和歌山西國三十三ヶ所観音霊場めぐり

   第30番の 「天年山 吹上寺」(てんねんざん すいじょうじ)です。元和年間(1615~) 紀州藩主頼宣
   により、頼宣公が深く帰依したといわれる圭瑞和尚が、吹上の地に開きました。 その地名をとって寺名が
   「吹上寺」 と称されるようになりました。 その後 寛永9年(1632)に現在の地に移築されました。
b0093754_23305094.jpg

   当時はこの辺りが高台になっていて見晴らしがよく、紀ノ川河口から水軒浜、紀淡海峡が一望でき、
   松が生い茂り、別名 「千本まつ」 といわれていました。
b0093754_23305720.jpg
b0093754_2331493.jpg
b0093754_23311433.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2011-08-01 00:00 | | Comments(8)
Commented by siawasekun at 2011-08-01 02:01 x
おはようございます♪♪

「天年山 吹上寺」(てんねんざん すいじょうじ)、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

ご紹介、ありがとうございました。

昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。
応援ポチ♪♪
Commented by risaya-827a at 2011-08-01 08:00
youshow882hh さん、おはようございます^^
和歌山は本当に歴史のある地域なんですねー♪
時間をかけて霊場巡りをするのもいいかも^^
youshow882hh さんは行きましたか?
紀淡海峡からの眺望が良いのだとか、、、今はどうでしょう?
時代の流れは良くも悪くも、かなりの変化をもたらしているのでしょうね、きっと!!!
こういうお写真が残っていると、貴重な資料になりますよ♪
ポチポチッ☆彡
Commented by pcvhirose at 2011-08-01 11:16
今日は。
なかなか歴史のあるお寺ですね。
藩主が深く帰依されるのだから圭瑞和尚は立派な和尚さんだったのだと思います。
何宗のお寺ですか?
Commented by youshow882hh at 2011-08-01 19:58
幸せ君さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
和歌山市内にも 「和歌山西國三十三ヶ所観音霊場」 というのがあり
このお寺はその内の第三十番に当ります。
去年このシリーズを続けていたのですが、しばらく途絶えていました。
久々の登場です。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-08-01 20:03
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
去年長い間続けていたこの 「和歌山西國三十三ヶ所観音霊場」 を
久々に載せることにしました。
33箇所に番外を足すと全部で40寺ばかりになります。
それほど和歌山市にはお寺が多いということですね。
この 「天年山 吹上寺」 は今でも少し高い地にありますが、
周囲に高い建物が増え、以前ほども眺望がいいとはいえなくなっています。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-08-01 20:09
pcvhirose さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
この 「天年山 吹上寺」 は由緒ある歴史の寺です。
紀州藩主頼宣は和歌山城の初代藩主なのです。
そして徳川家康の10男なのです。
尚、この寺の宗派は、臨済宗 妙心寺派です。
Commented by vimalakirti at 2011-08-01 21:50
こんばんは。
お寺の前にソテツでしょうか? 南国の植物が育っていて、
私にはとても珍しい光景に思えます。菊の花のすばらしい
彫り物は門扉にはめ込まれているのでしょうか? 立派ですね!
Commented by youshow882hh at 2011-08-01 23:28
みどりさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
お寺の入り口にソテツとは珍しいです。
普通はお寺の中に植えられるのですね。
このお寺の前の道が拡張して、お寺が狭くなったので
仕方なしに外へ植えたものと思います。
そして彫り物ですが、扉でなく、門にはめ込まれています。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。


<<   和歌山西國三十三ヶ所観音霊...   お城の見える街かど >>