和歌の浦散策

     片男波海水浴場です。万葉集に詠まれた景勝地である和歌の浦にあり、砂浜の長さは1,200mと和歌山県随一の
     規模です。 浜の奥行き:100m 深さ:1~5m  営業期間 7月1日から8月31日まで
b0093754_19221675.jpg
b0093754_19224827.jpg
b0093754_19231021.jpg

     無数の鳥(ユリカモメでしょうか)がテトラポットの上にとまっています。
b0093754_19232734.jpg
b0093754_19235577.jpg

     片男波(かたおなみ)の名前の由来は、万葉集の,「若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る」
     の「潟を無み」にちなんでいると言われています。
b0093754_1924886.jpg
b0093754_19242616.jpg
b0093754_19454977.jpg

  人気ブログ ランキングに登録しました。
  bana-1

       ↑ クリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2014-10-03 20:00 | 和歌の浦 | Comments(18)
Commented by 里山コウ at 2014-10-03 20:14 x
こんばんは。
綺麗な海岸線、青い海と白い砂が印象的です。
今の時期はあまり人出も多くないようで、海岸を
ゆっくり散歩するには良い時期ですね。
若い女性同士できても、楽しめる風景でしょう。
Commented by よっちん at 2014-10-03 21:03 x
最近は海水浴客も減少しているのでしょう。
先日和歌浦に行ったのですが
閉店しているお店が多かったです。

応援ぽち
Commented by youshow882hh at 2014-10-03 21:25
里山さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
片男波海水浴場の営業期間は、7月1日から8月31日までなのです。
今年は8月の連続台風で去年に比べて海水浴客減少しましたが、
それでも数十万人の人が訪れています。
静かな青い海はほんとうにいいですよね。
若い女性にブログに載せるからと後姿だけ撮らしてもらいました。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-03 21:30
よっちんさん、再度のコメント、ありがとうございました。
和歌浦の場合片男波海水浴はさほど減少していませんが、
8月の連続台風が堪えたようです。
先月の末に和歌浦や雑賀崎へ行ってきたのですね。
写真を楽しみにしています。
ポチ♪ は先ほどいただきました。
ありがとうございます。
Commented by honokanikaorujp at 2014-10-03 23:55
こんばんは~
綺麗な海ですね~夏は海水浴場ですか
こんなに綺麗な水なら少々飲んでも大丈夫ですね
私の泳ぎは犬かきと平泳ぎのミックスです
平泳ぎで疲れてきたら犬かきに替えて それでも疲れたら
立ち泳ぎに替えますよ(笑)だから結構長く泳げます。 
クロールやバタフライは出来ませんv(*´>ω<`*)v

   ~P~
Commented by kotonoha222 at 2014-10-04 00:00
ゆーしょーさん、こんばんは~
和歌の浦にある片男波海水浴場というのですか。
青々して綺麗な水ですね。
夏が去り浜辺に人は少ないですが、秋の海を感じます。
また埼玉は海が無いので、海に憧れます^^

テトラポットが遠いので景観を損ねていませんね。
アクセントになっていますね。

若い女性二人の後ろ姿なかなかいいですね。

砂浜のサンダルが画面の主人公のようで・・・
遠くの人影とマッチしています。物語を想像してしまいます。

万葉集の歌、山部 赤人がこの浜辺に立って詠んだ歌なんでしょうね。
素敵な片男波海水浴場のご紹介を有難うございました♪
応援ポチ♪

    しおり
Commented by youshow882hh at 2014-10-04 00:57
ももねさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
環境省が毎年行っている海水浴場の水質検査で、片男波海水浴場は
今年も最高のAAランクとなっています。
和歌山県の海水浴場は、中にはAランクもありますが、ほとんどがAAなのです。
飲んでも大丈夫ですが、すごく塩からくて喉がピリピリします。
私は犬かきで泳いだことはないのですが、頭を上げて犬のように掻くのですね。
一番楽なのは背泳です。
空を見ながら浮かんでいるだけです。
立ち泳ぎが出来たらそれは素敵でしょうね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-04 01:11
しおりさん、こんばんは。コメントありがとうございました。
はい、片男波海水浴場は和歌の浦にあるのです。
100メートル沖には波をさえぎるテトラポットがあり、
泳ぎやすいいい海水浴場ですよ。
そしてももねさんのところに書きましたが、水質はいたっていいのです。

