和歌山西國三十三ヶ所観音霊場めぐり

     「第21番 東曜山・萬精院」 の本堂左の庭にはソテツの花が咲いていました。
     ソテツは、恐竜時代に栄えた植物の生き残りなのです。
b0093754_2343674.jpg

     実は私は札所めぐりをしだしてこのお寺で初めてソテツの花を見たのです。
     ソテツの花もオス花とメス花があり、オス花は背が高く、メス花はこのように丸くて背が低いです。
b0093754_23431368.jpg

人気ブログ ランキングに登録しました。

bana-1

bana-2


上の方だけでもクリック (ポチ♪ ) して頂ければ嬉しいです。

by youshow882hh | 2010-01-11 00:01 | | Comments(16)
Commented by Shikokuboy at 2010-01-11 05:57 x
モミジバゼラニュームという名前は、??でした。
ゼラニュームってのは知ってましたが、この仲間なのですね。
ソテツの花、花が成長していく場面は何回か見ました。
2枚目のお写真なんか、まるで恐竜の卵じゃないですか。
立派なソテツですね。
Commented by yoas23 at 2010-01-11 06:45
このソテツの新芽を食い荒らす蝶が南からやって来たそうですね。
和歌山県では白浜を始め大発生して対策を考えているとか・・・
日日の生活では大して感じない温暖化はジワリ・・と近付いているということでしょうか・・・
Commented by risaya-827 at 2010-01-11 08:18
おはようございます^^
サスガに暖かい地方はソテツが多いのですねー♪
ソテツって熱海の旅行の時に、初島で始めてみましたが
このお花に似ていましたからメス花だったのかな?
それにしても恐竜時代からとは凄い!!!
この先、人間が滅びてもソテツだけは生き残れるのかも? ( ̄ヘ ̄) ウーン!
ポチポチッ☆彡
Commented by c.tatsumi at 2010-01-11 10:13 x
ソテツの花は、知りませんでしたねぇ・・・・
西国観音霊場めぐりも一応お参りしたのですが・・・・・・
まだまだ、もっともっと…・深めて行くべきでしょうね??
西国花の寺も観光? 兼ねてめぐってきましたが、日本の庭園は、
綺麗ですし、落ち着きますね!
Commented by idokichi at 2010-01-11 10:20
ソテツは1億年位まえの植物ですか。
花も初めて見ました。大発見ですね。
Commented by shuttle at 2010-01-11 16:30 x
youshowさん

へええ、これが蘇鉄の花?初めて見たような気がします。よく見ると複雑な形ですね。雄蕊か雌蕊か分かりませんが、蕊其のものが,蘇鉄の葉に似ています。びっくり。ぽちポチ!
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 17:01
四国ボーイさん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
↓の黄色いのは 「モミジバゼラニューム」 というらしいですね。
花の名前を知っている人も多くいるのですね。(私はほんの少ししか知りません)
ソテツの花、今まで見たことがあるのですね。
私はこの花が初めてです。
ソテツもいいものは1千万円もするらしいです。
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 17:11
yoas さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
ソテツの新芽を食い荒らす蝶、クロマダラソテツシジミというそうですね。
シジミちゃんも可愛いとばかり思ってましたがこのような害虫もいるのですね。
話は変わりますが、昔、田端義夫が歌った ♪ 赤い蘇鉄の 実も熟れる頃・・・で始まる
「島育ち」 という歌をご存知でしょうか。
沖縄は暖かいので蘇鉄がたくさんあるのですね。
そしてやはりソテツシジミにやられてるそうですよ。
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 17:30
理彩也さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
理彩也さんのお住まいのところには蘇鉄が少ないのですね。
伊豆は暖かいですから蘇鉄も多いと思います。
その時に見た花がこの写真と同じようでしたらメス花ですね。
オス花は細くて長いです。
蘇鉄は恐竜時代から生き延びて来たのですね。
おっしゃるように人間が滅びても強い蘇鉄は生き残るでしょう。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 17:37
tatsumi さん、こんにちは。コメント ありがとうございました。
tatsumi さんも蘇鉄の花を見たことがなかったのですね。
狭い和歌山ですが、和歌山の三十三番を回っていますと、思わぬものに
出くわすことがありますよ。
既に撮影していますが (載せるのは少し先になりますが) 「雷のミイラ」 や
「天狗の頭蓋骨」 もありましたよ。
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 17:40
井戸吉さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
蘇鉄の花を初めて見たのですね。
私も3回見ましたが、初めて見たのはこのお寺でした。
蘇鉄は生命力の強い植物なのですね。
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 17:44
shuttle 先生、こんばんは。コメント ありがとうございました。
上にも書きましたが、田端義夫が歌った ♪ 赤い蘇鉄の 実も熟れ頃・・・
で始まる「島育ち」
その赤い蘇鉄の実が2枚目の写真で微かに見ることが出来ます。
白い花が枯れると実が出て来るのでしょうね。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by mokonotabibito at 2010-01-11 20:14
和歌山はソテツが多いのですね。
この実は有毒ですが、毒抜きして食べるのだと聞いたことがあります。
戦中は食べたことがあったようで、蘇鉄地獄という言葉もあったようですね。
やはり戦争はいやですね。
↓のコメントで知りましたが、ゆーしょーさんは戦時中を経験されているのですね。
私は全く戦争を知らないので、父母から聞かされたものです。
その時代に比べたら、今の不景気も大したことはないように思えますが、いかがでしょうか?
ポチ♪
ポチ♪
Commented by hal0828 at 2010-01-11 20:27 x
こんばんは。
オスメスの背丈の違いがおもしろいですね。
やはり受粉しやすいようにメス花のほうが低い位置に咲くのでしょうか・・・。
そんなことを考えるのもおもしろいですね。

ポチッw
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 20:34
模糊さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
和歌山は蘇鉄が多く、多くの小学校の校門の正面の築山には蘇鉄が植えられています。
また、お寺も少し境内の広いところでは蘇鉄を多く見られます。
いい蘇鉄になると1本1千万もするそうですね。
私は戦前、戦中、戦後の混乱期を体験していますが、蘇鉄の実を毒抜きして
食べたと言うのを初めて知りました。
それに蘇鉄地獄という言葉も初めて聞きました。
戦中、クラゲを寒天のように固めたのを配給されたことがありましたが・・・
戦後、すごい食糧難、働く場所がない、毎日のインフレ・・・それを体験した人は
今の不景気なんか本当に微々たるものと思います。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。
Commented by youshow882hh at 2010-01-11 20:39
hal さん、こんばんは。コメント ありがとうございました。
それと形ですね。
オスは細くて長く、何かに似ているようです。
メスは丸く器のようで、考えてみると自然界は良く出来ているなと
面白くなってしまいました。
ポチ・ポチ♪ ありがとうございます。


<<   十 日 戎   和歌山西國三十三ヶ所観音霊... >>