五百羅漢寺

   本堂です。1764年(明和元年)に紀州徳川8代藩主重倫(しげのり)の祈祷寺としてして建立された
   永平寺直系のお寺です。
b0093754_23381839.jpg

   今回も羅漢は撮れませんでした。ネットからお借りしました。
   羅漢は1837年から数年かけて 西浜御殿の女中や商人らが祖先の供養のために奉納したものです。
b0093754_23382629.jpg
b0093754_23383339.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。
bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2011-07-18 00:00 | | Comments(8)
Commented by risaya-827a at 2011-07-18 09:32
youshow882hhさん、おはようございます^^
やっぱり、今回も撮れませんでしたか。。。
残念ですが、仕方がありませんね!!!
でも、お写真で拝見するに、今まで見た羅漢様は石で出来ていたのが多く
このようにカラーの羅漢様は初めて。。。
羅漢様事態は年代を経た感じがぬぐえませんが
意外と綺麗なカラーで残っていますね♪
ポチポチッ☆彡
Commented by vimalakirti at 2011-07-18 09:47
おはようございます。
一体、一体、ご先祖さまもご供養のために捧げられてものなのですね。
小ぶりですが、丁寧に仕上げられたそれぞれに独特の表情があるようで、
近くで拝見したら、さぞかし迫ってくるものがあるでしょうね。
大切に保存するために撮影禁止なのでしょうね。雰囲気だけでも
拝見できて、よかったです。ありがとうございました。合掌。
Commented by mokonotabibito at 2011-07-18 13:39
羅漢さま、すごい数ですね。
ひとつひとつ丁寧に作られているようで、素晴らしいです。
大切にされているようですね。

このお寺は曹洞宗だったのですか。
以前、山中温泉に行った時、永平寺にも立ち寄ったのですが、ブログにアップする機会がありませんでした。なんとかアップしたいものです。
ポチ♪
ポチ♪
Commented by shuttle at 2011-07-18 14:42 x
youshowさん

待望の「五百羅漢」群像。さすが素晴らしいです。あちらこちらで「五百羅漢」を見学しましたが、これほど立派な 五百羅漢 様はありません。木像の上に彩色されているのでしょうか。実際に写真をお撮りになったのなら、もっともっと綺麗に拝見できたのに、その点は残念です。
Commented by youshow882hh at 2011-07-18 22:15
理彩也さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
はい、今回も本堂へ入ることが出来ませんでした。
私も羅漢と言えば屋外にある石の羅漢しか知らないのです。
このような木製で着色された羅漢は珍しいでしょうね。
作られてから170年以上にもなるのですね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-07-18 22:18
みどりさん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
ネットからお借りした写真ですので致し方ないですよね。
もう少し鮮明に写っておればよくわかっていいのですが。
これで本堂の中の雰囲気が大体分かりますね。
ちなみに羅漢は450体あるそうです。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-07-18 22:23
模糊さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
五百羅漢と言いますが、実際は450体とのことです。
ひな壇を思わせるような造りに、ところせましと並べられています。
曹洞宗のこの寺は永平寺直系のお寺です。
いつかまた永平寺の写真を見せてください。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2011-07-18 22:28
シャトル先生、こんばんは。コメント ありがとうございました。
五百羅漢の撮影が出来なくて残念です。
ネットの写真でご辛抱お願いいたします。
「これほど立派な五百羅漢がない」 とのお言葉、ありがとうございます。
私も木造で着色された羅漢を見るのが初めて(写真で)です。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。


<<   高野山   五百羅漢寺 >>