夏が過ぎ今は「誰もいない海」となりましたが、それでも遊びに来る人もあるのですね。
そうそう、埼玉県には海がないのですね。
近畿地方の奈良県と同じで、万葉人は海に憬れました。
テトラポットの上に沢山の鳥が見えるでしょう。
いつもこのように止まっているのです。

砂浜のサンダル、遠くにいる子どもの履物でしょうね。
右の手前に配置しました。
「潟を無み」から名づけられた「片男波」なのです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by siawasekun at 2014-10-04 02:19 x
好きなショットばかりでした。
見せていただき、 siawase気分です。
眺めて、とても心癒されました。
ありがとうございました。

いつも、拙い私のブログを見て、コメント&応援ポチに、恐縮、深謝です。
応援ポチ♪♪
Commented by risaya-827a at 2014-10-04 08:05
おはようございます^^
うわぁ~~~ キレイな海の色^^
最近はこうした海の色を見たことがありません。。。
シカもテトラポットではなく、砂浜とコバルトブルー海・・・
素晴らしいロケーション♪ (^^)v
浜辺のサンダル、これは素晴らしい視線だと思います^^
大好きなショットです♪
ポチ☆彡
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2014-10-04 08:10 x
素敵な海水浴場ですね

今は~もう秋 誰もいない海~♪

ほんとそんな感じの寂しさがありますね秋の海は。

和歌山の海は水の色が美しいですね
Commented by c.tatsumi at 2014-10-04 10:10 x
穏やかな秋の海ですねぇ・・・・・・ 6枚目の写真、椅子を持ちこんで
楽しんでいられますねぇ・・・・・ 遠くから来られたのかしら????
Commented by piko4438 at 2014-10-04 14:40
和歌の浦~~と読んだだけで何故だか打ち出でて見れば
と言葉が浮かびましたが 下の詩読んだら違ったかな~~
海は此処からは遠くて1年中見ない事が多いです
博多まで出ると見れますが  此処暫くは行ってません

此処でも冬の海は荒波でしょうか? p
Commented by youshow882hh at 2014-10-04 15:09
幸せ君さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
幸せさんは海が好きなのですね。
私も好きです。
幸せ気分で心癒して下さり嬉しいです。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-04 15:16
理彩也さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
片男波の海がとてもきれいと大変なお褒めをいただき
とても嬉しいです。
環境省の水質検査で最高のAAランクで、とても綺麗なのです。
広い砂浜は1,200メートルもの長さがあるのです。
サンダルの写真ですが、これはかつての理彩也さんの写真を真似ました。
構図はどうでしょうか?
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-04 15:20
森田さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
今は~もう秋 誰もいない海~♪ ・・・私も思わず口ずさみましたよ。
10月の片男波はほんとにそのような風景です。
この付近の海の色と、大阪湾の海の色、少しは違うでしょうね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-04 15:23
tatsumi さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
6枚目の大きい椅子、車で積んで来たのでしょうか。
男女が長いあいだ海を見ながら話していました。
ゆっくりくつろげますね。
ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2014-10-04 15:31
ピコさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
和歌の浦、違いましたね。
同じ浦ですが田子の浦でした。
「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」
私の好きな百人一首の中の歌です。
今でも我が家に百人一首がありますよ。
鳥栖から海が見えるところまでは遠いのですね。
和歌山の海は玄界灘と違って冬でも荒れませんよ。
ポチ♪ ありがとうございます。


<<   和歌の浦散策   和歌の浦散策 >>