和歌山西國三十三ヶ所観音霊場めぐり

     延壽院の本堂です。 ご本尊の大日如来と脇佛の如意輪観世音菩薩、愛染明王は共に弘法大師の作と伝えられています。
b0093754_22283631.jpg
b0093754_22285396.jpg
b0093754_22291235.jpg
b0093754_22294222.jpg

     本堂の右上の天井には、昔、住職がお葬式に行く時に乗っていた籠が納められています。
b0093754_22302473.jpg
b0093754_22305412.jpg
b0093754_2231913.jpg

     寺町通りには多くの寺院が並んでいますが、真言宗はこの延壽院1ヶ寺です。 
b0093754_22312289.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2013-10-11 22:55 | | Comments(12)
Commented by siawasekun at 2013-10-12 01:01 x
延壽院の本堂、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮です。
応援ポチ♪♪(全)
Commented by risaya-827a at 2013-10-12 10:18
おはようございます^^
外見は再建を伺わせる感じもありますが
延壽院の内部はかなり古くからの建物らしく見えますね♪
住職が乗っていた籠も、それを支えている梁も凄いです。
きっと、気の遠くなるような歴史があるのでしょう^^
御地の方は素晴らしいお寺が多いですが
この延壽院は格別に、そう思いますよ♪
ポチポチ☆彡
Commented by youshow882hh at 2013-10-12 14:55
幸せ君さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
第六番札所の延壽院です。
和歌山市には第一番から第三十三番まで
そして番外というのもあります。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2013-10-12 14:56
理彩也さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
昭和58年から3ヶ年計画で本堂はじめ諸堂、山門、
庫裏の新築等、全建物の大改修を行いました。
瓦も葺きなおしてきれいですよね。
本堂の天井梁には年期の入った籠が納められていました。
和歌山は城下町故、由緒あるお寺が多いですよ。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by 阪南市テクノ森田 at 2013-10-12 15:50 x
ゆーしょーさん

自分は真言宗なので、これをご縁に一度お参りに行っておかないといけませんね

ぽちぽち
Commented by shuttle at 2013-10-12 16:44 x
youshowさん 今日は

この「延寿院」には、「ご本尊の大日如来と脇佛の如意輪観世音
菩薩、愛染明王は共に弘法大師の作」と言い伝えられる宝物が
あるのですか。それは凄いですね。水戸黄門の「印籠」のような
ものです。これが目に入らぬか、という訳でしょう。ははーっと、
恐れ入るより仕方がないですね。ポチポチ☆☆
Commented by youshow882hh at 2013-10-12 21:28
森田さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
そうそう、森田さん宅は真言宗でしたね。
それなら和歌山へ来た時にでも一度お参り
しては如何ですか。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by やまもも at 2013-10-12 21:39 x
立派なお寺ですね。
どことなく水間観音にも似てると思いました。
ご住職は こんな籠でお葬式に行かれたのですね。
今なら車で楽に行けますが、昔は大変だったでしょうね。
Commented by youshow882hh at 2013-10-12 21:50
シャトル先生、こんばんは。コメント ありがとうございました。
はい。 これらのご三体は弘法大師の作と伝えられています。
本堂の中なので撮影出来ませんでした。
この寺の宝物ですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2013-10-12 22:12
やまももさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
そうなんですか。
水間観音に似ているところがあるのですね。
今の時代は一家に一台や二台の車は常識ですよね。
昔は籠、時代が下って人力車で行ったのですね。
庶民は歩きですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented at 2013-10-12 23:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2013-10-13 19:22
2013-10-12 23:55 さん、こんばんは。
よろしくお願いいたします。


<<   南紀の旅   和歌山西國三十三ヶ所観音霊... >>