前、ブログに載せたことがあります。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-10-17 00:28
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
大阪城には敵いませんが 和歌山城はコンパクトな造りになっています。
大河ドラマで八代将軍吉宗が放送されて久しいですね。
もう一度取り上げて欲しいですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by チップママ at 2015-10-17 06:45 x
おはようございます。

お城のことは全く知らない私です(^_^;)
お勉強になります★
Commented by c,tatsumi at 2015-10-17 09:36 x
今日は、お城の探索ですねぇ・・和歌山の大空襲で
燃えているお城を見て・・その頃、子どもだった私
仕掛け花火みたい・・・と云っていました。
今のお城は、30ウン年に再度建てられたものですよねぇ・・・
Commented by youshow882hh at 2015-10-17 10:49
チップママさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。
周囲にお城がなかったら行く機会もないですからね。
お陰で私は近くにお城があるのでよく行きます。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-10-17 10:51
tatsumiさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。
昔の国宝・和歌山城の燃えている姿を見ているのですね。
今の和歌山城は、昭和33年10月に出来ました。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by honokanikaorujp at 2015-10-17 12:27
こんにちは~
土塀狭間ですね 殆どの城郭にはこの様な設備が(昔だから仕掛けかな?)なされていますね
4枚目の写真みたら
自分が昔の武将ならこの四角い狭間に入って奥の小さな窓から槍や鉄砲で敵を射抜くのかと想像してみました。
遠方に居る敵と窓の直ぐ向こうに居る敵とでは怖さは違うけど 昔の人の精神力って尋常では無いな~って感じました
興味深い記事でした  応援P
Commented by よっちん at 2015-10-17 12:51 x
日本各地のお城をけっこうたくさん見てきましたが
私は城郭建築にも興味はあるのですが
それ以上に城下町の佇まいに興味が強いです。

関西は城下町が多いので嬉しいですよ。

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2015-10-17 23:07
ももねさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、今日は土塀狭間を載せました。
仰るように多くの城で狭間を見かけます。
最後の写真の狭間の向うには、掘りに浮かぶ鳥小屋の屋根の上に
黒いサギのような鳥が止まっています。
その鳥をめがけて銃を撃って下さい。
見事に当るでしょうか。
当れば射撃の部でオリンピックへ参加できるかもです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-10-17 23:12
よっちんさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
城下町の佇まいはいいですよね。
私も好きです。
和歌山市も戦災に遭わなかったら、情緒ある町並みを見られたのですが。
和歌山城の周囲にはなまこ壁の家(武家屋敷)が何軒かありました。
今は頭の中にしか残っていません。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   和歌山便り      四季・・・・・秋 >>