和歌山城

   和歌山城の知られざるからくり  1、独特なカーブを描く巨大な石落(いしおとし)  石落とは天守や櫓等に見られる
   防御施設です。建物の一部を石垣より張り出させ、ここから石垣を登ってくる敵に対し石を落とす、槍で突き落とす、銃撃を与
   える等の攻撃を行います。登り易い石垣の角に設けられる事が多いです。     
b0093754_18491726.jpg
b0093754_18493160.jpg
b0093754_18513542.jpg

   和歌山城の知られざるからくり  2、歪んだ石垣平面上の天守建築
   岩盤が複雑に入りこむ天守曲輪(くるわ)の平面は、石垣は歪んだ菱形になり角が直角になりません。石垣上の天守、
   櫓の一階は方形でなく、二階以上を方形に組み上げるため、さまざまな工夫が施されています。
b0093754_1852349.jpg

   和歌山城の知られざるからくり  3、石垣上より迫り出す建築
   岩盤上の石垣の歪みを利用して、土台と大引きを石垣上より迫り出し、櫓を構えました。迫り出した部分は石落となりました。
b0093754_19352082.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2015-03-22 20:00 | 和歌山城 | Comments(10)
Commented by 里山コウ at 2015-03-22 20:01 x
こんばんは。

今日の高校野球、和歌山と愛媛の両校、
スポーツも名門でしょうが両校とも学業でも
有名な名門校どうしの試合、9回の攻防で
決着がつきました。

和歌山城のいくつかのからくり、良く考えた
ものですね。
Commented by youshow882hh at 2015-03-22 20:50
里山さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
私も朝9時からセンバツ野球を見ていました。
勿論和歌山の桐蔭高校を応援しましたが、惜しくも
破れました。
今治西は毎年出ている強豪でさすがだと思いました。

和歌山城には色んなカラクリがあるのです。
今回のカラクリ、狭い敷地を有効に使っていますね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by kotonoha222 at 2015-03-22 22:03
ゆーしょーさん、こんばんは♪
石落としはお城へ攻めてくるものへの防御策なんですね(^-^)
以前何処かのお城で説明を聞いた事があります。
上手くできているものですね。
あの手この手で知恵を絞り防御方法を考えるものですね。
また遅くなりましたが下の棚田も興味深く拝見しました。
色々な棚田を見ますが丸い物は初めて見ました。
あらぎ島及び三田・清水の農山村景観は重要な
文化遺産との事ですが、本当に美しいですね。
こちらでは棚田はあるようですが、見た事がなくて
一度見たいと思っています。
ポチ♪
    しおり
Commented by honokanikaorujp at 2015-03-22 22:50
今晩は~
和歌山城の石落は昔から しっくい? 石膏?
材料は何か分かりませんが こういう感じなのでしょうか?
敵が攻めてきたら、お城の内部から石を投げたり槍で撞いたりの
防御をしていたのでしょうね
土台がせり出すカラクリ良く考えられていますよね
九州に《加藤清正》設計の熊本城にも同じ様なカラクリが施してあります
熊本城の石落としはお城と一緒に木材で作られて石垣の角がせり出しています
和歌山城はデザインがモダンですね^0^
  ~P~
Commented by youshow882hh at 2015-03-23 02:00
しおりさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、石落としはお城へ攻めてくるものへの防御策なんです。
名前こそ「石落」ですが、石では範囲が狭く、銃撃を与えるのが
一番効果があるといわれています。
だが、和歌山城は一度も使われなかったのです。
何故ならば、和歌山城での戦は一度もなかったのですね。

和歌山県有田の「あらぎ島」の棚田は珍しいでしょう。
実際は島ではなく、有田川に囲まれているだけです。
6月の田植えの頃に行きたかったのですが、思い立ったら
吉日で先日行ってきました。
御地の方にも棚田はあるのですね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2015-03-23 02:01
ももねさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
戦災で消失するまでは木造でしたので外壁は漆喰でした。
漆喰で固めていたのですね。
そして戦災で消失するまでの和歌山城は国宝だったのですね。
昭和33年10月までの13年間、今の城になるまで城がなく
寂しかったですよ。
しおりさんのところにも書きましたが、和歌山城での戦は一度もなく
従って「石落」は一度も使われませんでした。
熊本城も和歌山城と同じような基礎になっているのですね。
熊本城へは、新婚旅行の時に一度行っています。
タクシーの運転手に頼んで写真を撮ってもらっています。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by c.tatsumi at 2015-03-23 09:52 x
今のお城を見ていて、和歌山の大空襲で焼け落ちたのを忘れていました。
終戦後、13年立って建設されたのでしたねぇ・・
でも設計は、昔のままな~んだ??・・・・
Commented by youshow882hh at 2015-03-23 15:47
tatsumi さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
和歌山の大空襲の頃は、神戸の方に住んでいたのでしたね。
再建するまで13年間城はなかったのです。
再建は残されていた図面によって忠実に再現されているのです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2015-03-23 18:42 x
必死で石垣を登っても石を落とされたり槍で突かれたらたまりませんね

よく考えてありますね

難攻不落の和歌山城です
Commented by youshow882hh at 2015-03-24 16:21
森田さん、こんにちは。
コメント ありがとうございました。
必死で石垣を登っても石を落とされたりすれば
そりゃ堪りませんよね。
昔の人はよく考えています。
しかし和歌山城では戦がなかったので
結局は使わなかったのですね。


<<   和歌山便り   和歌山便り >>